乳酸菌増加は普段の食生活から

February 10 [Wed], 2016, 1:35
腸活に最適な方法とは、腸内フローラを整えることが最も重要なのです。腸内フローラを整える方法、・毎日、続けることができる30分程度のウォーキングなどの、軽めの運動を習慣にする。・野菜中心の食生活を心がけ、便のカサを増して排出を促してくれる食物繊維を積極的に摂る。・質の良い睡眠をしっかりととり、たまったストレスを溜めずその日のうちに解消するように努める。・腸内の善玉菌を増やすよう、乳酸菌などの発酵食品を日々取り入れる。など、これらのことを続けていることが大切です。腸内の善玉菌は便と共に日々排出されているので、毎日補う必要があります。乳酸菌は、体内の善玉菌を増やしてくれ、ヨーグルトや漬物・納豆などの発酵食品に含まれていることが有名です。体の腸の中には、善玉菌・悪玉菌がたくさん存在しており、そのバランスで腸内環境の善し悪しが決まってきます。腸内環境で、善玉菌の数が悪玉菌の数より2倍程度になることが理想的とされています。しかし、なかなか思うようにはいかないのが実情のようです。人間の腸内にはもともと、善玉菌と悪玉菌が存在しています。その他、腸内細菌には中立的細菌も存在し、日和見菌(ひよりみきん)と言われる中立細菌も腸内にいるのです。中立的な日和見菌の特徴としては、腸内の善玉菌や悪玉菌の数が多いほうの味方に付くという点です。よって、善玉菌と悪玉菌と日和見菌のバランスがとても重要なのです。乳酸菌とは、糖類を発酵させて乳酸を生成するための細菌で、現在までに、なんと250種以上も発見されているのです。「乳」という字が使われているので、乳製品に多く含まれていると思いがちですが、実際は、乳酸を作る菌ということから『乳酸菌』と言われているのです。乳酸菌は、キムチやヨーグルトなどの発酵食品を作ると時に使用される菌なのです。そのため、乳酸菌は発酵食品に多く含まれており、乳酸菌は食事から摂取することができ、腸内の乳酸菌増殖は食生活から改善できるのです。腸内フローラを改善するためには、乳酸菌を摂取することがとても大切です。では、乳酸菌は体内にとるだけでいいのか?というと体内に乳酸菌をとりこんでも、全てが腸内まで届くわけではなく、途中で死滅する乳酸菌もいるのです。腸内まで生きて届いた乳酸菌が善玉菌を増やし、悪玉菌をやっつけてくれる働きがあるのです。このように腸内環境をよりよくするためには、乳酸菌をどのようにして腸内まで届けるかという点が非常の重要なのです。

腸内フローラ改善!乳酸菌サプリメントだぜ!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かるー
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/karupati2/index1_0.rdf