冷え症は女性のもの?

December 12 [Sat], 2015, 22:46

「冷え症は女性のもの」という意識がこの世にあるのかもしれません。
私自信もなんとなくそうかな?って思っていた中の一人です

でも、「冷え」を感じる男性は意外と多くネット調査の結果でも6割もいるんです。

つき合っている彼氏が「冷え症」だったら本当に辛いですよね
これからますます寒くなってきますから
彼の身体(からだ)を温めて心も温めてあげたいですね(*^^)v



私たちの人間の身体(からだ)は本来
気温や水温など周囲の温度に左右されることなく、
自らの体温を一定に保つことができる動物です

血液の流れる量を変化させたり、汗をかいたりすることで、
体温を一定に保つよう調節されているのです。


例えば「寒さ」の場合

皮膚から「寒さ」という情報が脳に伝えられ、
ここから体温を一定に保つよう指令が出されます。

すると血管を縮めて血液をあまり流さないようにすることで、
皮膚表面の温度を低く保ち、体内の熱を外に逃がしにくくします。

また、寒いと自然にからだが「ブルブル」ふるえますよね?!
これは筋肉をふるわせて体温を上げようとする反応なのです


冷えの原因として
寒い冬にある程度手先や足先が冷たくなるのは当然のことです。

ところが

外気温によって冷やされる程度ではなく、
手と足の先端がかなり温まりにくく、慢性的に冷えているように
感じることを冷え症と呼びます。

暑い夏でも身体(からだ)が冷えている、あるいは身体(からだ)が冷たいと
感じている症状などもそうです。

身体(からだ)が中から冷えているため、
少しからだを動かしたくらいでは、
なかなか温まらないのです。

●血液循環の悪化
●筋肉の量が少ない
●女性ホルモンの乱れ
●皮膚感覚の乱れ
●自律神経の乱れ

などの原因によって「冷え」を感じ
身体(からだ)の機能が落ちて、「肌荒れ」「下痢」など
男性も身体(からだ)に不調が起きます

あなたの彼もそうですか??


男性も約6割が身体(からだ)の冷えを感じているものの、
「冷え対策」を行っている人は少ないのです。

冷え症がすすんで悪化すると、
ED(勃起不全)などもなりかねませんから、早めに対処したいですね


効果的な「冷え対策」

〇ストレスを受けない
  ストレスを受けやすい世の中ですたまらないように発散させましょう


〇重ね着(下着と靴下)

若い20代の男性はファッション性を意識していて
服の重ね着をしないようです

上着を1枚多く着るのも良いですが、もう一つ下着を
長肌着を1枚着ることによって体温が2.3度上がります

寒いと感じたらもう一枚中に着たいですね

足元も冷えますから、厚手の靴下にするかもう1枚履きましょう(*_*)


〇身体(からだ)を温める食べ物を食べる
  ・旬の野菜、冬にできる野菜(根菜など)を食べましょう
   〈夏野菜や甘いものは体を冷やします〉

  ・生姜(しょうが)を食べましょう
   〈昔から体を温めてくれる食材として生姜が知られています〉

 生姜は生ではなく乾燥しょうが体を温めます

 生のしょうがを乾燥させると、
 ジンゲロールの一部がショウガオールという成分に変化します。

 ショウガオールには、胃腸の壁を刺激して、熱を作り出す働きがあり、
 乾燥しょうがは、ジンゲロールとショウガオールの2つの働きによって、
 全身を温めてくれるの


ただ、生姜をそうは摂ることはできないですよね
そこで、生姜の温めパワーがいっぱい入っているサプリを見つけました


「金時しょうが」の粒です。
普通の生姜の4倍の温めパワーを持っている生姜です

生姜の独特な匂い、或いは辛さで食べれない方でも食べれます
手軽に1日2錠だけ飲めばよいのです

忙しい朝でも1粒飲めば仕事している間はポカポカ温かいです
夜に1粒飲めば寝ている間も温かく朝まで心地良く寝れます

価格もリースナブルですから一度試しても損はしないですね

彼にこの冬の贈り物にいいと思います
「金時しょうが粒」!!

こちらをクリックして確認してください

↓↓ ↓↓ ↓↓
金時しょうが粒