高血圧にご注意!

September 30 [Tue], 2008, 9:29
40歳以上、健康上リスクの自覚少ない――世界10カ国調査で判明

Morristown, NJ, Sept 29, 2008 - (JCN Newswire) - 世界10か国の40歳以上を対象にした調査で、多くの人が、自分は健康上のリスクを冒した生活をしていないと考えているのに対し、実際の生活習慣ではリスクが高い行動が含まれており、認識との間に大きな差があることが明らかになりました。

調査はアルゼンチン、カナダ、中国、ドイツ、イタリア、日本、メキシコ、韓国、スペイン、および米国で実施しました。

全体的に見ると、回答者の約半分以上が、自分は世界一の死因である心血管系疾患(CVD)などのリスクは冒していないと答えています。国によりますが、回答者の約半分から4分の1の人はCVDリスクが高い状態にありましたi。しかし、ほとんどの国でCVDのリスクが高いと考えられる人のうち4分の1以上が、低用量アスピリンの予防効果について医師と相談したことがないと回答しました。

さらに、各国の回答者の多くが、血圧値やコレステロール値のチェックには気を遣うにもかかわらず、50歳以降の定期的な乳房X線写真(マンモグラフィ)、前立腺癌検診、大腸内視鏡検査やその他の検査を怠ったり、高血圧症や脂質異常症で処方された薬の服用をしていません。

米心臓病協会(AHA)と他の2つの主要な保健組織による報告や、Circulation誌とDiabetes Care誌に掲載された記事によると、アスピリン服用、減量、脂質管理、血圧管理、禁煙などの適切な予防行動により、心筋梗塞の発症を30年間で36パーセント減少できるといわれています。さらに、米国医師会(AMA)は7月、心臓病と脳卒中予防を目的に適切なアスピリン・カウンセリングを行うことの重要性を、医師教育の中で強調するよう方針を出しました。AMAは、患者さんの治療にアスピリン・カウンセリングを適切に組み込んだ場合、心臓病と脳卒中の発生の減少に役立つと述べています。

調査結果は本日、心血管系疾患(CVD)の予防策の普及と啓発を行う世界的なキャンペーンである、世界心臓連合の「世界ハートの日2008」に合わせて発表されました。世界ハートの日2008は9月28日に開催されます。今年のテーマは「自分に潜むリスクを知ろう」で、高血圧症など、心血管系疾患の危険性について理解を深めてもらうことが中心です。キャンペーンの一環として、一般の方を対象とした心臓チェックなどの活動が、世界100か国以上で企画されています。

バイエル ヘルスケア社グローバル研究開発のシニア統括責任者であるウェス・カトナロウスキー医師は「世界ハートの日の開催に際し、この調査から、危険因子についての啓発や、心血管系疾患のリスク管理に関し、行うべきことがまだ多くあることが分かりました。疾患予防に向けて生活習慣を変えること、また、低用量アスピリン療法などの確立されたリスク管理がいかに重要性であるかについて、医師と患者さんが密に相談できるように、世界心臓連合、AHA、AMAなどの世界中の組織が努力しているのと同様、この報告が役立つことを願っています」と述べました。

リスク上昇と認識の差
10か国調査によると、かなりの回答者(最低は韓国の23パーセント、最高は米国の42パーセント)が、自分はCVDのリスクが高いと答えています。調査割合から、リスクを抱える男性40歳以上と女性50歳以上の総数を(抽出元の人口を参考にして)推計すると、驚くべき人数となります。例えば米国では最大4780万人、ドイツでは1260万人、日本では1420万人が、CVDのリスクが高いと考えられますii。

心臓発作や脳卒中の危険因子について、調査結果では全体的に、回答者は「自分はよく知っている」と評価する傾向がありました。 しかし、ここにはいまだ大きな差があります。 ほとんどの国で、心臓発作の危険因子に関しては5人に1人以上が、脳卒中のリスクに関しては4人に1人以上が「知識があるとはいえない」と答えています。そして、ほとんどの国の回答者(74パーセント以上)は、心筋梗塞や脳梗塞の再発を防ぐアスピリンの効果と、急性心筋梗塞に服用した場合、救命に有効であることはよく知っていますが、CVDのリスクが高いと思われる大多数の人は、アスピリン服用について医師や医療従事者と一度も相談したことがないと答えています。これは、韓国、スペイン、ドイツ、イタリアなどの国では3分の1以上から半分近くを占めました。

健康リスクについて−各国の比較
以下はこの調査で明らかになった、リスクが高い人に関する最高値と最低値です。

- 10か国の回答者は一般的に、健康に関して正しい行動をしていると考えています。最高は韓国の70パーセントで、最低は日本の23パーセントです。

- 回答者の約4分の1から半数が、定期的な乳房X線写真(マンモグラフィ)、前立腺癌検査を怠っています。22パーセント(日本)から36パーセント(イタリア)が、50歳以降、大腸内視鏡検査とその他の検査を怠っていると答えています。

- 薬を服用しない人は、ドイツの17パーセントから韓国の50パーセントまでに及びます。特に、中国と韓国の39パーセントが、降圧薬や脂質低下薬の服用を忘れると答えています。全体的に見て、回答者の12〜39パーセントは、このような心血管系疾患治療薬の服用を忘れてしまうことを認めています。

- 10のうち9カ国(中国を除く)で、回答者の大多数が喫煙はリスクを高めると考えているにもかかわらず、22パーセント(中国)から38パーセント(ドイツ)が喫煙者、または時々喫煙しています。

- 最高53パーセント(米国)から最低33パーセント(アルゼンチン)の人が、定期的なインフルエンザの予防接種をしばしば受けないと答えています。

- すべての国で回答者のほとんどが、定期的に、または時々運動すると答えており、中国、メキシコ、韓国、カナダ (それぞれ80、78、75、75パーセント)では、もっと積極的に行っています。

- 健康問題以外では、多くの回答者が生活のどこにリスクがあるかを認識していると答えています。健康状態に関係しない7つの行動のうち、カナダと米国を除くほとんどの国では、日常生活において最も危険な行為は、シートベルトをせずに制限速度をオーバーして運転することと認識されていました。カナダと米国では、スカイダイビングが危険な行動の第1位で、スピード違反はランキングの下位でした。

調査方法について
調査は北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジアの10カ国(アルゼンチン、カナダ、中国、ドイツ、イタリア、日本、メキシコ、韓国、スペイン、米国)において、3,000人以上の消費者を対象に行われたオンラインパネル調査プロジェクト(GMIが実施し、バイエル ヘルスケア社が出資)です。各国ごとに40歳以上の男女約300人が回答しました。

世界ハートの日(World Heart Day)について
心臓病と脳卒中は世界一の死因であり、死亡数は毎年1750万人です。 世界ハートの日は、心臓病と脳卒中のリスクに対する一般の方々の意識向上と、予防の実践を進めるために創設されました。 世界ハートの日2008は「自分に潜むリスクを知ろう」をテーマに、世界心臓連合とパートナーが中心となって2008年9月28日に開催され、ウオーキング、ランニング、講演会、科学フォーラム、展示会、コンサート、スポーツイベントなどの行事が行われます。詳細に関しては、 www.worldheartday.com をご覧下さい。

アスピリンについて
数世代にわたり試験が繰り返されたアスピリンは、史上最も広く研究された薬剤の1つであり、豊富な臨床的実績を誇ります。 アスピリンには110年間、あらゆる投与量での有効性と安全性が検証された歴史があります。 20万人以上の患者さんによる200以上の臨床試験で、様々なタイプの心血管系疾患(CVD)におけるアスピリンの有効性と安全性が評価されてきました。これら臨床試験や実経験に基づき、アスピリンは心筋梗塞や脳梗塞を初めとしたCVD予防のための薬として知られています。

アスピリンの基本的な効果は、世界の科学団体によって支持され続け、数々の国際的または各国の医療ガイドラインにより、CVDの一次、二次予防(日本においては二次予防)を目的とした投与が推奨されています。最も効果的なCVD予防薬剤の1つであると世界的に認められているアスピリンは、広く一般に普及しており、費用面でも優れています。

すべての薬剤と同じく、アスピリンは誰でも服用できる薬とは限りません。患者さんは医師とよく相談の上、服用の開始や用量の調節を行って下さい。

本資料は、9月22日にバイエル ヘルスケア社が発表したプレスリリースの抄訳です。

i 回答者の健康と習慣に関する個人記録の分析には、フラミンガム・リスク・カリキュレーター(Framingham Risk Calculator)の一部を用いました。フラミンガム・リスク・カリキュレーターは、年齢、性別、循環器系疾患の既往歴や、高コレステロール、血圧、糖尿病などの危険因子の有無、また、喫煙、心臓疾患の遺伝的要素など、一連の因子に基づき、個人のリスクを評価する測定方法です。
ii 男性40歳以上と女性50歳以上の人口については、米国は2007年、日本とドイツは2000年に各国の国勢調査当局が発表したデータに基づいています。

将来予想に関する記述 (Forward-Looking Statements) このニュースリリースには、バイエルグループもしくは各事業グループの経営陣による現在の試算および予測に基づく将来予想に関する記述 (Forward-Looking Statements) が含まれています。さまざまな既知・未知のリスク、不確実性、その他の要因により、将来の実績、財務状況、企業の動向または業績と、当文書における予測との間に大きな相違が生じることがあります。これらの要因には、当社のWebサイト上(www.bayer.com)に公開されている報告書に説明されているものが含まれます。当社は、これらの将来予想に関する記述を更新し、将来の出来事または情勢に適合させる責任を負いません。

バイエル・シエーリング・ファーマ社について
バイエルグループの一員であるバイエル・シエーリング・ファーマ社は、世界的なスペシャリティ医薬品企業です。画像診断薬、ジェネラルメディシン、スペシャリティメディシン、ウイメンズ ヘルスケアの4領域に注力し、研究開発及び事業活動を展開しています。バイエル・シエーリング・ファーマ社は、その革新的な製品で、世界のスペシャリティ医薬品市場における主導的ポジションを目指します。そして、新しいアイディアを活かして医療の進歩に貢献し、人々のクオリティ・オブ・ライフの向上に努めます。
www.bayerscheringpharma.de

メタボは大変!

September 29 [Mon], 2008, 16:57
40代メタボは家計にも打撃 20年間で医療費118万円
3月20日 10時00分 コメント(10) コメントする
 4月より、40歳から74歳までのすべての被保険者・被扶養者を対象に、メタボリックシンドロームの予防、改善を目的とした「特定健康診査・特定保健指導」が始まる。

 株式会社日本医療データセンターは、保健指導対象者の階層化基準で、40代「積極的支援レベル」に該当する人は、その後の20年間で1人あたり医療費は約395万円、うち自己負担3割分で118万円かかるとの試算結果を発表した。

 積極的支援レベルとは、腹囲が「男性で85cm以上、女性で90cm以上」又はBMIが「25以上」で、かつ健診結果の項目で基準値を超えているものが、前者で2個以上、後者で3個以上ある場合を示し、肥満と生活習慣病罹患リスクが高い状態の人が該当する。このレベルの人の年間医療費(自己負担3割分)は、40代で4万7,490円、50代 で7万1,219円。これに対して、リスク数の少ない「情報提供レベル者」の年間医療費は、40代で2万8,856円、50代で5万2,587円であったことから、健康を保つことが家計に及ぼすダメージも小さく抑えられることが明らかとなった。

 この結果は、日本医療データセンターが契約する健康保険組合に加入する30〜50代の健診受診者56,662人のデータを厚生労働省が示す基準で階層化し、レセプトデータで病院受療者の年間医療費を個別に集計。階層集団別の年間医療費の平均値からシミュレーションし、判明した。

沖縄がメタボリック対策の・・・

September 28 [Sun], 2008, 20:18
 「健康で楽しい毎日を!沖縄の健康長寿復活のために」をテーマに、「沖縄健康プロジェクト」市民公開講座(主催・琉球新報社、特別協賛・大塚製薬)が27日午後、那覇市泉崎の琉球新報ホールで約300人が参加して開催された。肥満者の割合が全国一高い沖縄の現状を踏まえ、無理せず、あきらめずに減量に取り組み、メタボリック症候群を解消していく必要性が強調された。
 座長を務めた大屋祐輔琉球大医学部准教授の問題提起に続いて、尚弘子琉球大名誉教授(元副知事)が「食文化と健康長寿」の演題で基調講演。「沖縄の伝統食の良さを見直し、医食同源の意識を高めるとともに、食物繊維を多く摂取して、正しい生活習慣を心掛ける必要がある」と指摘。「摂取したエネルギーと消費エネルギーのアンバランスによって太る。食事と運動のバランスを考慮しなければならない」などと述べた。
 体重の5%を90日間で減らす「はらすま(腹をスマートに)ダイエット」について基調講演した中川徹日立製作所日立健康管理センター主任医長は「毎日体重を量り記録をつけるだけでも成功だ。歯を食いしばらず、あきらめずに続けることが大切だ」と話した。
 パネルディスカッションでは田仲秀明・田仲医院院長、崎原永辰那覇市医師会生活習慣病検診センター副所長、下地洋子県栄養士会会長、石垣裕美豊見城中央病院保健師らに加え、「おとうダイエット」に応募し3カ月で6キロ以上の減量に成功した冨山久仁雄さん(那覇市)が登壇。「体重計に乗るのが楽しみになり、子どもからもすごいと言われた」などと成果を話した。

メタボリック親爺!

チョコレートでダイエット!

September 27 [Sat], 2008, 6:24


米国ニュースに注目される健康チョコレート
チョコレートでダイエットなんて信用してなかった。

アメリカで流行っているのは知ってたけど…
血糖値があがるだろうし…肥満になるのだろう…!


ところが、全記事でご説明したように、チョコレートの中のカカオが
血管を広げる効果があると言う。


そして、1粒のチョコレートである。
早速、近くのコンビンニに行ってカカオが一番が入っているのを買った。
そして、一粒…なんか幸せな気分です…この甘さ!


これで、ダイエイットまでできるのなら…魔法のチョコレートです!
あくまでも…ひと粒ですよ!


もうハゲとは言わせない!薬物系育毛剤・シャンプーを使わない超育毛術
『極楽育毛革命』






自動車保険一括見積り - 保険市場Autos

保険比較の保険市場




脳卒中は何故?

September 25 [Thu], 2008, 6:32

○「手首高さガイド」付で正確さアップ。
『オムロン デジタル自動血圧計 HEM−637IT 1台』《送...



あなたも高血圧症ですか?
自覚症状のない高血圧症を毎日の忙しさに…?
怖い病気なのは、知ってますよね…?


高血圧でも医療機関「受診しない」が4割――脳卒中に関する意識調査

ファイザーは、全国の40歳以上の男女4,700人を対象として脳卒中に関する意識調査を行い、その結果を公表した。LDLコレステロールの検査値が高いなど、脳卒中の危険因子を持つ人でも予防の意識は低いこと、脳卒中への関心は地域差が見られることなどが明らかになった。

脳卒中の危険因子としては「高血圧」の認知度が最も高く、全都道府県で90%を超えていたが、自分が高血圧だとわかっていても医療機関を受診していない人も38.0%に上った。また、LDLコレステロールの検査値が正常範囲より高いにもかかわらず、そのうちの57.8%の人は医療機関を受診していない。医療機関を受診しない理由の第1位は、「生活習慣を変えることで改善しようと思ったから」だが、実際に改善に取り組んで継続できている人は約半数にとどまっている。

全国的に脳卒中の理解度は高いといえ、7割以上の人が「だいたいどのような病気か知っている」と回答しているものの、「いわゆる高血圧と診断される値はいくつだと思いますか?」という質問に対して、「収縮期140mmHg以上、拡張期90mmHg以上」と正しい基準値を選択した人の割合は38.7%にとどまり、全国で6割以上の人が正確に把握していないことがわかった。正しい血圧値を選択した回答者の割合が最も高い県は53.0%の新潟県、最も低い県は26.0%の石川県だった。

「TOKYO体操」は五輪招致の機運の盛り上げと、若い世代の運動不足解消を目的に作られた。難しいステップなどもあり、ラジオ体操に比べて激しい動きも盛り込まれたのが特徴だ。
 また、年配者も含め幅広い世代が楽しめるよう、椅子に座った状態でできるやさしいバージョンもあり、肩こり解消やメタボリック対策として無理なく続けられる健康体操としての普及を目指している。


もうハゲとは言わせない!薬物系育毛剤・シャンプーを使わない超育毛術
『極楽育毛革命』






自動車保険一括見積り - 保険市場Autos

保険比較の保険市場











http://metabo3439.jugem.jp/

高血圧症の対策は

September 24 [Wed], 2008, 6:21


鶴見辰吾 『熱中時間 〜忙中"趣味"あり〜』感動の大団円編


ブログ検索のテクノラティジャパン

高血圧症の血圧は、そと時の環境・状況に大きく左右される。
つまり様々な心の動揺で変化する血圧


中高年の2〜3人に1人は高血圧症。
自覚症状がないので、日々の検診が必要…!


多くの心臓病・脳卒中の要因とされていますね!

高血圧症の対策は以下に…カンポ生命生活習慣病BOOKから
1、塩分控えめです…サルでもしおってますね?
2、肥満を防ぐ
3、ストレスをため込まない
4、喫煙・飲酒を火う変える。


さて、他のメタボリック症状・がん等の対策を見てみました。
脂肪異常症…3、肥満の解消し禁煙を実行
糖尿病…5、ストレスは上手に解消
がん…1、禁煙を実行する
肝臓病…1、お酒は控えめに・3、太っている人は減量
痛風…4、ストレス解消に努める
肥満…4、お酒はほどほどに

ここで、ストレス・禁煙・禁酒は多くの生活習慣病の対策となっていますね!

まず、ストレスを解消するためには、自分の夢中になれる世界を想像することだと思います。
ここで、趣味のサイト紹介しましょう!
ゴルフ…みんなのGOL.net
釣り…魚とあそぼう海釣り情報
釣り…趣味の渓流釣
ボランティア…シニア海外ボランテア

フィリピン英語留学…シニア向けお気楽英会話留学









保険比較の保険市場


保険比較の保険市場

この人もストレスからメタボリック!

September 23 [Tue], 2008, 6:38

花王ヘルシア緑茶 350ml×24本(1ケース)


あの金さんもメタボでしたか?
やはりメタボリック対策は、食事療法…!

しかし、最大の問題は、ストレス!…そう感じます!

ストレスの解消法は、自分の時価を作ること…!
自分が集中出来る時間を作る!つまり、夢を見たり!趣味に没頭すること!

金総書記の三男も健康悪化か「高血圧と糖尿病」

韓国の聯合ニュースは17日、健康悪化説が流れる北朝鮮の金正日総書記(66)の
三男、正雲氏(24)も高血圧と糖尿病を患い、
今年に入ってからは活動に支障が出るほど症状が悪化したと報じた。
複数の消息筋によると、正雲氏は、2004年に母親の高英姫氏が死亡した後、
金総書記の4番目の夫人、金玉氏の強い後押しを受けているが、政治的野心が強く、
そのストレスを解消するために酒におぼれ急速に健康が悪化したという。
長男の正男氏(37)も心臓疾患を抱え、治療のために欧州を頻繁に出入りしているとされる。

医者が選ぶ【白髪対策サプリメント】









これが動脈硬化の恐ろしさ!

September 22 [Mon], 2008, 22:49


幹線道路の近傍住民、動脈硬化の頻度増。

動脈硬化は、血流の途絶えた組織や臓器は、本来の機能が停止してしまいます。
生命にかかわる危険な状態になります。
動脈硬化は、その発症場所によって、特徴的な症状が見られます。


動脈硬化の起こりやすい場所のベスト3は、「心臓」と「脳」と「足」です。
動脈硬化の症状は、誰もが普段の生活の中で、
感じやすい症状なので放置される可能性が高くなります。
2〜3日続くようであれば、
病院に行ってください…!

心臓の動脈硬化の可能性を示す症状
・明け方に、寝ていられないほど胸が苦しい
・階段を昇り降りすると動悸がする
・重い荷物を持って歩くと息苦しくなる
・走り出した時に胸が苦しくなる
心臓の症状は、「胸が痛い」、「胸が苦しい」、「息ができない」と表現する場合が多いようです。

脳の動脈硬化の可能性を示す症状□手足がしびれる
・手足に力が入らない
・箸を「ポロッ」と落とす
・突然、目が見えにくくなる
・ろれつがまわらなくなる
・しゃべりづらくなる
・めまい・頭痛が頻繁に起きる
・なかなか物事が思い出せなくなる
漢方的にいうと、右上半身・左下半身が動脈硬化の症状の出やすい部位といわれています。

足の動脈硬化の可能性示す症状
・足が冷えるようになった
・寝ていても足が痛い
・少しの刺激で傷が出来る、化膿しやすい
・歩いているとふくらはぎや太ももが痛い
・痛くて足を引きずるようになった
・ぶつけていないのに親指や小指が痛い
筋肉痛や打撲と勘違いし、シップ薬を貼り続ける人が多いので注意が必要です。中高年の男性は「足に動脈硬化ができるはずがない」と考えている人がほとんどです。

おススメのアマゾン動脈硬化関連!









メタボリックシンドロームの教科書とその対応
メタボリックシンドロームBLOODCOM
メタボリックシンドローム健康生活COM
メタボリック緊急時の対応生活
メタボリックシンドロームYAHOO
メタボリックシンドローム症候群
メタボリックと成人病
血液サラサラコム
メタボリックシンドローム
MYプライベートサイト
メタボリック・・・成人病
メタボリックシンドロームとの闘い
メタボリックシンドロームの秘訣
メタボリック対応
肥満王国・・・肥満大王
メタボなブロガー
骨ブーツとメタボリック
メタボリックシンドロームとの闘い
メタボリックシンドローム
メタボリックシンドロームLIFE
メタボリックシンドロームOK!
メタボリックシンドロームからの脱出
メタボリックな人生 
メタボリック親爺
メタボリック予備軍
肥満がメタボリックに
肥満はストレスメタボリック
メタボリックシンドロームと私のキーワード

アステラス製薬、高血圧治療薬ミカルディス

September 14 [Sun], 2008, 15:01
アステラス製薬、高血圧治療薬ミカルディス(R)の心血管イベント抑制効果が明らかに

Munich, Sept 2, 2008 - (JCN Newswire) - 欧州心臓病学会(European Society of Cardiology: ESC)でこのほど、高血圧治療薬ミカルディス(R)のアウトカム試験TRANSCEND(R)*の結果が発表されました。TRANSCEND(R)(Telmisartan Randomised AssessmeNt Study in ACE-iNtolerant subjects with cardiovascular Disease)は、ONTARGET(R)試験に並行して実施された試験で、ACE 阻害薬に忍容性の認められない心血管イベント高リスク患者5,926 人(40 ヵ国)を対象に、ミカルディス(R)群のプラセボ群に対する心血管イベント抑制効果および忍容性を検討したものです。

抗血小板薬、スタチンなどの標準的治療が施された上に、ミカルディス(R)またはプラセボ群ともにRAS 抑制薬以外の降圧薬の併用が認められていたことも、試験の特徴として挙げられます。

TRANSCEND(R)試験により、ミカルディス(R)(テルミサルタン)群はプラセボ群と比較して、心血管イベント高リスク患者での心血管死、心筋梗塞、脳卒中発症リスクの抑制効果が13%高いことが証明されました(p=0.048)1,2。

なお、これら評価項目は、2000 年に発表されたACE 阻害薬*(ラミプリル(R)国内未承認)についてのアウトカム試験HOPE で規定された主要評価項目に準拠しています。TRANSCEND(R)試験ではまた、ミカルディス(R)の服薬中止率が低い傾向にあり、忍容性についても高いことが示唆されました1。

*ACE 阻害薬 アンジオテンシン変換酵素(ACE)を阻害する高血圧治療薬

TRANSCEND(R)試験は、主要評価項目に心血管死、心筋梗塞、脳卒中、心不全による入院の複
合エンドポイントを据えました。有意差までは示されなかったものの、心血管イベント発症はミカルディス群で8%抑制されました(p=0.216,HR 0.92)1。複合エンドポイント到達患者数に直すと、プラセボ群の504 人に対して、ミカルディス(R)群では465 人にとどまるという結果でした。

ミカルディス(R)は心血管イベントによる入院数を有意に減少させました(894 対980, p=0.025)。

なお全般的に、ミカルディス(R)の心血管イベント抑制効果は、長期間治療を受けるほど大きくなることも示されました1。

ONTARGET(R)臨床試験プログラムの治験統括医師、マクマスター大学(カナダ/オンタリオ州ハミルトン)のサリム・ユサフ(Salim Yusuf)教授は、「本年3 月に発表されたONTARGET(R)試験の結果により、ミカルディス(R)にはACE 阻害薬ラミプリルと同等の心血管イベント抑制効果と、より高い忍容性があることが示されました。今回のTRANSCEND(R)試験の結果は、ACE 阻害薬に忍容性のない心血管イベントの高リスク患者にとって有意義な結果です」と、コメントしました。

リッチフォードゲート医院(イギリス/ロンドン)のサラ・ジャービス(Sarah Jarvis)医師は、この試験結果が臨床医師にもたらす意義について、「高リスク患者の5 人に1 人でACE 阻害薬に忍容性が無いにもかかわらず、効果の認められているACE 阻害薬ラミプリルの代替薬となる治療選択肢が無かったことは、臨床上の課題とされてきました。本試験結果は、ミカルディス(R)がACE 阻害薬に忍容性のない心血管イベントの高リスク患者を心血管イベント(心血管死、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中、うっ血性心不全による入院)から保護することを示しました。

更に、忍容性もプラセボと同等であることが科学的に証明されました。ONTARGET(R)試験の結果も併せて、有用性が証明されている薬剤を、自信を持って処方することができます」と、見解をまとめました。

TRANSCEND 試験

TRANSCEND(R)試験は、心血管イベントの高リスク患者(55 歳以上で、冠動脈疾患、末梢動脈疾患、脳血管疾患、臓器障害を伴う糖尿病)で、ACE 阻害薬に忍容性が認められなかった患者を対象とした試験です。

TRANSCEND(R)試験はONTARGET(R)試験3 の並行試験として世界40 ヵ国で実施されました。5,926 人を対象に、ミカルディス(R) 80mg の有用性が検討されました。全世界の高血圧患者の10〜39%はACE 阻害薬に忍容性がなく、このうちの多くは、治療を中止するなどリスク管理が十分になされていません。4-6。なおACE 阻害薬全般に関連する主な副作用として空咳や血管浮腫が知られています4-6。

この試験で更に特記すべきは、対象患者の大半が標準的治療法(スタチン、抗血小板薬、βブロッカー、Ca 拮抗薬など)を受けているのにもかかわらず、ミカルディス(R)が心血管イベントのリスクを13%減少したことです。

ベーリンガーインゲルハイム取締役会副会長、医薬開発担当取締役のアンドレアス・バーナー博士は、「この10 年間で心血管疾患の治療は大幅に進歩しましたが、ミカルディス(R)により心血管イベントのさらなる抑制効果が示されました。我われは、大規模臨床試験ONTARGET(R)と並行試験のTRANSCEND(R)により、心血管疾患分野の医学的知見を向上させたことを誇りに思います。

この5 年間で約50,000 人のミカルディス(R)投与患者を臨床試験でフォローアップしてきました。累計の使用実績も全世界で2,500 万人年に及びます。ミカルディス(R)は優れた有効性と安全性、忍容性プロファイルを持ち、最も膨大なエビデンスを持つ循環器系疾患治療薬の一つです」と述べています。

心血管疾患は、世界での死因の第一位です。心血管疾患による死亡者数は年間1,750 万人以
上にのぼり、2020 年までには、おおよそ2,500 万人に達する見込みです7,8。また、心臓発作による死亡者数は年間760 万人にのぼり、脳卒中では年間570 万人に達します7。現在、心血管疾患は、世界での身体障害の主要な原因のひとつであり、2020 年までにはその原因の第一位になると予測されています8。また、高い心血管疾患リスクを有する患者の半数以上は、身体障害などのリスクを残す脳卒中を、死亡より懸念しているとの報告もあります9。

ミカルディス(R)について

ミカルディス(R)は、有効性を検証するために多くの臨床試験が実施されている、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)**のひとつです。ミカルディス(R)の心血管イベント抑制を検証するために実施している「PROTECTION 」臨床試験プログラムや大規模臨床試験プログラム
「ONTARGET(R)」、「PRoFESS」の被験者登録は、合計58,000 人を超えています。

**アンジオテンシンII受容体拮抗薬
血管拡張、抗細胞増殖などに働くと考えられている、アンジオテンシンII受容体タイプ1受容体を選択的にブロックする高血圧治療薬

ミカルディス(R)はベーリンガーインゲルハイムにより発見・開発された薬剤で、日米欧を含む84 ヵ国以上で発売されています。日本では、日本ベーリンガーインゲルハイムが製造し、アステラス製薬が販売を行ない、両社でコ・プロモーション(共同販促)をしています。日本での効能効果は、「高血圧症」です。
メタボリック親爺
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:karen3439
読者になる
2008年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像url
» メタボへ母からのメッセージ! (2012年08月16日)
アイコン画像メタボ君
» メタボリックシンドロームは・・・! (2008年11月02日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 高血圧・・・ハイプレシャー! (2008年10月20日)
アイコン画像こけし
» 高血圧・・・ハイプレシャー! (2008年10月19日)
アイコン画像真那斗
» 高血圧・・・ハイプレシャー! (2008年10月15日)
アイコン画像猫男爵
» 高血圧・・・ハイプレシャー! (2008年10月12日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 高血圧・・・ハイプレシャー! (2008年10月08日)
アイコン画像コンプ
» 腹囲だけで病気を決めているメタボリック? (2008年10月05日)
アイコン画像はにまる
» 腹囲だけで病気を決めているメタボリック? (2008年10月05日)
アイコン画像RAOSU
» メタボへ母からのメッセージ! (2008年10月03日)
Yapme!一覧
読者になる