介護家族への仕送り資金の使い道 

December 15 [Tue], 2015, 22:25
介護のための仕送りをちゃんと介護に使ってほしい!
親の世話をしてくれている兄弟夫婦には感謝しているけど
介護のための仕送りの使い道をちょっと疑ってしまう。



同居で介護をしていれば、小さなことでも積もり積もって
大変なのだということはわかっている。



だから、実家へ帰ると仕送りとは別に
感謝の気持ちでお小遣いを渡している。
なのに他の目的で使われるのは納得がいかない。




介護している兄弟の家族は、子育ても真っ最中だったり、
生活も大変なのはわかるけれど、
そこは自分たちの収入としっかり分けて
やってほしいですよね。




実家で親の介護をしてくれている兄弟家族へ
介護の援助の仕送りをするケースは珍しくないのですが、
金額や使い道でもめることもよく問題になります。



親が欲しがっていた椅子や、便利なグッズも
買っていなかったりすると、
「お金渡しているのにどうして!?」と思いますよね




複数の兄弟で出し合って仕送りしているある家庭では
使い道の明細を書いて配布するケースもあります



家族間なのにとても事務的ですが、そうすることで
わだかまりもなく透明性をたもてますし、足りないとか多い分は
翌月に繰り越すとか
要求もスムーズに通ります。



ただそれも、多忙な中やってくれ、とは頼みにくい。
しかもお金の使い道について不信感を持っていると
バレバレです。



そんな時1つの解決策になるものがあります。
介護用品専門の通販カスタマです。



インターネット上で注文を受けていますが
電話やメールによる問い合わせに迅速に答えてくれて
悩んだ時の品物選びにはとても安心できます。



ベッドや車いすから小さな小物(杖など)に至るま
扱う用品の数が多く、低価格を実現しています。
しかも、日本全国送料無料。



選ぶ時から、組み立ての問い合わせ、アフターフォローまで
してくれるので安心です。



直接買って届けてもらえば、親のほしかったものや
家族が忙しくてなかなか買いに出られなかった消耗品も
あなたが自宅から注文すれば実家へ直接届きます。



介護家族は助かるし、金額的にもクリアになります。
公式サイトで詳しい情報をみてみてください。



↑↑カスタマ公式サイト↑↑