おもったことや、おきたこと。たま〜に更新しています。

2006年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像うとさ
テレビ考 (2005年12月30日)
アイコン画像かよりんぐ
テレビ考 (2005年12月30日)
アイコン画像うとさ
テレビ考 (2005年12月30日)
アイコン画像Takorina
最近のお気に入り画像 (2005年12月22日)
アイコン画像かよりんぐ
サンタさんへ手紙 (2005年12月20日)
アイコン画像だんな
サンタさんへ手紙 (2005年12月20日)
アイコン画像うとさ
サンタさんへ手紙 (2005年12月20日)
アイコン画像かよりんぐ
サンタさんへ手紙 (2005年12月20日)
アイコン画像うとさ
サンタさんへ手紙 (2005年12月19日)
アイコン画像うとさ
忙しかったよ (2005年12月19日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kayoring
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
引っ越します / 2006年01月16日(月)
今年から、ブログをmixiに引っ越すことにしました。

理由は保安上の問題。
フリーのアクセス解析なんかも利用しては見たんだけど、
ヤプログは検索エンジンに引っかかってしまうし、パスワード制にもできないので、
こちらが希望する以外の他人に見られる可能性が否定できない。

写真で顔出しするし、プライベートなことを書く時もあるので、
知ってる人にしか見られたくないんだよね。

つうことで、うとさ。
mixiで待ってます。
あなたがいないと、私のブログにコメントしてくれる人がいません。
 
   
Posted at 15:09/ この記事のURL
コメント(0)
テレビ考 / 2005年12月30日(金)
私はテレビが嫌い。
というかテレビがつけっぱなしになってるのが嫌い。
テレビがついていると、思考にノイズが入るというか、煩い。
見たい番組はきっちり見て、終わったら即効消す!タイプ。
普段テレビ見ない生活をしていると、見たい番組ってのもまず無いんだけど。

でもテレビが好きな人のことをどうこう・・・なんて思わないよ。
食べ物の好みと同じような感じかな。

私はみょうがが嫌いだし、多分これからも嫌いだと思うけれど、
「あの人みょうがを食べるから、もう付き合いたくないな」とか
「みょうがを食べるようなヤツはバカだよ」とかは思わない。

「へえ、あなたはソレ好きなんだー、残念ながら私には分からないけど」

テレビを好きだと言わずに、なんだかんだエクスキューズするヤツはちょっと嫌い。
「テレビ見てないと世の中のニュースについていけないよ」とか
「テレビ見てないと友達の話の輪に入れないから」とか。

「テレビが大好きだから24時間つけていたいの!」
と言えばいいのに。
そんな理由で『見なきゃいけない』のなら、見なくてもいいのに。
と思う。

連続ドラマも嫌い。
オンエアで見ていると、生活を束縛されてイヤだし、
録画しておくと、見なきゃ「いけない」からイヤ。
1時間の番組を見るには1時間を費やさなきゃいけないわけで、
後でまとめて見ようなんて思ったら、何時間もかかるし。
早送りでストーリーだけ追う・・・なんて本末転倒っぽいし。

けっきょく嗜好品の類なんで、好きな人は好きで構わないんだけどね。

私は他のことに時間を使いたいみたい。
(けして『他の有意義なこと』ではない ←ココポイント)
 
 続きを読む…  
Posted at 12:08 / ひとりごと / この記事のURL
コメント(3)
痛い話 後日譚 / 2005年12月29日(木)

 海は死にますか
 山は死にますか
 風はどうですか
 空もそうですか

えーと、海とか山とか分からないですけど、皮膚は死にます。

先日、ばたんと挟んだ人差し指の皮膚は死にました。
挟んだ位置から先すべてが脱皮するように、全部死んで皮が剥けました。
挟んだところがズキズキ痛んでいたのは1週間ほど。
その後、痛みは徐々に「違和感」にとってかわり、皮膚感覚が死んでいたのだけど、一皮むけて新しい皮膚になったら感覚は戻りました。

それから、爪も死にます。

爪の下の血液を抜いたのは先日書きましたが、結局その爪は元通りくっつくことは無く、徐々に伸びてきています。
現在、爪の面積の55%程が黒く内出血して死んでいる状態です。
残りの45パーセントの面積で爪をささえている訳ですが、結構負担がかかるんですよ。
そして、黒い部分が指先に達してきました。
浮いてるんだよーー!爪がーー!
はがれそう・・・

 爪が爪が
 はがれそうで怖い
 真夜中の防波堤で
 海風を受けながら

と、つい歌ってしまいます。
真夜中の防波堤で海風を受けてはいないんですけど。

学生時代だったら、絶対に爪の隙間にシャーペンの芯が何チキチキ(単位です)入るか実験しているだろうな。私の予想では現在いちばん深いところで4チキチキ位でしょうか。

ところでワタクシ、保険に入っていました。
ケガ通院で一日1000円だか2000円だかもらえるはずなんですよ。
通院してないから申請できないけどね。
自力で直せるもんは自然に治る任せという主義なので。

きっと私の様な人間が保険制度を支えているんだと思います。
 
   
Posted at 22:52 / よしなしごと / この記事のURL
コメント(0)
☆あんず / 2005年12月28日(水)
こどもたちに、おやつに干しあんずを与えました。
すると息子が
「ほしあんずなのに、ほしのかたちじゃないの・・・?」と怪訝そう。

いくつ食べても丸いのばっかりで、そのうち☆型のが出てくると
楽しみにしていたらしい。
 
   
Posted at 12:36 / 息子 / この記事のURL
コメント(0)
最近のお気に入り画像 / 2005年12月22日(木)
アネ様とヨン様 プッ
急いでるので、説明なし!

 
   
Posted at 08:39 / よしなしごと / この記事のURL
コメント(1)
サンタさんへ手紙 / 2005年12月19日(月)

「サンタさんに『○○をください』ってお手紙を書かないと、サンタさん来てくれないよ〜」・・・と息子を脅して、手紙を書かせました。

さんたさんえ
しんかんせんしんぱずるをくださ
いつき


新幹線のパズルが欲しいらしいことが分かる(笑)

去年まではこどもらもまだクリスマスをよく分かっていなかったので、
イベントとしての盛り上がりはあまり無かったのだけど、
今年ようやく『いい子にしているとサンタさんがプレゼントを持って来てくれる』
というお約束を理解できた様で、まーそういう意味では
我が家では初めてのクリスマスらしいクリスマスなのです。

息子は優柔不断なやつで、プレゼントのリクエストもなかなか決められない。
息子 「Tちゃんサンタさんに○○をおねがいしようかな?」
わたし「いいんじゃない?でもTちゃん、××を頼むんじゃなかったの?」
息子 「××はやめて○○にしよっかな〜とおもって」
わたし「ふうん。いいねぇ。・・・でもサンタさん、それ持ってるかな?」
息子 「(不安)・・・もってなかったらつくってくれるかもしれない・・・」
わたし「そっか。・・・でもサンタさん、作り方知ってるかな?」
息子 「・・・(激しく不安)」

ってな感じです、
サンタさんネタで子どもを翻弄するのは本当に楽しいですねぇ!(悪魔)

息子が書いた手紙は
「おかあさんがサンタさんに送っとくから」と言って預かったのですが、
これ毎年書かせて、全部取っておいたら楽しいと思うの。
 
   
Posted at 10:08 / できごと / この記事のURL
コメント(5)
忙しかったよ / 2005年12月17日(土)

幼稚園がやっと終わった。
今日から3日ほどは、何も予定がない日。
なにをしよう・・・どこにいこう・・・

幼稚園のクリスマス礼拝では、
母親一同からの賛美歌合唱を子ども達にプレゼント!
とかいうので、母たち必死になって練習した。
20人しかいないのに、3声に分かれて、
私はソプラノ1(一番高い声のパート)に。
声が出ないと困るので、前日から禁煙し、
当日は朝からお風呂に入って体を温めつつ発声練習。

誰かが「何かクリスマスっぽいコサージュでもつけたらいいんじゃない?」
と前日に言い出したので、有志で探しに行くことになったが
こういう場合『代表一人に一任』でないと決まらないことを痛感。

「あれもいいんじゃな〜い?」「さっきのもいいよね〜」「あっちも見てみよ〜」とか
いいながら5時間くらい彷徨った挙句決められない。
結局、「私が家で作ってくるよ!」と言ってしまった。
先日別のクリスマスイベントに参加してタダでもらってきた松ぼっくりや桧葉を組み合わせて
コサージュっぽくまとめる・・・だけなんだけど、20個はめんどくさかった〜!
作りながら、「いつもこうしてビンボークジひいちゃうのかな」とガクーリしてしまったけど、
当日、皆喜んでくれたみたいなので、まあよし。

 
 続きを読む…  
Posted at 09:58 / ひとりごと / この記事のURL
コメント(3)
微笑みの貴公子 / 2005年11月29日(火)
彼はかっこいいのですかねぇ。
私には↑こういう風に見える。
きみまろと大差ないよ。きもっ。

でも、なぜか息子はファンなんだよね…

でも「スキャンダル」はよかった。
(にたにたしてなかったから?)
 
   
Posted at 23:51 / ひとりごと / この記事のURL
コメント(3)
秋が来ーると思い出すぅ / 2005年11月24日(木)
ワタクシは執念深いのです。

生まれてこのかた・・・と言いたい所ですが、生まれてから暫くの間の事は覚えてないので、
物心ついてから現在にいたるまで、私に不愉快な思いをさせたり恥をかかせたりした人のこと、出来事、その時のセリフや状況などを克明に記憶しています。
題して心の恨み帳・・・

その中から今日はひとつだけ、秋が来ると思い出す26年前のエピソードを紹介しましょう。

一年生の秋、理科の授業であぶり出しを行うことになりました。
先生はおっしゃいました。
「りんごとかみかんとかレモンとか、なんでもいいです、おうちにあるくだものをもってきてください」と。

我が家は貧乏でした。少なくとも、貧乏であると思い込まされていました。ずーーーーっと長い間、「お父さんのお給料サンマンエンなのよ」と聞かされていたからです。
我が家では食べ物を粗末にしてはいけませんでした。食べ物を「食べる」以外の用途に使用することは許されていませんでした。そんな中で、学校で果物を使ってあぶり出しをする・・・だから果物をくれなどと要求することは大変な悪と思われたものです。
ワタクシ(6)は恐る恐る、母親に「明日学校に果物を持っていく必要があります」と告げました。

母がワタクシ(6)に渡したのはでした。
 
 続きを読む…  
Posted at 21:59 / ひとりごと / この記事のURL
コメント(2)
すげえはな / 2005年11月24日(木)

大人になったら見せる。
 
   
Posted at 19:00 / 息子 / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.

アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業