カードローン 明細書について 

May 17 [Fri], 2013, 14:41
お金の使い道が自由なカードローンは、1枚持っていると大変心強いもので、いざという時にとても便利なものです。
近年では、消費者金融だけではなく、ネット銀行をはじめとする銀行や信用金庫、労働金庫などでも用意されているものです。

カードローンの契約を行う際の条件などは、それぞれの金融機関の個性があり、違いがあります。
通常では、カードローンの申し込み時に、前年度の収入証明などを提示する事が多いものですが、借り入れの限度額が低い場合などには、収入証明書を必要としない金融機関も増えてきています。

私がおすすめなのはこちら!⇒http://www.zvakwana.org/card/entry20.html
メガバンクの1つ、三井住友銀行が運営するカードローンです。
消費者金融はちょっと抵抗があって借りにくく感じる方でも三井住友銀行から借りるなら安心できますね。

以前ならば、一般的に借入の申し込みを行えるのは、勤続年数が最低でも1年以上などと言う制限がある所が多かったものですが、金融機関の中には、勤続年数が1年未満の方の場合にでも、契約を承認してくれるところもあります。

そのような場合には、申込みした前月度からさかのぼった3か月分の給料明細を提示する事もあります。
正社員での雇用体制の方の場合ならば、賞与の分の明細書も提示されることで、借り入れの限度額を引き上げる事も可能です。

消費者金融 返済について 

May 10 [Fri], 2013, 11:25
消費者金融を利用すると、返済できなくなって自己破産をするという人もいるようです。
人生において、キャッシング、ローンを利用しない人はいないと思いますが、消費者金融に限らず返済をしていくのは大変なことではないでしょうか。
誰でも社会人になって働くようになってから、お金の大切さを実感するのではないかと思います。
独身や実家暮らしならお金に苦労することは結婚した人や一人暮らしの人に比べて少ないかもしれませんが、普段の生活費のなかから返済に充てる分が出ていくのは結構きついものです。
毎月数万円程度の借金返済をしていくと、何のために働いているのか疑問を感じるかもしれません。
消費者金融から借り入れをしている場合、早期返済ができれば利息も少なくて済みます。
また、副業を始める人もいるかもしれません。
早く完済するために、節約だけではなく収入を増やすための資格を取ったり転職をしたりすることもできるので、無理をしない範囲で頑張っていきたいものです。

返済方法の種類について:一括払い 

January 31 [Thu], 2013, 14:02
借入の返済方法についてですが、一括払いについてです。
一括払いだと、金利がつかなかったり、分割よりも安いコトが多いです。
そのため、借入れをしたお金については、一括払いで返済をすると金利を安くすることができ、返済金額をトータルで見るとかなりお得です。返せないなら借りなきゃいいだろう、と言うのは、個人や中小企業に言えることになります。
そのため、借入れの返済は、返せる額を一括で借りる、極力抑えることが必要になります。
借入れられるからといって、その金額を増やしてしまうと、返済で毎月経営にしても、家計にしても苦しくなるのが関の山です。
そこで、一括払いできる見通しのつく額を一括払いで借入れると言うのが、最もお金を借りる際に返済の楽な方法になります。
ある時払いの無いときなしでは、生活も経営も成り立ちません。
そのためにも、普段から節制が大切だということがわかります。
一括払いがキツイから、無理のない返済方法で金利がついても毎月の支払い金額が少ない方がよいのであれば、分割払いの方がよいコトが言えますが、この方法だと、借金のトータル金額を増やしていることに他ならないのです。
住宅ローンでも同じことが言えますが、なるべく自己資金を多く貯めておいて、借りる際の返済を楽にするようにしておくのが最もよい方法です。
それができないから、お金を借りるのではなく、借りる前にある程度我慢をして貯めておくということが必要になります。

お金を借りるなら借入123がおすすめです。

借入先を選ぶ時のポイント:低金利 

January 31 [Thu], 2013, 14:01
現在では消費者金融は、テレビや広告などで一般生活に馴染んでます。
ただ、やはり初めてキャッシングサービスを利用するのは、心配です。
借入条件をしっかり調べなければなりません。
大手借入先と言えば、10社以上はありますが、やはり初心者は低金利で選びたいところです。
@プロミス/実質年利6.3%〜17.8%  
A新生銀行カードローンレイク/実質年利4.5〜18.0%  
Bアコム/実質年利4.7%〜18.0%  
Cオリックス銀行カードローン/実質年利3.0%〜17.8%  
D三菱東京UFJ銀行カードローン/実質年利4.6%〜14.6%  
Eノーローン/実質年利9.5%〜18.0%  
などが、キャッシングサービスの中でも、わりかし低金利です。
特に最後の、ノーローンは、1週間以内なら、何度でも無利息で借りれますので、給料日前などに、急にお金が必要なときは、非常に便利です。
個人向け無担保のカードローンとしては、やはり、オリックス銀行カードローンでしょう。
業界最高水準の低金利です。
因みに私は、借入はノーローンをたまに使ってます。
又、今なら新生銀行カードローンレイクは、『借入5万円まで、180日間利息0円(2013年3月13日まで)』というキャンペーンも行ってます。
中には、少し金利が高めの借入先もあります。
あくまで法律に則った金利(上限金利・年29.2%)を適用しているのであれば問題は無いですが、自分のスタイルに合わせて、返しやすい条件がそろった借入先を選ぶと良いでしょう。

返済方法の種類について:リボルビング払い 

January 31 [Thu], 2013, 14:00
リボルビング払いと言えば、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、よくCMなどで聞くリボ払いという言葉なら知っている方が多いと思います。
消費者金融で借入した場合の返済やクレジットカードで買い物したときの支払い方のひとつです。
一括払いとは文字どおり、支払い期日に一度に請求金額を引き落とされる支払い方です。
一方リボルビング払いとは、毎月あらかじめ指定した一定額が引き落とされる方法です。
リボルビング払いは借入れ金額の残高全体を毎月一定額返済し合計借入残高を減らしていくことができます。
ただ、リボルビング払いには借入が増えても返済額が変わらないため借金をしている意識が薄れ過剰に借入したり、利息の負担が増えるなどの問題点があります。
このため消費者金融で借入やクレジットカードでの買い物の返済をリボルビング払いにすると多重債務に陥るケースもあります。
リボルビング払いは定額方式、定率方式、残高スライド方式の3つの種類にわけられます。
定額方式はあらかじめ指定した一定金額を支払う方法で、定率方式は毎月の借入残代を確定し指定した割合で支払う方法です。
もうひとつの残高スライド方式は借入残高に応じて段階的に返済金額や割合を変更し支払う方式です。
残代スライド方式では定額払いと定率払いの長所を組み合わせることで定額払いと定率払いの欠点を補えるといえます。
リボルビング払いは返済総額がわかりにくくおそれもあり利息も発生することから、支払い方法をリボルビング払いにする際にはしっかりした自己管理と返済計画が必要となってきます。

返済方法の種類について:元金均等方式 

January 31 [Thu], 2013, 13:59
住宅ローンなどの各種ローン、または借入などの返済方法の一つである元金均等方式とは一体どういう方法なのでしょうか?
ローンや借入には、それぞれ色々な返済方法あります。
そこで、元金均等方式または、元金均等返済を説明すると、毎回の返済額が元金を均等割にした額と利息の合計となる利息の算出方式です。
借入した場合、必ずついてくる利息ですが、元金の減りに対して利息も減るために、初めの支払い額は多いですが少しずつ少なくなっていき、後の負担も軽くなるというわけです。
対して、元利均等方式というのは、その名の通り元の金利は変わらずに毎月払い続ける方法のために、元金均等方式と比べるとやはり、最終的に負担も大きくなります。
もちろん、借入額によって毎月の支払い額も違ってくるので、一概にどちらの返済方法がいいのかを判断することはできませんが、簡単に説明するとすれば、毎月の支払いを一定額で返済したい人は元利均等方式、初めは支払い額が多くても、返済総額を抑えたい人、もしくは、後々の支払い額を少なくしたい人は元金均等方式にするのがいいでしょう。
ただ、住宅ローンを例に出して言うとすれば、借入額は1000万円単位になります。
2000万円借りて2.5%の年利、20年で返済するとした場合、元金均等方式では総額25,020,833円の返済になるのに対し、元利均等方式では25,435,339円になり、その差額414,506円元金均等方式の方が少ないということがわかります。
ローンを組む時、大口の借入をする時は返済方法も考えた上で計画を立てたほうがいいでしょう。

借入する際に留意するべき事:収入 

January 31 [Thu], 2013, 13:58
事情があり、貯蓄している金額以上にお金が必要となってしまう場合は、生活していたら誰にでもあるでしょう。
その場合、知人や友人に借りてもいいのでしょうが、それでは気が引ける人も多いのではないでしょうか。
そういう時には、ローンを組んだり、クレジットカードのキャッシングを利用して借入たり、金融機関でお金を借入たりすると便利で、気兼ねがありません。
ローンでは用途が決まっていたり、申し込みに時間や手間がかかってしまうでしょう。
クレジットカードのキャシングでは、金額が足りない。
そういう場合は、金融機関から借入するのが自分の希望に合っているのではないでしょうか。
しかし、金融機関からでも無尽蔵には借入できません。
申し込み時の契約で上限の金額が定められているでしょう。
上限の基準の一つに、総量規制というものがあります。
それは、借入の申込をする人の収入により、上限が決定するものです。
基本的には年間の収入の三分の一になります。
ただし、総量規制は個人に向けての借入が制限される規制となりますので、法人への借入は対象外となっています。
収入が多い人程、たくさん借入をすることができる可能性があります。
しかし、カード会社の審査結果などによっては、三分の一より低い金額が契約の上限となることもありますので、注意が必要です。
また、総量規制には除外になる貸付もありますので、自分が借りて使用する用途が総量規制の除外になるのかどうか調べてから、申し込みをするのが良いでしょう。

借入する際に留意するべき事:返済計画 

January 31 [Thu], 2013, 13:57
長い人生のなかには、様々なイベントがあります。
就職や結婚、出産、進学、クルマや家の購入、親の介護、子供の結婚・・・
人生の節目とも重なるそれらのイベントでは、大きな出費を伴うこともあります。
全員が人生の初めからしっかりとしたライフプランを立て、計画通りにイベントが起こり、積み立てた貯蓄ですべてをまかなえるなら何の心配もありません。
しかし、実際は予期せぬイベントや、計画通りにはいかないことが多々あります。
特に、教育費や住宅購入資金などは額も大きく、長期にわたり人生に影響してくるところです。
そのため、借入で対応する場合もあるでしょう。
教育費であれば「教育ローン」、住宅購入資金は「住宅ローン」を借入するケースが多くなります。
その場合、しっかりとした返済計画が必須となります。
そのために、現在の収入と支出をしっかりと把握することからスタートします。
そして、支出については、無駄や節約できるところはないかをチェックします。
最初は固定費の削減です。例えば、クルマを複数台所有していれば、減らせないか検討します。
1台減らせば、税金や保険料、車検代、駐車場代などの固定費が年間数十万円減らせます。
他にも通信費や保険料なども見直しの対象です。
次は変動費の削減です。
被服類や嗜好品の購入など、減らせるものはありませんか?
このように支出をしっかり見直して削減すれば、返済に回せるお金を増やせます。

支出が減らせたら、次は収入が増やせないかを検討します。
専業主婦の奥様であれば、パートに出ることはできませんか?
パートに勤めてみえる方であれば、働く時間を増やすことはできませんか?

月々の返済計画をしっかり決めたうえで、このように支出の減少や収入の増加ができれば、借入を繰上返済できます。
以上のように、借入に際しては、収入や支出の状況を見極め、しっかりとした返済計画を立てることが重要となります。"

無担保ローンって何? 

January 17 [Thu], 2013, 17:04
ローンの中には、有担保ローンと無担保ローンがあります。
このうち有担保ローンというものは、おなじみの住宅ローンやカーローンなどです。
例えば住宅ローンなら、家を担保としてお金を借りますね。
つまり、その家の価値の分だけお金を借りられるわけです。
もし途中で返済ができない状態になれば、家は担保として差し押さえられます。
カーローンの場合も同じで、借金を返済し終わるまでは所有者はローン会社になっています。
実際車に乗っている人は、所有者でなく使用者とされています。
これに対し、無担保ローンとは、担保を設定せずにお金を借りることを指します。
キャッシングやカードローンを借りるときにいちいち担保を設定しませんよね。
ですからこれは無担保ローンと言うことになります。
無担保ローンは担保を設定していないので、返済ができない状態になっても差し押さえるものがありません。
ですから、有担保ローンと比べて業者側のリスクが高いローンということになります。
ですから、住宅ローンなどと比べると利息が高い傾向にあります。
また、無担保ですからそんなに高額の融資はできません。
そして有担保ローンは担保の価値に応じて融資額が決まりますが、
無担保ローンの場合はその人の属性によって融資額が決まると言っても過言ではありません。
大手企業に勤めていて年収も高い人なら融資額も大きいですし、
パートやアルバイトで年収が低い人などは融資額が低いということですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:借入博士
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる