夏も終わるね。 

2008年08月26日(火) 12時08分
またしてもお久しぶりです。

気づけばもう8月も終わる直前ですね。

空気も冷たく、気温も低くなってきました。

この夏休み、だいぶ充実しました。クラブもありましたが、実家に帰省したり多少なりとも友達と久々の時間を過ごしたりと、結果的に有意義だったと言える夏休みになったんじゃないかと思います。



ところでオリンピック終わりましたね。
甲子園も終わり、夏の気温が冷めていくのと同様に燃え上がったスポーツ熱も一気に冷めていくような気分です。

(ああいうイベント事がないとなんだかつまらないもんです。)


それに伴って自分の気持ちも再び仕事モードに切り替えていく必要を感じます。

でも仕事が本格的に再開するまではまだちょっとあります。
それまでにもう少しだけ、仕事とは関係の無い、自分の時間を大切にしようと思います。

書かなすぎたな、 

2008年07月29日(火) 12時44分
この2ヶ月。

どうもお久しぶりです。2ヶ月も更新してませんでした。

特に理由はありません。


さて近況報告でもします。

仕事が始まってから4ヶ月も経ちました。なんだかあまりにも時間が早すぎて実感ありません。
仕事の内容や職場の空気、まぁ新生活ってのにはもうすっかり慣れました。

週末をひたすらに切望する日々からも抜け出せたかなw
毎週気づいたら「あ、もう週末か」って感じです。

新しい部屋もしっかり僕の部屋として働いてくれています。

学校の方はもう夏休みに入りました。
授業がない分仕事はだいぶ楽です。
お休みも結構たくさんもらえています。


そんな感じでしっかり生きています。
毎日それなりに楽しんでいます。

言うこと聞かない生徒や毎日のように発生するいろんな問題にイラついたり、とても大変に感じたりもしますが、
それをどう指導するかとか、そのために自分で考えを整理しておかないといけないことはどんなことかとか、そういうことを考えるのはものすごく新鮮です。

普段僕らにとっては大人として当たり前でほとんど意識すらしないようなこと、でも生徒にとってはまだ当たり前じゃないことを言って聞かせるためにいろいろと考えをまとめ、整理することは、僕自身にとっても人間観の形成や社会性、そして規律や道徳のあり方みたいなものを考えさせられるという点で、これまでになかったような勉強になります。

社会人の学ぶ第一歩はもしかしたらそういうところにあるのかもなぁ、なんて思ったりもします。


とても意義深い仕事だなと思います。

ホンマに大変やけど。



そんなこんなでここまで乗り切りました。

まだ先は長いけど、でもきっとあっという間に過ぎていく。




この前久しぶりに会った友達に言われました。

「かっちゃん、なんか大人びて見える」

僕の中でそれがどこまで真実か、ということは分からないけれど、あっという間に過ぎ行く時間の中で確実に成長していきたいと思いました。


中身が濃くて、充実していて、成長できるようなものだからこそ時間は早く過ぎていく。

それが絶対の真実であって欲しいと願いながら、残りの時間も駆け抜けていきたいと思います。

近況報告。 

2008年05月28日(水) 8時41分
どうもお久しぶりです。

本当にお久しぶりです。

久しぶりすぎて、そして前回の日記を書いてから今日までたくさんのことがあっていっぱい感じて考えて、何を書いたらいいかよく分からないです。

とりあえず元気にやっています。


仕事を始めてから最初に実感するようになったのは、仕事の内容云々というよりも、休日の大切さ、かな。

大学時代は毎日が休日みたいなもんやったけど、今は週に1回か2回(週によって違う)のお休みが物凄く待ち遠しい。

別に仕事が嫌というわけではなくて。

自分の時間が持てるということ、好きな人と好きに時間を過ごせるということの楽しさや安心感、そういうものを求めて休日は過ごします。

寝るだけの休日は大学時代に置いてきました。

ドライブに出かけたり、街をぶらぶら歩いたり買い物をしたり、そういう何気ない時間に充実感を得ると同時に、何にも縛られたり圧迫されたりせずに「気まま」に過ごせることの意義というか幸福感、そういうもののためにもしかしたら仕事ってあるのかな、少なくともそういう側面はあるのかなと思います。

仕事は仕事でやりがいや意義や意味がある。だからその仕事から離れる休日にも同じように意味が生まれる。

そういうことを感じます。


とにかく休日は仕事とは全然関係ないところで全然関係ないことをしていたいので、滋賀から脱出してます(笑)

だいたい京都で過ごすことが多いかなぁ。


そんな感じ。


んで肝心の仕事の方ですが、まぁそれなりに順調(多分)です。

英語教えて部活(なぜかテニス部)の顧問もして、担任じゃない分比較的楽かもしれんけど、その他雑務なんかがあったり、忙しいけど結構楽しんでます。

今週はやたら忙しくて昨日も一昨日も帰りが遅くなったので、今日はこの日記書いたら帰ろうかなと思います。


この仕事をしていて、いろいろ感じることや考えることはありますが、それはまた時間をみつけてからにします。

それではまた。

こんにちは、俺のデスク。&おかえりなさい。 

2008年04月02日(水) 18時39分
昨日から正式に中学校勤務が始まりました。


なんかめっちゃ疲れるなぁ。

不安と緊張と(当たり前だけど)まだ慣れなくて全然落ち着かない状況、そして授業以外の仕事の量とそのわけ分からなさとで。。


でも感動したのは、昨日の朝学校に行くと職員室に自分のデスクが用意されていたこと。

しかも一人に一台パソコン付き。


自分用のデスクが存在してることが、先生としての自分の存在を象徴してるみたいで、
「ああ、このデスクを使いながらこれから僕は先生として働くんだな」
って、今になってようやく実感したように思います。


まぁ、「先生してるんだな」っていう実感は教壇に立つまで沸かないだろうな。


とりあえずそんな感じでゆっくりと僕の先生ライフは始まりました。



それから、今日修理に出してた車が戻ってきました☆

先日事件がありまして痛めつけられた俺の車。

無事にピカピカになって戻ってきてくれました。
一週間待ち遠しかった〜。

よく帰ってきてくれた!!

あれから一層愛着が沸いてきました。

ホンマに大事に乗りたいと思います☆

山の頂を目指して。 

2008年03月30日(日) 19時07分
「さよならは言わんからな。また会おう。



        それじゃあ、そろそろ行くか!それぞれの道に!!」






4年前には無くて、それぞれ別々の道から足を運び、奇跡的な確率で出逢い集った「僕ら」の関係は、4年間、或いはそれに満たないほんの短い時間の中で、世界中の誰も敵わないほどに結束を強め、拡大し、数えきれない思い出を残して、今ではそう言って抱き合い、励まし合い、別々の道を歩き始めることに涙したり、またいつか再会できることを楽しみにしたりできるまでのものになった。


そのことについて僕は、月並みな言葉でしか表現できないかもしれないけれど、やっぱり純粋に心から幸せに思うし、いつまでも繋がっていられることを確信させてくれるみんなにはただ「ありがとう」という感謝の気持ちで胸がいっぱいになる。





28日、最高の後輩ベム男くんがイカーズ卒業式を企画してくれた。

いつものようにボーリング大会、飲み会、朝までカラオケ、そして早朝に鴨川で花火という遊びまくりの時間を共に過ごし、ただひたすらに騒ぎ、笑い、言葉を交わし、肩を組んで歌い、全員で手を重ねて




「No Friends, No Life!!!!」




の掛け声を何度も何度も声高に叫んだ。



別れ際、僕は絶対に泣かないと思っていたのに、なんだかいろいろなものが込み上げてきて、最後やえちゃんとめぐから手紙をもらった瞬間に、堰を切ったように涙が溢れてきて、誰よりも先に泣き出してしまった。


「かっちゃ〜ん、泣かんといて〜」

なんて半分おどけたように言うみんなの目にも同じようにアツいものが。


のんちゃん、ベム、ヤエス、めぐ、けーくん、エロキ、おりやん、そしてナカム。

その場にいた全員と握手をし、抱き合い、号泣しながら別れたあの光景を、僕は一生忘れない。

その時誓った「また会おう」の言葉を僕は一生忘れない。

昨日あの場に来られなかった他のみんなと過ごした時間も思い出も、全部僕は一生忘れない。



イカーズ=最高の友達の輪。



それに関わる全ての人たちと全ての出来事に関わることのできる自分を、僕は心から本当に「最幸」だと思う。





ところで、帰り道をたまたま一緒に歩いていた新4回生で現在就活中のおりやん(実は彼女とはこの日が初対面wそういうところも最後までイカーズらしくて良かったなww)が僕にこんなことを尋ねてきた。


「『自信』ってどうやったら身に付くものだと思いますか?」


それに対して僕はこんなふうに答えた。

「自信ってもちろん実際の経験を通したら身に付くものだと思う。(経験を通して不安や疑問を解消していくという意味で)。

あとは『仲間』やね。」

と。


僕はこれから先生として働くにあたって、もちろん不安はある。

自分がこれからやろうとすることを、本当に自分が全うすることができるのか。

自分がこれからやることが間違ったことではないと誰に言いきることができるのか。

自分は本当に認められたり、社会人として正しいと他人から評価を受けることを成すことができるのか。


そんな不安や恐怖ばかりが最近の僕を埋め尽くす。

だけど一方で、どこかで自信を持っている自分もいる。

その自信はまるで根拠の無い自信だと今まで思ってた。でも本当は、その根拠っていうものはすぐ目の前にあるんだなって、確信することができた。

それこそが『仲間』。


イカーズのメンバーを筆頭に、自分にはたくさんの信頼できる仲間がいる。
「こいつらまじハンパねぇ。ホンマにすげぇ。」って尊敬できて、他人に自慢できる仲間がたくさんたくさんいる。

僕は彼らのことを人間的にも社会的にも心から認めることができるし、彼らならきっと大丈夫って思うことができる。

また逆に僕がそういう人たちの輪の中にいられるのも、彼らが自分のことをきっと同じように認めてくれてるからなんだと思う。


それじゃあ、自分が大きな信頼や尊敬の念を寄せることのできる立派な人間に認められいる自分もきっと間違えることはないんじゃないかって思うことができる。


僕が今まで出逢った中で誰よりも尊敬するナカムは言ってくれた。
「かっちゃんとの出逢いは学生生活の出逢いの中で最も重要は出逢いの一つだ」
って。

のんちゃんは言ってくれた。
「かっちゃんが選んだ道なら絶対に間違いはないはずだから」
って。


イカーズっていうのは特にそうやって自分に力と可能性を感じさせてくれて、その存在自体が自分の自信に繋がる、そんな集まりなんだって。


それが僕の『自信』であって、その根拠なんだって。


そういう意味でも、おりやんの質問に答えながら、改めて仲間の大切さや彼らといられる喜び、大学生活の中で手に入れた最高の幸せを実感することができた。


だからこそ別れる時は本当に涙が出てきたんだと思う。


みんな、今までホンマにホンマに、ホンマにありがとう。


そしてこれからもずっとずっと、変わらないモノを抱き続けながらそれぞれの道を生きて、


絶対また会おう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!






最後に一つだけ。


僕とナカムには夢がある。

『山のてっぺんに上って、そこで乾杯する』

っていう夢。


道は別々でも、志を共に貫き通し、いつか二人ともでっかくなって、俺らの目指す場所に辿り着いたら、その時に一山上ってビールの一杯でもやろうって。


そんな夢をずっと前から語り合ってきた。


僕らはすでに出発の祝杯はあげた。

僕らがお互いに共通の想いを持っているということに気がついた時、実際に船に乗って、僕らの出発を航海にかけて甲板の上で乾杯した。


卒業でなくても僕らはすでに動き始めてる。

だから卒業はまだまだ通過点なんやな。


俺らだけじゃない。

みんなでっかくなって、お互いビビるくらい成長しまくって、そんな姿を称え合いながら酒の一杯でもやれる日が来ることを心待ちにしてるで!!!!!!!!

山の頂目指して歩き出すんや!!!!!!!!!!!!!!

本当に、最後の夜。 

2008年03月26日(水) 0時08分
2008年3月20日、無事に大学を卒業することができました。

その次の日から今日まで実家に帰ってゆっくりしてまして、今こうして4年間を過ごした自分の部屋で、この部屋で書く最後の日記を書こうとしています。

明日の早朝には引っ越します。


引っ越し前の最後の日記は、やっぱり4年間ずっとお世話になった部屋のことについて触れておきたい。


今、すっかり片付いてしまった自分の部屋を見回しながら、4年間の思い出がぎっしりと詰まった部屋との別れを思い、今にも泣き出してしまいそうな心境です。



一人で何気ない日々を送った。

友達と夜通し語り合った。

近所迷惑もかえりみずひたすらバカ騒ぎした。

バンドのメンバーと一緒に曲を作った。

彼女と二人で静かに記念日をお祝いした。

必至に本を読んで勉強したりレポートや卒論を書いたりした。

何百本も映画を見た。

何万曲も音楽を聴いた。

摩訶不思議な体験もした。

毎日のように日記も書いた。

荷物や手紙もたくさん届いた。

たくさん遊んでたくさん歌ってたくさん笑った。

不安で眠れなかったことも、辛さや苦しみで泣いて過ごした夜もあった。



いつでもどんな時でも温かくて、何も言わずにただ受け入れてくれて、見守り続けてくれて、変わらずに帰る場所、文字通り自分の居場所であり続けてくれた部屋。


僕の代わりに雨や雪を被ってくれた。

僕のために太陽の光を取り入れてくれた。


誰よりも、何よりも優しかった部屋。

すっかり自分の色と香りに染まった、4年間を語るに欠かせない最大の相棒。



今夜を最後にこの部屋を去る。



あまりにも寂しい。


正直、出て行きたくなんかない。



でももう行かなきゃ。


これも一つの別れ。心から大切で、大きな大きな別れ。



さようなら、俺の部屋。


今までホンマに、ホンマにホンマにありがとう。


この部屋のこと、絶対に忘れない。



これから僕の存在も色も匂いも消えて、雰囲気も変わって、また別の誰かの部屋になっても、どうかいつまでも、いつまでも誰にとってもずっとずっと優しくて温かい部屋であり続けますように。




この部屋に出逢えて、俺は最高に幸せでした。

卒業パーティー☆&箱ライブ♪ 

2008年03月19日(水) 8時01分
17日、ESTYLE主催の卒業パーティーに行ってきました☆

梅田スカイビル(あの2つのタワーが最上階で繋がってるやつ)のパーティールームを貸し切って、今年卒業の学生が関西中から150人くらい(?)集いました。

この卒業パーティーを開催することを目的に生まれた団体ESTYLE。(合ってるよな?w)

立ち上げ記念のセレブパーティーもクリスマスパーティーも参加させてもらったけど、毎度毎度ホストクラブだったり今回みたいにスカイビルだったり、その大胆さが好きですw

知り合いもそうでない人もたくさんいて、いろいろ話したりゲームしたり、そして飲んだり飲んだりして楽しかった!!

卒業目前にしてとても素敵な思い出ができました☆



二次会のカラオケも朝まで大勢で飲んで歌って、最後の方は相変わらずぐだってたけどw、めっちゃ楽しかった!!


主催者のつよぽん始めスタッフのみんな、お疲れさま!!

そしてホンマにありがとう☆



それにしても卒業まであと1日!!

カラオケ入る時に「もう学生証提示することもなくなるんやなぁ」みたいな話をしてて、そういうところからも学生の終わりを感じています。

でも学生証はなくなっても、学生の間にできた友達、今回みたいにみんなであんなパーティーできる仲間たちと出逢えた事実や築いた関係は絶対になくならない宝物です!!!!



ところで中村氏へ。

最後のスライドムービーの中に見たことのある写真がたくさん出てきたこと、
俺らが語り明かしてきた大切な言葉がたくさん出てきたこと、
そして俺らが生んだ「No Friends, No Life」の言葉がいつまでもスクリーン上に映り続けてたこと、俺はもの凄く感激してました。





そしてそして、昨日は・・・

実感。 

2008年03月07日(金) 13時45分
今日、卒業の合否判定結果が発表されました。

どうやら無事に卒業合格、教員免許状も中学高校共に取得という結果でした。

まさか卒業できないなんてことはないだろう、と思ってはいたものの、結果を見るのはやっぱり緊張しました。


でも誰が何と言おうと卒業です。


教員免許も取りました。


何度も言うけど、春から正式に中学校講師です。
卒業が確定したからこっちも尚のこと現実味を帯びてきました。



要卒124単位も取らないといけない、というのが途方も無いことのように思えたのが4年前。

4年後の今、気付けば160単位も取ってました。


残すは卒業式のみ。



あまりにもたくさんのことが詰まった4年間を背負ってこれからの道を行くことを実感しています。




ところで、英米専攻100人の学生中、20人近くも卒業不合格という結果には戦慄を覚えました。

毎年落第するのはせいぜい数人っていう話を聞いてたんやけど。。



でもどんな結果でもそれぞれの道を頑張って行こう!!

夢と現実の間をひとっ飛び。 

2008年03月05日(水) 15時07分
どうも、昨晩夢の国ディズニー・リゾートから現実の街京都へと無事に帰ってきました。


(↑ただののろけです、すいません。)

初日ランド、2日目シー、3日目東京巡りの旅☆

ディズニーパートナーホテルに2泊と往復飛行機はアツかった!!


(↑飛行機の向こうから朝日が。めっちゃ奇麗でした。)

ホテルは最初ダブルの部屋を予約してたはずなのに、何故か3人部屋になってたw無駄にベッドが余って意味なかったなwその分広くてくつろげたけど☆

飛行機は速い速い。あれ乗ってしまうと夜行バスとか新幹線すらバカらしくなってくるねw

それもあってかホンマに一瞬で時間が過ぎ去ったし、あと1、2泊くらいはしたかったなぁ。。


そして思いました。

シーに住みたい。


個人的に、ランドよりシーの方が好きです。

めっちゃお洒落で落ち着いてて夜は夜景も奇麗でロマンチックで、そして楽しくて、ホンマに住みたいって思いました。


(↑シーの夜景。これもめっちゃ奇麗やったなぁ。)

タワー・オブ・テラーとセンター・オブ・ジ・アースの楽しさはヤバスでした。

(ま、初日のランドはめっちゃ人多くてしかも睡眠不足で疲れてたから最後まで満喫できんかったってのもあるんやけど。。)


ディズニーには小学校3年生くらいの時以来行ってなくてw、14、5年ぶりに行ったわけやけど、いくつになってもテーマパークは楽しいね☆


(↑ランドのパレード。これぞディズニーって感じでした。)

全部を忘れてただ楽しめる。

その分、現実に戻った時のため息は深いけど。。


んで、ディズニーの後は東京で楽しみました。

浅草行って表参道行って、それからアキバのメイドカフェで萌え〜ってなってきました。


浅草寺はなんか迫力あって、京都の寺も好きやけどそれとはまた違った雰囲気で良かったなぁ。


(↑よくある図wでも迫力ありました。)

表参道は街並も道行く人もすげ〜お洒落でなんとなく神戸的で、ああいうとこに住むのもいいなぁなんてまた思ったりw

アキバはとりあえず電気店多すぎw
今回行くのは2回目やったけど相変わらずの電気街っぷりに圧倒されました。
あれだけの店が全部つぶれずに普通に営業してるのがすげ〜。
メイドカフェも相変わらず萌えやったなw
そしてドンキホーテやばい。どんだけコスプレ衣装売っとんねんっていうくらいいっぱいあったw


あとは「食」やね☆
次から次へとそこでしか食べれないもの食べまくりました!!
ほんとよく食べるよねって相方さんにしょっちゅう言われるくらい食べました。

旅の醍醐味ってのは食の部分にかなりあると思う☆


あ〜、東京楽しかったなぁ。

ずっとああやって遊び倒し続けたいと思った。

ホンマに素敵な思い出になりました。

また遊びに行こう☆

香りに想うこと。 

2008年03月01日(土) 11時02分
どうも、お久しぶりです。

2月はひたすら働きマシーンと化してました。

寝て仕事、寝て仕事、寝て仕事の毎日。

と言ってもまぁ、休みが全くないってわけでもなく、時々友達とご飯食べたり、中村氏の誕生日パーティーに参加したりと、ちょっとくらいは遊んでました。

そして気付けばもう3月。
ホンマに一瞬で終わった2月でした。


みんなもう引っ越しに取りかかっていたり、新社会人デビューに先立って研修に忙しかったりと、いろいろと動いたりしてるみたいで、ああ、ホンマに学生終わってみんなと離れ離れになって僕らはそれぞれ違う道を歩き出すんだなぁ、もう少し大人になっていくんだなぁと、とても切なく思う今日この頃です。

僕も今月の後半には引っ越します。

新しい生活への期待や楽しみがあるのと同時に、やっぱりこれまでの当たり前が変わって行くことの寂しさやセンチな気分ってのもくっついてきます。

春っていうのは往々にしてそういう気分を味わう季節ですよね。


昨日、春の香りが漂い始めてることに気がついてふと感じたことがあります。

ある季節にどっぷりと浸ってしまう前、今みたいに新しい季節の始まりを迎える頃、その香りの新鮮さと一緒にその季節のいろいろな思い出が運ばれてくるということ。

昨日は入学した頃のことを思い出しました。

「これからの4年間をこの場所で過ごすんや」

そんな言葉が懐かしいなぁって。

あの頃は4年先のことなんて全然考えてなかったし、むしろ4年後なんてやってくるのかな、くらい遠い先のことだと思ってたのに、まるで昨日が今日になったみたいなスピード感を伴ってあっという間に過ぎ去った4年間でした。


今では

「これまでの4年間をこの場所で過ごしたんや」

ですね。


この4年間で僕はずいぶんと変わったように自分で思います。
何がどう変わったのか、ということはまだまだきちんとした言葉に整理できない部分は多々あるけれど、明らかに4年前の自分とはなんか違うんだなってことは感じます。

少しずつ整理しながら自分を見つめて、向き合って、その変化を価値あるものとして自分の中に取り込んでいきたいと思います。


あ、あと気付けば1ヶ月後には中学校勤務が始まります。

まったく実感わかんし、不安もあるけど、「これからの場所」があることに期待と安心感があったりもすることを幸せに思います。



4年間の思い出に浸り、学生生活最後のひと時をなんとか充実さたい気持ちが沸き上がり、重大な時間が終えることの切なさとこれからの期待感に挟まれながら過ごす最後の春休み。


来年の春の香りはそんな今の気持ちを思い出させてくれるんかな。


そんなことを考えました。




さてさて、話は変わりますが昨日からなんと6連休もいただきました。

てことで、ディズニー行ってきます☆


春休み終わる前にはまた旅行とかも行きたいなぁ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かっちゃん
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:4月27日
  • アイコン画像 現住所:京都府
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-聴くこと、歌うことどちらも大好きです。「音楽は心の救い」だと思ってます。EXILE、COLOR、清木場俊介、Nesmith、JONTE、J Soul Brothers、Gackt、コブクロ、Boyz II Men、ZEEBRA、NEVER LAND etc...
    ・映画-年間に最低でも100本は観る心がけです。気に入ったものや注目の映画についてはレビュー書いていきますんで☆
読者になる


・日々の出逢いや経験を積極的に大切にする姿勢を忘れたくない。

出逢いにしても出来事にしても何にしても、物事のタイミング、大切にしなきゃいけないタイミングは常にある。

特に重要なタイミングっていうものは、「本来あるべきものをあるべき場所へと行き着かせるようにできている」、そういうものであるような気がする。

それを逃さないために、一日一日を大切に生きたい。

全部を繋げた先にはどんな形の人生に仕上がっているのか見届ける最期のその日までは一日たりとも無駄に生きない。

これまでに出逢ったたくさんの人たち、
これから出逢うたくさんの人たち、
自分と関わってくれる全ての人たちに感謝しながら生きて、

最期にはアツく死ぬ。

そういう生き方がしたい。

そしてその日までずっとずっと歌い続けていられたらいいなって思います。


2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31