自然素材の家 和み 子育て世代の健康、エコ住宅

May 03 [Tue], 2011, 15:12
木の温もりに包まれた、本格的在来工法の家で暮らしませんか?
高温多湿の日本の気候で古くから発展してきた木造在来工法の家作り。
近代化に伴い、2×4や鉄筋住宅など様々な工法が日本にも導入されましたが、やはり一番この国の風土に適しているのは木造住宅だと思います。
木の家には、人の心を癒してくれるたくさんの特性が備わっています。
無垢材独特の香り、柔らかさ、暖かさ。木でつくられた家で生活していると、なんだかホッとした気分になるのは日本人ならではでしょう。
木の家をつくっていると「日本人でよかった。家作りに携わっていて良かった」とつくづく思います。
そしてこの高性能、エコ住宅を、一人でも多くの人に提供していきたい、一人でも多くの人に木の家のすばらしさを分かっていただきたいのです。

高性能・低コスト

May 03 [Tue], 2011, 15:11
樹脂サッシは、外気を通しにくいサッシです。高気密住宅に於いてサッシの性能は極めて重要です。
柱は桧120ミリ角を使用。木組みの美しさ、匠の技、日本の伝統工法「木造在来工法」にこだわりました。金物に過剰にたよらず木と木の組み合う強さを基本とするオープンな工法です。
無垢材は「現し」とすることで神社仏閣で実証された1300年前の耐久性を発揮します。良い木材を手入れしながら長く使うことにこだわっています。
壁イン収納・・・・柱と柱の壁を利用した収納は家のデザインでもありアクセントとしても使い勝手、スペース的にも大きな魅力です。

室内建具は、→床面〜天井まで2.4mを一枚の建具を使い、壁の代わりに建て込んでライフスタイルの変化に沿ってシェアするご提案です。
間取りのチェンジも容易です。真に耐久性のある住まいは、家族の生活変化に対応することが求められますので、これは長期優良住宅の必須アイテムです。

安くていい家とは

May 03 [Tue], 2011, 15:10
住んでみて分かる、安くすむ、ランニングコスト!
これは生活する上で最も重要な基本です。
高気密住宅は遮熱はもとより遮音の効果もあり光熱費を大幅に削減出来ます。
マイホーム取得後のランニングコストを削減することが”安くていい家”の条件です。エコ民家は高性能な外張り断熱で高気密、高断熱性能を実現しました。
構造体にこそお金をかけ(材料と技術)オール自然通気で耐久性を高める設計になっています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kato
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/katoukenchi/index1_0.rdf