ばかみたい。 

January 21 [Sun], 2007, 1:03
なんかもう、めんどくさい。

ひとりに。
なりたいけどなりたくない。

ひとりは。
すきだけどきらい。

なんなの?これ?
いみわかんない。

左右されてる?
影響されてる?
私が勝手に。

ばっかみたい。


不安なんだって。
いろいろ。
平気な顔なんてほんとはできない。
不安が払拭されるはずがないじゃない。

守れない約束なら
かなえられない
いや、かなえようとする気がない目標なら
しないほうが、ましだ。


もう
めんどくさい。

あーもう勉強すっか。

かたすや。 

November 30 [Thu], 2006, 23:48
隣を見ると、すやすや熟睡。

そんな中で私はレジュメ作りにかたかた。

・・・・・・・。

ふにゃっ!!!!!

溝。 

November 29 [Wed], 2006, 19:16
なんていうか、もう
怒りを通り越して、ただただ呆然としてしまった。
その場の雰囲気が凍りついた気がした。

物事には限度というものがあると思ってる。
その限度というのは、そのとき、その状況によって変更することはあれど
それを超えてしまったら、どこかで、何らかの傷が生じてしまうのではなかろうか。
たいしたことないじゃんと楽観視していても、実際は相当深いものだったりするわけで。
度を過ぎてはいけないよ。

やって許されることと許されないことの区別ぐらい、つくはずだ。
というか、常識的に考えて判断できたのではなかろうか。

身近な者たちだって、関係がほかの者たちより深い者たちだって、
いってしまえば、他人なのだ。

何が書きたいのかわからなくなってきてしまったが
大人な・・・いや、最低限のモラルを持った対応をしようよ。
それはもちろん自分にも言えることで。

そうしないと、溝は深まるばかり。

いや、もう
思っている以上に深くなってしまっているのかもしれないけれど。

うつうつ。 

November 28 [Tue], 2006, 13:07
忙しくて心身ともに余裕がなくなってきている。

全部投げ出したくなる衝動に駆られるときがある。

今がまさにそうなのだけれども。

ちょっとひとやすみしたいものです。


朝ゆっくり寝て

おうちでごろごろ

もしくは自然を見に行って

おいしいもの食べて

いろいろ気の赴くままに話して

じゃあおやすみなさい

ってしたいよ。


こんなの贅沢だってわかってる。

全部はかなえられないとしても

このうちのひとつでいいから

実現させてみたい。


ふにゃ。

お酒飲んで酔っ払っちゃおうかな。

遠いんだ。 

October 25 [Wed], 2006, 17:11
歳の差は気にならない。
大学というコミュニティに身を置いてしまえば、別に誰がいくつであろうが気にしたこっちゃない。
歳がいくつはなれていたって、同学年の仲間だってみなすことができるし、実際そうやって接してきているつもりだ。

ただ学年の差というものはどう頑張ったって埋められない。
そんなの当たり前のことかもしれないのだが、実際にその事実の下に身を置いて、その中で生活していると、想像以上に感じてしまうものだと、最近ひしひし思うのである。

あたしとあたしの相方さん、学年の差2つ。
訳あって年齢は1つしか変わらないのであるが。

やはり2年多く経験をつんでいる人間は違う。
自分の専攻している部分に精通しており、自分の目指すべきものが決まっており、それに向かってひたすら突っ走ることができているのである。
毎日夜遅くまで、実験器具を巧みに操り、危険な薬物を取り扱い、あたしには到底理解できないような難しいことをやっているのだ。

もちろん、あたしがそれを理解したいとは思わない。そんなのはうざいっていう以外の何者でもないだろうし、その力があるならあたしの専門を極めるってば。

ただ、そんな彼の存在があたしの手の届かない、遠くにあるように感じてしまってならない。
彼は来春、この地を離れ、遠くの企業に就職することがすでに決まっている。
学生という立場から、社会人という立場に変わるのである。
あたしは学生。彼は社会人。
ああ、やはり遠い。2年っていう差は大きすぎたのだ。

「もっとここでの時間を一緒にすごしたかった」
って今朝彼は言ってたけど、あたしだってできるならそうしたいよ。
かなわぬ願いだっていうのは百も承知だ。承知している上で耳にすると、彼の存在がより遠くに見えてくる。

こんなことかいてるけど、別に遠いからって別れるだとかそういうつもりは毛頭ない。
この「遠い」っていうのは、遠距離というものではない。二人の間を隔てている別の何か。
好きであるがゆえに、この変な距離に必要以上の歯がゆさを覚えてしまうのだよ。

歯がゆい。
ちくちくする。

もっと近づきたくて仕方ない。
背伸びしたくて仕方ない。
それはもちろん自分のためでもあるわけだが。
あたしのやりたいことを早く見つけたいんだ。
それにむかってがむしゃらに努力したいんだ。

あたしの2年後、どうなっているのだろうか。

お初。 

October 24 [Tue], 2006, 19:03
なんだかとても、文章を書きたくなった。
日々思ったこと、感じたこと。

オープンにしてるブログでは書けないような想いであったり
あたしの中に隠れているきもちであったり
たまってもやもやしていることだったり

そんなことを、気の向くままに書いてみようかと思う。

以後、よろしゅう。
P R
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:katai-yume
読者になる
Yapme!一覧
読者になる