【 更新情報 】

ヘアカタログを使って理想のアップヘアにするには。

卒業式や結婚披露宴への出席または新婦の立場に何か特別なイベントには
アップヘアにしたい女性が多いです(私も含め)。
アップスタイルには女性らしさ”や上品さ”があったり、
かわいらしさ”の印象を回りにも与えるし、また、自分自身も気分があがる”ので、
アップスタイルは大好きなヘアスタイルの一つです。

でもアップヘアにも(自分だけでは考え付かないような)色々な素敵なアレンジがあるので
もし、美容室へ行き、アップスタイルを美容師さんに作ってもらう場合には、
ヘアカタログを利用して
「自分がなりたいアップスタイル」のイメージに近いもの”を3つ”位選んで、
「こんな感じで。。」と伝えると、、自分の気に入るヘアスタイルに仕上げてもらいやすいです。
ヘアカタログには
「顔のかたち(面長・ホームベース型・卵型)」や「髪質」に「髪の毛の量」別で「同じような」んだけど、
「微妙に見た目が違うアップスタイル」が載っていたりします。

自分の側も「どういう感じにしたいか」の具体的なイメージを「ウマク伝えるため」にも、
ヘアカタログに載っている「同じようなアップスタイル」の写真を
3つ”持って行くと、美容師さんにも
「自分がどういう感じになりたいのか”というイメージ」が伝わりやすいようなので、
(美容師さんとの自分の頭の形や髪質に合うかの【相談もしやすくなる感じ】もあるので)
自分でヘアカタログを購入して「その中からアップスタイル”を選ぶ」時も、
「美容室で見せてくれるヘアカタログを見て選ぶときも」なりたいイメージのスタイル
(なりたいイメージに近いスタイル)を3つ”
美容師さんに伝えるようにしていますし、伝えるのが結果的にいい”みたいです。
P R
カテゴリアーカイブ