トキハミチタリ 

2005年05月04日(水) 10時50分
もう何も言わない。 言ったって無駄。
どうせいつもの三日坊主。

書きたいときに書く。
そんなことしかできない自分が、本当はそんなに嫌じゃない。

トキハミチタリ――
また何か書きたくなって、ここに戻ってきた。

ズツウ 

2004年11月17日(水) 19時30分
頭痛――
今まで散々悩ませてくれたこの好敵手は最近ではいとおしくさえある。
一人暮らしを始めてから、パソコンの前に向かう時間が増えてから、より頻繁に現れる。

『やぁ、調子はどう?』
―よかったよ。君がくるまでは。
『それはすまなかったね』
くちびるの端に笑いが漂っている。
それには答えずに薬の箱を取り出す。
彼は表情をゆがめた。
ぷちんぷちんとわざとらしく音を立て錠剤をはじき出し、まとめて水でのどの奥に流し込む。
―さぁ、これで大丈夫。30分、ゆっくり話そうか。
『扱いがうまくなったもんだね』
がっかりしたように彼は言う。
―長い付き合いだからね。

以前は薬が効くまでの30分というのが、どうしても嫌でした。
でも今では少しだけいとおしく感じるのです。

エイガ 

2004年11月09日(火) 12時10分
特に意味はないのだけど、タイトルをカタカナで書き始めたら通例となってしまって抜け出せない…

閑話休題。
映画がとても好きです。大学はいるまではそんなことなかったんですけどネ。
友達の影響でビデオを見るようになって、そのうちに映画館にちょくちょく見に行くようになりました。
先週の木曜日も「シークレットウィンドウ」見てきましたヨ。
ジョニー・デップはさすがですね…
「パイレーツオブカリビアン」なんかでにわかデップファンになった人たちには、こういうジョニー・デップを見てほしいものです。「シザーハンズ」とか「ギルバートグレイプ」とか作品性が高いものでこそ、彼の本当の味が見えると思うのだけど…。
本人も作品性を重視しているみたいだしね。
どうでもいいけど、「デスペラート」は話題になりませんでしたね…(ー人ー)なむぅ

映画のことや、小説のこととなると話が長くなりますが…
ギルバートグレイプはストーリーもさることながら、一人の天才の証明としても大きな意味を持つと思っています。
そう、レオナルド・ディカプリオ!
彼もね、車のCMでてるような人じゃないんですよ、本当は…
「ギルバートグレイプ」や「太陽と月に背いて」このあたりの作品では彼の天性の才能のきらめきが見れます。
「キャッチミーイフユーキャン」も最近のディカプリオ氏としてはなかなか面白かったかな。

今日はたぶん「コラテラル」を見に行きます。
平日の昼間にすいてる映画館。至福の時間ですね。

ヤッパリネ… 

2004年11月02日(火) 6時15分
やっぱりですヨ
もう何日書いてなかったのやら…
PCを新しくしたって言うのもあるんですが、やっぱりきたよ三日坊主!

これからまた少しはじめてみよう…
寝ておきたらお出かけです。今日はどこ行こうかナ

オモカルイシ 

2004年09月21日(火) 17時06分
おもかるいしって知ってるでしょうか。
よく大きな神社などにあるあれです。
先日京都の伏見稲荷神社にいってきました。
大きな鳥居をくぐり、千本鳥居を目指して階段を上っていくと、最初の社にでて、絵馬の祈願所があります。
その右奥のほうにおもかるいしが2つ並んでおいてありました。
おもかるいしとは漢字で書くと重軽石。
その石に触れながら願いを心に念じ、石を持ち上げる。
そのとき石の重さが自分が考えているより軽ければ、心願はかない、重ければかなうのは先になると言うものです。
真剣に願いを思えば思うほど、願いの重さは増し、石の重さは軽く感じられるのでしょう。
横で一生懸命に祈っている老紳士を見ると、そう感じました。
わたしの結果は… 言うまでもなく(ぉ

千本鳥居を目あてに伏見稲荷に行ったのですが、あいにくのくもり空。
午後3時なのに夕暮れ時みたいに薄暗く、美しいはずの千本鳥居が人もまばらでオドロオドロしくみえました。
あまりに怖くて途中の御茶屋でひきかえしてきました…
いつか晴れた日にリトライしよう。

バクダン・ジュース 

2004年09月18日(土) 18時46分
いきなり三日坊主なことになってしまったわけだけど…
ここ数日ずっと落ち込んでいまして…
簡単に言えば、傷つけられて傷つけ返したら自己嫌悪
はぁ…文字に直してもやっぱり鬱だ…

こんなときにはバクダン・ジュース的解決が求められるわけです。
バクダン・ジュースとは―

バクダン・ジュース
とかしてよ ぼくのまわりの すべての不都合を
バクダン・ジュース
このままじゃもっとくさってくよ…。


って感じのスガシカオの楽曲の名前なんだけど
バクダンジュースの成分表はわかりませんが「強力なPoison」らしいです。
不明具合ではクラムボンと比肩しても遜色ないですね。
まぁ、バクダンジュースやクラムボンの詳しい話は、わたし捕まえて聞いてください。

「最近どこでも 比較的かんたんに 手に入る」らしいのだけど、
わたしの周りでは売っていないので、わたしは別な手段を考えなくてはいけないわけです。
いちばん簡単にうまくいく方法…
わたしが許すこと。
相手の泣いている顔とか思い浮かべるとどうしてもね…
好きな人が泣いたり悩んだりしていると思うと耐えられないから。
悪癖だと思うけど許してしまうわけです。はぁ…
嫌いな人なら「もっと苦しめ(  ̄ー ̄)」って自分でも驚くほど冷酷になれるんだけどね。

今回はこんな感じの愚痴です。ここまで読んでくれた人どうもありがとうm(_ _)m
村上春樹の『風の歌を聞け』でも、自己療養のために文章を書く、みたいな表現があるし、今回は許してやってください…

タンジョウビとコーンフレーク 

2004年09月15日(水) 10時04分
おはよーございます。
2004年9月15日。
今日はわたしの2★回目の誕生日なわけです。
事情により予定は全くないけどね…

たまには自分のために凝った料理でもしてみようかな。
とりあえずオナカヘッタ。
コーンフレークでも食べよう。

誕生日とコーンフレーク。
ちょっぴり寂しい組み合わせ。

ミッカボウズ 

2004年09月14日(火) 21時40分
日記を付けはじめたことが何度あっただろう。
そのたびに三日坊主の連続記録を更新してきたわけだけど…
性懲りもなくまた始めようと思うわけです。

正確にいうとこれはブログ。
日記とはちょっと違うわけで、思うことや感じたことをツラツラ書けばいいのでだいぶ気は楽かな。

さてさて、今日は映画館行ってきました。
ヴィレッジ
ホラーとかって好きじゃないからあまり乗り気じゃなかったんだけどね…
始まって15分…やっぱりこわい…
始まって30分…この映画にしたことを後悔…
始まって60分…ん? あれ??

だまされたー。あれ…いや、だまされてない? やっぱりだまされた!って感じです。
とっても怖いけど、最後まで見ると嫌な怖さじゃないです。
展開としてはシックスセンスに近いかな。描写も似ているね。
点数つけるなら85点。
この映画は早いうちに映画館で見ておくことをお勧めします。
『ヴィレッジの謎は決して口外しないでください』
映画だけではなくCMにもやられた…

みたら感想聞かせてくださいね。
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:karen-df
読者になる
Yapme!一覧
読者になる