オバマの宇宙計画はスペースコロニーへの大前進(ギズモード・ジャパン)

February 08 [Mon], 2010, 22:45
オバマは、算教書に対してどのような関係性を持っているのでしょうか。
気がついたのですが、スペースコロニーの話題を見ると、思わず笑ってしまいます。
だが、コンステレーションについて、Wikipediaでよく調べてみようと思います。同計画についても調べてみたいですね。
また気になったこととしては、ロボットはなんだかとても面白そうですね。
いかにも、オバマの記事にはいつも驚かされます。

ブログ

宇宙でのキャンプを夢見る方々に、朗報です。



先日、オバマ大統領が2011年度の予算教書を提出し、NASAの新予算を発表したのですが、そこではなんと、ブッシュがぶち上げた月面再訪計画は破棄されていたのです。



では、どのへんが朗報なんでしょう?それは、予算案で提案されている計画が、宇宙研究を奨励し、人類のスペースコロニーのための基礎を築くものになっていることです。



この予算案はまだ米国議会の承認を受けていませんが、この中にオバマ大統領は、ブッシュ政権のプロジェクト、コンステレーション計画を段階的に終了させることを盛り込んでいます。同計画は、アポロ計画の二番煎じだったということでしょう。



オバマ政権では、過去を振り返るような計画は取りやめようとしています。むしろ、新たな宇宙技術を開発し、ロボットを使った太陽系の無人探査によって、人類の地球外生活を実現に近づけようとしているのです。



続きで、オバマ大統領の計画の内容を詳しくお伝えします。





【オバマ大統領の計画の内容(全文)





全地球的な宇宙計画の次の段階が迫っています。宇宙にただ行って帰るだけでなく、移住することが、夢ではなくなろうとしているのです!



(冒頭の火星コロニーの画像は、Gusti Boucherさんによるものです)





Annalee Newitz(miho)



【関連記事】

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた、時速1万7700kmで翔ける謎の物体!

UFOを目撃した時の緊急連絡先(政府発表)

人工衛星、残骸が一番多い国はどこ?

バットマンかスーパーマンか! 透視能力で事故防止(動画)

SFの父ジュール・ヴェルヌは正しかった! 宇宙大砲ができそうな予感
{0}

逮捕された閣僚級高官、09年は15人と“新記録”=それでも内閣は揺るがず―…

February 08 [Mon], 2010, 22:27
央紀律委員会は、とてもびっくりする話題だと思います。
キャンペーンに関しても気になりますが、やはりクラスに関する話題は、引用する価値のある話題だと思います。
なんと、国家行政学院と年以降について、もっと掘り下げて調べてみたいですね。
また、トップに関する記事を読んで、非常に興味が湧きました。
そして実は、重慶市はなかなか良さそうです。

ブログ

2010年2月6日、銭江晩報によると1月12日、胡錦濤・中国国家主席が「さらに強い自信とさらに断固たる態度、そしてさらに効果のある措置」をもって中国共産党内の反汚職闘争をたたかうと述べたが、これは中央からの汚職摘発強化のメッセージだという。



中央紀律委員会と監察部が今年初め、09年の反汚職キャンペーンの成果を明らかにした。それによると、09年は多数の省・部クラス(省や部門のトップ)幹部が「落馬」した。その人数、地位の高さ、金額ともに、「改革・開放」後31年来の新記録を更新した。09年に摘発された省部クラスの幹部は15人にのぼり、元国家開発銀行副総裁の王益(ワン・イー)、元最高人民法院(最高裁)副院長の黄松有(ホアン・ソンヨウ)、元深セン市委副書記兼市長の許宗衡(シュー・ゾンハン)など堂々たる顔ぶれが並ぶ。



【その他の写真】



国家行政学院の竹立家(ジュー・リージア)教授は、「90年以降、特に04年に高官の汚職問題が注目されるようになってからは、毎年10人ほどの部級の高官が摘発されている」と話す。竹教授はまた「部級幹部は外国政府における閣僚に相当するが、もし閣僚が1人でも汚職で摘発されればその内閣の基盤は根底から揺るがされる。それを考えると『毎年10人』というのはどう考えても深刻すぎる」と現状を危惧する。



摘発されたこれらの元高官の罪状のほとんどにおいて、収賄、公金横領、愛人、家族や親族への利益供与などが複雑にからみあっているという。(翻訳・編集/津野尾)



【関連記事】

<調査>「国際イメージを損なう行為」、3年連続で「役人の汚職」がトップ―中国

個室暮らしでスーツ姿もOK!汚職官僚の「優雅な」刑務所生活―中国誌

前上海市公安局副局長を逮捕=黄光裕事件の影で広がる汚職の闇―中国

司法局の元局長宅から隠匿物資が続々、中に国宝級も!進む、汚職官僚摘発―重慶市

中国、政府高官に配偶者や子弟の職業の報告求める=腐敗監視・取り締まりを強化へ―米メディア
{0}

ディズニー縫いぐるみ大人気 ネットで高値、「海賊版」出現(J-CASTニュ…

February 08 [Mon], 2010, 22:13
運営会社の話題を見ると、思わず笑ってしまいます。
しかしながら、発売日について、はてなダイアリーでよく確認してみたいと思います。
なんと、円前後に関する情報がなかなか見つからなかったので、この記事は非常に参考になりました。
さらに、プリントに関して、とても驚きました。
しかし実は、困惑気味とモンスターペアレントについて、もっと掘り下げて調べてみたいですね。

ブログ

 東京ディズニーシーで販売されている熊の縫いぐるみを巡って、騒動が起きている。新商品がネットオークションに出品され、定価の倍以上の値が付いているほか、素人が真似て作った「海賊版」も出回っており、運営会社のオリエンタルランドも困惑している。



 この縫いぐるみはディズニー版のテディベアといった感じのもので、名前は「ダッフィー」。2004年12月にディズニーシー内で発売された。



■店舗に長蛇の列、入手するのに6時間待ち



 当初は「ディズニーベア」と、ありきたりな名前で呼ばれていたが翌05年に現在の名前が付けられた。「長い航海に出るミッキーに、ミニーが手作りのテディベア『ダッフィー』を渡した」というストーリー設定も登場。20〜30代の女性の間で徐々に人気を集め、現在は東京ディズニーランドのある舞浜駅だけでなく、東京駅でもダッフィーを抱えた女性を見かけるという。



 2010年1月22日、新商品が投入された。ダッフィーの女の子版の「シェリーメイ」という縫いぐるみで、発売日にはディズニーシー内の店舗に長蛇の列ができた。ネット上には「5時時間以上待った」「引っ張り合って腕が取れたシェリーメイを見た」といった書き込みがあり、人気沸騰ぶりが分かる。



 現在、ヤフーオークションや携帯のモバオクでは、多数のシェリーメイが取引されている。発売直後のオークション履歴を見ると、



  「1月22日発売♪ 現在お店に入るのに6時間待ちで即日完売する勢いの商品です」



という煽り文句が付き、定価3800円のシェリーメイが約1万円で落札されている。現在は5000円前後で落ち着いているものの、依然として出品は絶えていない。



 そもそも、シェリーメイは期間限定商品といったプレミアが付くようなものではないオークションで購入するのは損なように見えるが、「ディズニーシーまでの交通費と入場料を考えると安い」という見方もあり、こうした転売がなくなるのは難しそうだ。



■「シェリーメイ風ストラップ」に1万4000円



 また、ほかにもダッフィー関係で取引されているのが、ダッフィーをまねて手作りされた「海賊版」だ。ダッフィーに似た縫いぐるみや、ダッフィーのプリントが入ったトートバッグなどで、ヤフーオークションを見ると「シェリーメイ風ストラップ」に1万4000円の高値が付いている。



 多くはこのように「○○風」と名付けられているのだが、中には「ダッフィーハンドメイド」とそのままのものも。「○○風」も含め、これらは著作権法に違反する可能性があり、オリエンタルランド広報部も



  「人気があるから起きることなので、ありがたいのですが、ちょっと困ります。個人で楽しむ範囲でなら対応しないのですが、販売して利益を得ているとなると考えなければいけません」



と困惑気味に話している。





■関連記事

高速無料「恩恵は地方だけ」 都市住民には実質値上げ? : 2010/02/03

モンスターペアレント実態赤裸々 無理難題と理不尽全18例掲載 : 2008/04/12

東京地検、週刊朝日に抗議 記事に「虚偽の点がある」 : 2010/02/03

貴乃花応援「2億円」の乱 安治川残留と犯人捜し : 2010/02/04

U字工事が「かるた」 ごめんね、ごめんね〜 : 2010/01/15
{0}

今年は洋画復権? 『アバター』に続け!大物監督話題作が続々公開 2010年…

January 17 [Sun], 2010, 0:34
ニュースに関して、もう少し情報を追いかけてみたいですね。
なお、ドラマについて、もう少し掘り下げて調べてみたいと思います。話題作についても同様に。
気がついたのですが、コティヤールの話題を見ると、思わず笑ってしまいます。
また気になったこととしては、最新作はなんだかとても面白そうですね。
そして、ゴールデンに関する情報を読んで、ビビビと感じました。

ブログ

邦画の好調と共に洋画の興行的な低迷が叫ばれて久しいが、そんな状況に風穴を開けたのがジェームズ・キャメロン監督の渾身の一作『アバター』。公開後3週連続で興行成績トップを獲得し、日本国内でも50億円を突破という景気のいいニュースで幕を開けた2010年。これに続けとばかり、今年は“洋画復権”をうががう、有名監督による大作、賞レースでも話題を呼んでいるエンターテイメント作品など話題作が目白押し!



【関連写真】この記事のほかの写真





まず、最初にご紹介するのは“東の横綱”クリント・イーストウッド監督最新作で2月5日(金)公開の『インビクタス/負けざるものたち』。『チェンジリング』、『グラントリノ』と、確かな演出力と深みのあるストーリー展開で圧倒的な存在感を放ち、「鑑賞後満足度」という点でかなりのハイアベレージを誇るイーストウッドが送り出す本作。盟友モーガン・フリーマン、マット・デイモンという強力キャスト陣を迎えて、アパルトヘイトの余波の残る南アフリカのラグビー代表チームのドラマを描く。もはや「当然のごとく」イーストウッドはゴールデン・グローブ監督賞にノミネート。オスカーを視野に、今後の展開に期待が高まる。ラグビーという、一見、男向きの題材をとりながら、男女を問わずに誰もが感動できる普遍的な物語に仕上げているところはさすが!



エンターテイメント性の高い話題作としては、スタイリッシュでスピード感あふれる映像&物語で、日本でも人気の高いガイ・リッチー監督による『シャーロック・ホームズ』。あの名探偵をロバート・ダウニー.Jrが、そして欠かすことのできない助手のワトソンをジュード・ロウが演じており3月12日(金)の日本公開に向け、これからさらに注目度を増すこと間違いなし。



娯楽大作として忘れてはいけないのがブロードウェイの大ヒットミュージカル『NINE/ナイン』。ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレンなどなど目も眩むようなスターを配し、スクリーン狭しと踊り、歌う! ゴールデン・グローブで5部門ノミネートと、作品としての質の高さは折り紙つき。



ゴールデン・グローブ賞で、その『NINE/ナイン』を上回る5部門6ノミネーションを果たし、賞レースの先頭を走っているのがジョージ・クルーニー主演で3月20日(土)公開の『マイレージ・マイライフ』。『JUNO/ジュノ』でオスカーにノミネートされたジェイソン・ライトマン監督の最新作で、年間300日を超える出張であちこちを飛び回り、航空会社のマイレージを1,000万マイルを目標に掲げる男を描いたコメディ。オスカー最有力と言われるだけあって、ただのコメディで終わらないところに注目。



大物監督と言えば、『ロード・オブ・ザ・リング』で世界を席巻したピーター・ジャクソン監督が、これまた世界的ベストセラー小説を映像化した『ラブリーボーン』はもうまもなく、1月29日(金)に公開。そして、昨年末の来日で、改めてその絶大な人気の底力を見せつけたジョニー・デップの新作も2010年前半に公開。盟友ティム・バートンと組んで贈る『アリス・イン・ワンダーランド』に期待を寄せるファンも多いはず。年末から年始にかけて開催された“映画『アリス・イン・ワンダーランド』の世界展”では当初の予想を大幅に上回る3万超の来場者が訪れたとのこと。ここにも洋画復権の兆しが…。



1月17日(現地時間)にはゴールデン・グローブ賞が発表、今後、アカデミー賞に向けた賞レースにさらなる加速と熱気が加わり、より一層、洋画巻き返しに期待がかかる! さてさて、2010年前半戦のあなたの気になる作品は?





【関連作品情報】

第67回ゴールデン・グローブ賞 [アワード]

 

 



【関連ニュース記事】

美輪明宏『ラブリーボーン』試写会に登場!「死者を身近に感じるなんて日常茶飯事」

劇団ひとり、初対面の榮倉奈々に「こんなにカッパが似合う人いない」

『タイタニック』越え見えた?『アバター』旋風止まず オスカー候補も奮闘の全米戦線

オスカーに名乗り! 全米映画批評家協会賞は『ハート・ロッカー』が3冠圧勝
{0}

映画館で人生初の“オペラ・バレエ体験”を! 注目の特集上映を開催(@ぴあ)

January 16 [Sat], 2010, 22:41
バレエはなんだかとても楽しそうですね。
かつ、オペラを見て直感的に興味が湧きました。
いかにも、チャイコフスキーはとても面白そうですね。
さらに気になったのですが、ダイナミックは、クラシックに対してどのような関係性を持っているのでしょうか。
しかし、やはりオンディーヌとバルトに関しては、相関性があるということなのでしょうか。

ブログ

イギリス、イタリア、ロシアなどで上演されたオペラ、バレエの公演を映画館のスクリーンで楽しめる特集上映「World Classics@Cinema 〜映画館で楽しむオペラとバレエの世界紀行〜」が16日(土)から開催される。



上映作品の画像



「World Classics@Cinema…」は、演劇や音楽イベントなどのライブエンターテインメントを最新鋭のデジタル機器で収録し、映画館の大スクリーンで楽しむソニー株式会社のサービス“Livespire(ライブスパイア)”の最新作。昨年1月に英国オペラを楽しめる「UKオペラ@シネマ」が好評を博したことから、今回はジャンル・規模を拡大しての開催となった。



上映作品は全8作品。“Livespire”シリーズ初となるバレエ公演が登場するのが特徴で、“ロシアの至宝”と呼ばれるバレリーナ、ウリヤーナ・ロパートキナが出演する『白鳥の湖』、チャイコフスキーの名曲に乗せて幻想的な世界と華麗な舞いが楽しめる『くるみ割り人形』、英国ロイヤル・バレエの最高位“プリンシパル”を長年務めた日本人バレリーナ、吉田都が主演する『オンディーヌ』の3作品を上映する。また、オペラ公演もヴェルディ作曲の名作『椿姫』、稀代のレディ・キラーを主人公にダイナミックな物語が展開するモーツァルト作曲の『ドン・ジョヴァンニ』など全5作品を上映する。



いずれの作品も、世界のトップクラスの才能が堪能できる貴重なステージで、クラシック好きの人はもちろん、バレエやオペラに興味はあるものの入場料金が高くて足を運ぶことができなかった人や、一般的に入場が難しい年少の観客も気軽に楽しめる特集となっている。



■Livespire「World Classics@Cinema 〜映画館で楽しむオペラとバレエの世界紀行〜」上映作品

・バレエ

『白鳥の湖』

『くるみ割り人形』

『オンディーヌ』

・オペラ

『椿姫』

『愛の妙薬』

『ドン・ジョヴァンニ』

『チェネレントラ』

『アイーダ』

1月16日(土)より 新宿バルト9ほか全国順次ロードショー



【関連記事】

「World Classics@Cinema」公式サイト

その他の映画ニュース
{0}

P R
カテゴリアーカイブ