桂歌丸CD・DVD、桂歌丸とは 二

March 09 [Fri], 2012, 10:00
桂歌丸CD・DVDを聴く前に読んでおくと面白いと思います。

桂歌丸さんが噺家になった背景をお話します。



妓楼「富士楼」で育った桂歌丸さんですが(何度書いてもパンチあるなぁ)

坊ちゃんと呼ばれるくらい、何不自由のない生活でした。


当時高級品だったレイディオ♪

いや、ラジオも

もちろんフツーにゲット。


そのラジオからは戦後の暗い世間を明るくするような

楽しい落語が聞こえてきたのでした。

話すことは、世の中を楽しくする、

少年時代の桂歌丸さんは、そんな風に思ったのでしょう。


そのラジオで覚えた落語を、

おばあさまや芸者さんに披露していたそうです。


小学4年のころには落語家になる!と決めていたんだとか。

さらに、中学のときにその決心を固める出会いがあるのです。


それは妓楼「富士楼」の慰労会でのこと。

当時二つ目だった五代目春風亭柳昇の落語をこの慰労会で聴くのです。

生の落語を間近で聴いた桂歌丸少年は、

このとき落語家になる決心を完全に固めたのでした。


そして今や桂歌丸さんは噺家60周年を越えました。

すごいです。そりゃ笑点の司会にもなるワってやつです。


桂歌丸CD・DVDの詳細はこちらから
↓↓↓


おすすめはこれ!”60周年記念 桂歌丸(DVD付)>>