鮎川誠とみすず

September 13 [Wed], 2017, 20:05
せっかく蟹を買うのなら、激安通販を利用したいと思っている人も多いのではないでしょうか。
激安通販はその名の通り、びっくりするほど安く、メリットだらけのように思えますよね。


ですが、そうそう上手い話ばかりがあるものではありません。リーズナブルだという度合いを超えて安価すぎるなら、商品に重大な欠陥があるという可能性も考えられます。

口コミやレビューなどで、その業者の評判を見てから判断することをおすすめします。


蟹通販はお得な一面が強いですが、ネックがあるとすれば、本当に新鮮な蟹が届くのかということでしょう。



皆さんがこれまで蟹通販で蟹を買ったことがないのなら、なんだか鮮度が悪いように思うのでしょうか。

でも、実を言うと、蟹通販の蟹は十分に新鮮だといえます。
蟹通販の蟹は大抵の場合、漁場からの直送ですから、一般的なお店で売られている蟹よりもより鮮度が高いといえるのです。ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。

場所によっては、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。

オスの場合は、カニ味噌部分も好まれますが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。



反対に、より小さいためセコガニは脚の身が少ないとはいえ味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、一般的には、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽しむことが多いです。全国各地の蟹をお得に購入できる蟹通販は、誰にとっても便利な方法として知られていますが、常に気に留めておくべきポイントもあります。

多くの方に人気なのはタラバ蟹ですが、タラバ蟹を購入する時には、蟹の大きさや価格、そして新鮮な蟹が届くのかどうかを必ずチェックするようにしてください。通販サイトでは、写真でしか商品を見ることができないので、新鮮さやサイズを知るには、商品の説明文も参考にしましょう。
通販サイトでは利用者のレビューを見られることも多く、これも客観的評価の基準になるので参考にしてください。


蟹をさばくのは難しいものです。活蟹のさばき方を簡単にご説明します。
腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。

腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。
腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。
この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。
甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておくというのが捌き方の基本手順です。美味い蟹を食したい、そんな時どうしたらいいかというと、店や通販で売っているものを買う以外にも、温泉へ行ってしまうというやり方です。蟹を美味しく食べられる、そんな温泉地に行けばいいのです。温泉地の中でも蟹が多く獲れるところの周辺に出向いて行けば、旬の時期には温泉だけでなく蟹の味覚も楽しめることと思います。
とはいえ、どんな時期に行っても温泉は堪能できるのですが、蟹の場合はオフシーズンもあるのでシーズンに合わせて行きましょう。皆さんは、どこに注意してズワイガニを選んでいますか。


誰でもズワイガニを選ぶときまあ、大きければいいという感じで選ぶ方が多数派でしょう。

しかし、大きさよりももっと調べてほしい点もあると知れば、失敗はしません。かにの重みを調べていますか。
殻をはずしてみたら、全く身が入っていなかったという悲劇は後を絶ちません。
重みがあれば、ある程度中身は詰まっていると考えられます。私が思うに、かにを買おうと思い立った時、最終的には楽天市場をチェックするのが手っ取り早く、かつ安心な方法ですね。
これまでもいろいろな買い物をしていますが、失敗したこともありません。かに通販会社のサイトにもピンからキリまであり、運よく良い方に当たればいいですが、悪い方に当たると至るところに罠が隠れていて、騙されて損害を被る可能性があり、こちらが近づこうものなら、引っ張り込もうと待ち構えています。楽天の中ならどのお店も大丈夫と思えるので、傷んだ品物を買わされたりしないので、写真どおりの買い物が出来るでしょう。これだけの会社の中で選んでもらうには高評価の口コミをいかに多く集めるかにかかってきます。



会社の姿勢も窺えますね。それと、着払い対応を嫌がる業者も居ますが、それを取り入れてくれるお店は何を買うにしても、安心できると思います。ただ、衝動買いには気をつけるようにしましょう。
蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたことがありますか?ガザミという和名でも知られる、横に大きい形をした蟹で、瀬戸内海で蟹といえばこれを指します。

他にも大阪湾や伊勢湾、有明海などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。

食用の蟹の中では特に大型であり、蟹肉や蟹ミソ、そして卵巣など、捨てるところのない美味の塊として知られており、古くから愛され、かつては食用の蟹といえば渡り蟹を指していたほどでした。
渡り蟹は調理法の多彩さでも知られ、塩茹でにしたり蒸したりするのが最も普通の食べ方のようですが、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。



高嶺の花だったかにを身近な存在にしてくれるのは、リーズナブルな値段で高品質のかにを提供してくれるお店です。


いつでもどこでも注文して食べられるようになりたい。そんな夢をかなえるには通販で買えばいいというのが常識になりつつあるんですって。通販で買えばいつでも満足できるかにが買えることを確信しているのは、デパートやスーパーマーケットの商品だって産地から新鮮なうちに送られてくるのでしょうが、それよりも贈り物にも出来るような鮮度のいいかにの数々が、いつでも購入できるのはうれしい限りですね。
それから、びっくりするほど安く買えるのも大きな魅力で、スーパーのものより安い価格が常識になっているのには、もう感謝するしかありません。

それにかにの種類も豊富で珍しいかにも買えたりと、産地ならではの楽しみ方もあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:花音
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる