筋肉の状態によってしつこい肩こりを自宅でケア?

September 30 [Wed], 2015, 16:51
肩こりがひどく病院や整体などに通ったりしても
朝起きたとき、首から背中と肩が凝り固まって動かないとか
酷いときは寝起きから頭痛があったりして困りますよね。

それで、六角脳枕や王様の夢枕、メディカル枕、テンピュール、
エアーウィーヴ、スリープドクターズピローなどの他にも
いろいろと枕を替えても良くなったり悪くなったりの繰り返し。

また、ヨガポールを使ってのストレッチが良いのではと
やってはみてもなかなかスッキリ解消されないという方は
どんどん多くなってしまっているようですね。

でも、しつこい肩こりはとても解消が難しく長い時間がかかることも
多くスポーツ選手などは肩を痛めて間もなく引退ということもあり
効率よくしないとなかなか解消されず厄介だといわれています。

そして、肩こりが悪化して病院や整体などに通って
少しでも良くなってからの自宅でする継続的なエクササイズを
気楽に気長に筋肉の状態によって変えることがとても大切です。

どなたでも、肩が苦しくなってくるとストレッチをして
筋肉を心地よく伸ばそうとすると思いますが、それだけでは不十分で
筋肉も硬いところと軟らかいところのケアが必要なんですよね。

しかも、硬くこった筋肉をゆるめたいのに、
ポーズのとり方によっては関係のない、
より軟らかい筋肉が同時に伸びてしまうこともあります。

すると、硬い筋肉はそもそも伸びにくいため
軟らかい筋肉筋肉ばかりがストレッチされ、
コリや痛みは残ったままということも起きてしまうんです。

たとえば、デスクワークなどするうちに
重たい頭と両腕を支えている筋肉は、伸びたまま緊張しているので
ストレッチをしても余計に肩が凝ってしまいます。

この筋肉は、軽めの重りを使って筋肉のトレーニングすると
筋肉の収縮で血流がよくなり緊張が緩むことも多いんです。

さらに、ストレッチは毎日やるのが理想ですが
トレーニングは週に3回の方が効果的といわれています。

また、腹圧の不足で肩や背中の筋肉の負担が増えることもあるので
腹圧を高めるトレーニングも有効ですから
仰向けに寝て膝を立て深呼吸をくり返すのもおすすめです。

でも、自己流でやるのは続けにくく
病院や整体などに通ってもその場限りの効果ですよね。

できれば、自宅でしっかり気楽に気長にエクササイズで
ケアする方が効果を長続きさせられると思いませんか?

そこで、参考までにスローコアという
専用の枕とDVDやテキスト、チェックシートなどをで
自宅でケアできるエクササイズがあります。

今なら、かなりお得に手に入れられますが
先ずは、チェックシートで点検して
無料動画を観てはいかがでしょか?

肩こりなどで何をやっても繰り返しで悩み
スローコアが気になる方は
下記サイトをくわしくご覧ください。
↓ ↓ ↓


自宅ケアのストレッチもいろいろありますよね。

September 30 [Wed], 2015, 16:50
自宅ケアのストレッチもいろいろあって
一見疲れそうな正しい姿勢をするだけでも
全身の骨と筋肉に力が分散されて酸素が回り
リラックスできることがあります。

たとえば、椅子に座ってしっかりと足底を床につけ
太ももをそろえて膝から下を自分の方にひくようにし、
ひざ下を真っ直にします。

それから、お尻を後ろに引いて、背中を立てて直角にし
おなかに線が入らないように、
背中とおなかをくっつけるようなイメージで整えます。

最後に、顎を引いて真っ直ぐ前を見つめてから目を閉じ
静かに両手を重ねて膝の上において
1分間深呼吸をくり返します。

さらに、肩だけを上げ下げする動作を10回ほどくり返しながら
深呼吸を続けるとリラックスが続きます。

体の痛みや不具合の根本原因からプロ仕様まで

September 30 [Wed], 2015, 16:49
スローコアのテキストでは
体の痛みや不具合の根本原因や現代人特有の姿勢についてなどの
解説とベーシックエクササイズ13種目などが収録されています。

また、筋弛緩トレーニングやプロも納得の検査記録シート
コア筋肉トレーニング5種目などもあります。

そして、お助けガイドブックでは
Q&Aやエクササイズのコツ、体験レビューなどが
収録されています。

しかも、超速スタートガイドでは
たった3ステップで簡単スタートや
厳選種目のエクササイズがガイドされています。

さらに、ベーシックエクササイズのDVD
トレーニングエクササイズのDVDもあります。

その他にも、アクションシートやチェックシート@ABと
盛りだくさんでしっかり自宅ケアがサポートされます。