魚が病気になる原因

July 16 [Thu], 2009, 14:40
生き物の全てが病気をするように、熱帯魚を飼うとなると病気に懸かる事も、覚悟しなければなりません。
しかし、問題があり動物や人間などは病院などがありますが、熱帯魚には病院がなく飼っている私達が気をつけてあげなければいけません。

そして熱帯魚の病気の殆どの原因は、私達が作り出していると言われています。
病気の原因には水質の悪化によるストレスや水換えや新規に魚を導入した際の水質の急変・急激な水温変化や 魚の持ち込み、また病原菌が含まれた水の持ち込などがあり、他にも網で掬った、喧嘩などによる外傷から細菌の感染などがあり、全て私達が改善してあげられる事が多いのです。
その為、病気を発見したらまずは、このような原因を改善してあげるようにしましょう。

原因の1つにあげられている水質の変化は、多くの人が病気と間違っている原因の1つでPH(ペーハー)ショックと言われる物です。
熱帯魚にもその魚に合った水質があります。例えばゴールデンテトラやべラズテトラなどは弱酸性から中性(PH6.2〜7.0)が、合っていると言われ、グッピーなどは中性〜アルカリ性(PH7.0〜7.6)というように熱帯魚と大きく呼ばれていても、合う水質はバラバラです。PH(ペーハー)ショックは、水質が合わない場合に熱帯魚の元気が無くなったり死んでしまったりするので、病気とも間違えられるようなので、水質のチェックも欠かさないように気をつけて下さいね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kawanokawa
読者になる
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント