世界最適から日本最適

December 31 [Wed], 2014, 13:00
新体制に移行すれば世界最適から日本最適になり、あらたな成長の芽も生まれる。しかし、それには調達から用船、輸出まで自分でやらなければいけない。とりわけ、最も大事な原油調達では「産油国の方々の顔も見たことがなかった」。人脈や長年の付き合いがものを言う世界で、果たして新参者を快く迎えてくれるのだろうか。広瀬ら首脳陣の不安は募った。 【意気投合】 幸いエクソンモービルから全面支援が得られ、「すべての産油国を回り、<リンク:http://xn--w8j9a6a3841czcok9ey45a.tokyo/
>口臭予防に意気投合できた。相手に不安を与えないように支払いもきちんと行うよう気を使った」。そして、もう一つ大きかったのが「原油の供給側の環境変化が我々には追い風だった」ことだ。 ここ1―2年、米国のシェール革命にイラクなど中東での新規開発、ロシアの増産などで原油の調達ソースが多様化し、供給量も比較的豊富になっている。油価は歴史的な高値に張り付いているが、「その分、世界中で新規の油田開発が進んだ」ことも同社には<リンク:http://xn--v8jc6c0b0a0h7449e.jp/
>なた豆歯磨き粉の購入に有利に働いた。(敬称略)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:karatu
読者になる
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/karatu/index1_0.rdf