【 更新情報 】

スポンサードリンク

コラーゲン入りの美肌カレー鍋のつくり方レシピ

材料は、4人前の分量です。赤エイの身400g、白菜1/4個、玉ネギ1個、もやし1袋、長ねぎ2本、えのき茸1袋、大根1/2本、、人参1/2本、もめん豆腐1丁、糸コンニャク1袋、コラーゲン玉1個(コラーゲン2000mg入り)。調味料は、ハウス食品のカレー鍋つゆ3〜4人前400ml、一味、七味唐辛子を準備する。つくり方は、白菜を4センチ角に切る。玉ネギは8mm幅ぐらいの食べやすい大きさに切り、もやしは根の部分を手でもぎとる。長ねぎは斜めに切る。えのき茸は根の部分を切り取る。大根は皮をむき5〜6センチ長さ1センチ幅で薄切りにする。人参は花形器で花形に抜く。次に、糸コンニャク、えのき茸、豆腐は食べやすい大きさに切る。続いて、赤エイの身は、調理して食べやすい大きさに切って使います。続いて、ハウス食品のカレー鍋つゆ3〜4人前400mlをよくふって使い、同量の水を加え煮立てます。煮立ったら白菜、玉ネギ、モヤシ、長ネギ、えのき茸、大根、人参、もめん豆腐、糸コンニャク、赤エイ等の材料を入れフタをし、ひと煮立ちしたら火を弱めます。材料が煮えるまで中火で5〜10分煮ます。後はポータブルのガスコンロをテーブルの上に用意し、煮立っている鍋を上にのせて火をつけます。食べる前にコラーゲン玉を鍋に入れます。コクが増して一層おいしく頂けます。赤エイのコラーゲンと共に美肌効果があり女性に好評です。お好みにより一味、七味唐辛子で辛さを調整します。さらに、鍋の中身を食べ終わったら、残ったつゆにご飯とチーズを入れリゾート風にしてカレー味を二度楽しめます。

鳥砂ズリのコリコリカレー鍋の作り方

材料は、鳥の砂ズリ150g、豚バラ肉150g、ウインナー8〜10本、キャベツ1/4玉、玉ネギ1個、生しいたけ4個、ニラ1束、エノキダケ1パック、ニンニク1片。調味料は、味噌大さじ1、カレーパウダー大さじ2。つくり方は、鳥の砂ズリ、豚バラ肉、ウインナーは、一口で食べられる大きさに切り、キャベツは2cm幅、玉ネギは8mm幅ぐらいの食べやすい大きさに切り、生しいたけは、石突きをとり4つ割りに、大根は皮をむき5〜6センチ長さ1センチ幅で薄切りにする。エノキダケは食べやすい大きさに切っておきます。人参は花形器で花形に抜きます。ニンニクは薄くスライスします。次に、土鍋に食油を敷いて火にかけ、スライスしたニンニクを炒めます。鳥の砂ズリを入れて炒め、カレーパウダーを入れてまぜます。続いて、この鍋に水を適量入れて火を通し、沸騰したら豚バラ肉、ウインナー、キャベツ、、玉ネギ、生しいたけ、大根、人参、エノキダケ、ニラを入れて火が通るまで煮込み、味噌を入れて味を調整します。味が薄ければカレーのルーをお好みで入れて、自分のベスト味に調えて下さい。鍋の中身を食べ終わったら、残ったつゆにご飯やうどん、餅、ラーメン、ソバなど好みでいれて食べると美味しく召し上がれます。

豚・鶏・海老カレー鍋のつくり方

材料は、4人前の分量です。鶏肉200g、豚バラ200g、海老四匹、白菜1/4個、モヤシ1袋、白ネギ1本、生しいたけ4個、えのき1袋、糸コンニャク1袋、人参1/2本、ちくわ2本。調味料はハウス食品のカレー鍋つゆ3〜4人前400ml、一味、七味唐辛子。つくり方は、鶏肉、豚バラは、一口で食べられる大きさに切り、白菜を4センチ角に切り、えのき、糸コンニャク、ちくわは食べやすい大きさに切り、白ネギは斜めに切り落とし、生しいたけは、石突きをとり4つ割りに、人参は花形器で花形に抜きます。海老、モヤシは水洗しておきます。次に、ハウス食品のカレー鍋つゆ3〜4人前400mlをよくふって使い、同量の水を加え煮立てます。煮立ったら白菜、モヤシ、白ネギ、生しいたけ、えのき、糸コンニャク、人参、鶏肉、豚バラ、海老等の材料を入れフタをし、ひと煮立ちしたら火を弱めます。材料が煮えるまで中火で5〜10分煮ます。続いて、お好みにより一味、七味唐辛子で辛さを調整します。鍋の中身を食べ終わったら、残ったつゆにご飯とチーズを入れリゾート風にしてカレー味を二度楽しめます。

豚肉カレー鍋の作り方

材料は、4人前の分量です。豚肉スライス200g、ソーセージ4〜50本、キャベツ1/4個、玉ネギ1個、生しいたけ4個、エノキダケ1パック、ミズ菜1/2把、大根1/4本、人参1/2本、ニンニク1/2個、豆腐1丁。調味料は、カレー鍋スープ用としてカレールウ100g、和風のだし汁1000ml、醤油大さじ4、みりん大さじ4、酒大さじ2、ローレル1枚、ガラムマサラ適量。つくり方は、豚肉スライスとソーセージは、一口で食べられる大きさに切り、キャベツは2cm幅、玉ネギは8mm幅ぐらいの食べやすい大きさに切り、生しいたけは、石突きをとり4つ割りに、大根は皮をむき5〜6センチ長さ1センチ幅で薄切りにする。エノキダケ、ミズ菜、豆腐はそれぞれ食べやすい大きさに切っておきます。人参は花形器で花形に抜きます。ニンニクは薄くスライスします。次に、だし汁、スライスしたにんにく、ローレルを入れた鍋を火にかけ、醤油、みりん、酒を入れ、カレールウを溶かしてカレー鍋スープを作ります。続いて、このカレー鍋スープに豚肉、ソーセージ、キャベツ、玉ねぎ、大根、人参、エノキダケを入れて火が通るまで煮ます。さらに、豆腐、ミズ菜を加えて軽く煮込んで出来上がりです。その後、器に取り分けたら、好みでガラムマサラを振ってお召し上がりください。鍋の中身を食べ終わったら、残ったつゆにご飯やうどん、餅、ラーメン、ソバなど好みでいれて食べると美味しく召し上がれます。

豚肉と鶏とりだんごのカレー鍋の作り方

材料は、4人前の分量です。豚肉スライス200g、純輝鶏とりだんご15ヶ=1パック、白菜1/4個、玉ネギ1個、白ネギ1本、生しいたけ4個、大根1/4本、人参1/2本、麩12個。調味料うどんスープの素1袋、トップバリーカレー中辛のルー50g(2ブロック)、梅干し大1個、水600cc。
つくり方は、豚肉スライスは、一口で食べられる大きさに切り、白菜を4センチ角に切り、玉ネギやキャベツは食べやすい幅の大きさに切り、白ネギは斜めに切り落とし、生しいたけは、石突きをとり4つ割りに、大根は皮をむき5〜6センチ長さ1センチ幅で薄切りにする。人参は花形器で花形に抜く。麩は水に戻しよく水切りをしておきます。次に水を入れた鍋を火にかけ、うどんスープの素をとかし、沸騰したらキャベツ、玉ネギ、白ネギ、生しいたけ、大根、人参を煮ます。続いて豚肉、純輝鶏とりだんご、麩を入れ沸騰し火が通ったら、火を止めます。トップバリーカレー中辛のルーをほぐしながらとかし、同じく梅干をほぐして入れ再び火にかけ沸騰させます。さらに、鍋の中身を食べ終わったら、残ったつゆにご飯やうどん、餅、ラーメン、ソバなど好みでいれて食べると美味しく召し上がれます。