コードバン革財布のメンテナンス方法のご紹介

March 10 [Mon], 2014, 20:20
今日も良い1日になりそうですね!
前回の記事に引き続き、今回もココマイスターのラインナップの革素材に関してお話してみたいと思います。ココマイスターの革素材でもそれぞれ特徴があって、興味深いですね。ココマイスターの場合、独特の呼称を使用している場合もありますので、ひと通り勉強してみましょう!長財布や二つ折り財布を選択する際に、必要な基礎知識ですからね!
このヌメ革というのは、植物に含まれる成分などで革の表面を加工しないで仕上げられている革のことです。ですから、牛の自然な傷やシワ、血管の跡などがほのかにあり、素朴な革の匂いも感じられます。触った感じも温かさを感じる最も革らしい革です。
男性の場合、バッグを持ち歩く人は少ないです。そこで胸ポケットもしくはズボンの後ろポケットの所に入れる人が多いです。長財布の場合、このような所に入れればかさばることはありません。
コードバンの長財布のいい所は、職人の手によって、すべての工程を手作りで製造している所にあります。縫製なども職人の手によって行われていますので、しっかりとしています。このため、非常に丈夫な仕上がりになっていて、長年愛用することができるようになっています。
コードバンメンテナンス
ファッション業界でも、トレンドの変革が起こっているように、長財布や革小物業界でもハイブランドから、良質な素材・高品質な加工、縫製、それでいて価格以上の高級感といったキーワードが重要視されていますので、そのような製品づくりをしているブランドをオススメします。具体的なブランドで言うと、ココマイスター・ルアンジュ・土屋鞄製造所など。
と、まぁ、こんな感じで締めます。ありがとうございました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kawasaihu
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kawasaihu/index1_0.rdf