1950年〜1960年の医療について

June 19 [Mon], 2017, 15:12
す私は1956年生まれましたが、生後左手全体に血管腫をおこして、生まれた病院では治療出来ず。赤門の大学病院に診察を両親が行きまして、当時医療がでたらめで、放射線科で放射線治療良いと言われて、両親は同意して三回分けて、放射線かけました。今は左手発育不全で苦しみで、良い事がありません、現在は血管腫はレーザー治療で、後も残らず綺麗なります。後は大学を卒業しても、私の時代に就職しても大手企業入るのに、大学卒業扱いなくて、障害者枠で、賃金安く一般給料貰えなくて、大変でしたが転職した会社は障害者でも一般給料貰えて、昇進もありまして、入社4年目課長補佐で派閥巻き込まれて、鎖線されたこともありました。45歳の頃に父親の介護しながら、働きまして母親が勝手に会社連絡して、介護大変だから辞めたいのですが、私本人承諾なくて辞めさせらた事もありまして、今フリーでビジネスを展開してます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:taka
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる