さあどうする 

2005年03月11日(金) 20時58分
「そろそろ独立してくれないか」と社長に言われたのは数日前。

社長というのは小さな古本屋の社長で、
独立しろと言われた俺はそこの従業員。
小さな店をひとつ任されています。

厳密に言うと独立については数年前から言われていたのだけど、
それまでと違い、おそらくは最終宣告に近いんだろうなあと思う。
売上としては最低ラインはクリアしており、
ときには景気の良かった数年前程度の数字も出しているのだけど、
「社員契約は今期いっぱいまで」と言われた以上、
事実上のリストラなんだろうなあ。

新しい業種にチャレンジする気概も無いし、
とりあえず妻子を養っていかねばならないし、
どうしたものか・・・と途方に暮れております。
本当に独立開業することになるんでしょうかね・・・。


現実的な選択肢としては、
同業種に転職するか、まったく新しく独立開業をするか。
いま任されている店を買い取って開業するか。

数ヶ月中に結論を出さなければならないのだけど、
考えるだけで頭が痛くなってきます。



●今日の一冊 『金魚屋古書店』 芳崎 せいむ (著)

本を全然知らない俺のような古本屋にとっては、
読んでいて身の引き締まる思いがします(苦笑
人と本との間の物語的なストーリーが多く、
出久根達郎さんのそれ系のマンガ版みたいな感じでしょうか?

2005年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kasanka0128
読者になる
Yapme!一覧
読者になる