フリーダム・ライターズ Freedom Writers 

2008年01月30日(水) 12時18分
新任教師が、荒れた生徒たちを立ち直らせていく、実際の話を元に作られた。

日本人には、理解できないであろう、人種差別問題を含んでいて、
日常において、人種間戦争を繰り広げ、
子供の頃から、『死』と隣り合わせの生活を余儀なくさせられている。
18まで生きられたら、十分。という。
クラス内にも、民族派閥があり、相容れない。

教師は、私生活を犠牲にし、試行錯誤しながら、ノートを通じ、生徒たちの心を開いていく。

大人たちが、あさってを向いて、子供と目を合わせないようにしていては、
子供たちが何を考え、何を感じて生きているかわかるわけがない。
子供と目を合わせ、
何があってもあきらめない、何かを貫く姿勢を見せるということは、とても重要だと思った。

デート・ウィズ・ドリュー MY DATE WITH DREW 

2008年01月25日(金) 18時52分
目的は、たったひとつ。
それは、ドリュー・バリモアとのデート。
それを実現させるために奮闘する男性が、友人たちとハンディーカメラで撮った映画。


冷静に考えたら、相手は、ハリウッドの大スター。
普通は無理だと、実行する前にあきらめてしまうだろう。
しかし、チャレンジしてしまう彼ら。


友人たちも何をバカなことを、と、けなすこともなく、ノリノリなのである。
一見、現実味がなさそうな夢を実現させるために、奔走する彼らに、
画面の前で応援している自分。


どんな状況でも、夢は、自分次第でどうにでもなるんじゃないかと
思わせてくれる作品でした
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像たむら
» デート・ウィズ・ドリュー MY DATE WITH DREW (2008年01月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:karorin
読者になる
Yapme!一覧
読者になる