2006年04月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像褌一丁
最近変わったこと (2008年10月19日)
アイコン画像じゃぶ
最近変わったこと (2008年10月05日)
アイコン画像汁大臣
最近変わったこと (2008年09月30日)
アイコン画像俺と妹
最近変わったこと (2008年09月27日)
アイコン画像隙間男
最近変わったこと (2008年09月25日)
アイコン画像50t
最近変わったこと (2008年09月24日)
アイコン画像∀QUI
最近変わったこと (2006年04月21日)
アイコン画像kou1
最近のこと (2006年04月08日)
アイコン画像管理人
『10代のぜんぶ』 (2006年03月17日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:karasumaru
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
最近変わったこと / 2006年04月09日(日)
桜を観に千鳥が淵まで行ったけど、寒いし風強いし。ただ夜桜はいいね、やっぱり。

それと、木村カエラのsakusakuが終わってしまった。これは、にわかsakusakuファンの私としても寂しい。

そのかわり(といってもなんだが)、ラジオのpodcastが始まった。これで引き分けということにしておこう。

あと、今日(日曜日)、とあるバーで出会った二人がとうとう結婚した(と思う)。おめでとう。
こういえば、分かる人に分かると思う。分からない人ごめんなさい。毎週聴いている人にだけわかる話なのです。「スタン、ご馳走様」なのです。
 
   
Posted at 13:32/ この記事のURL
コメント(7)
最近のこと / 2006年04月08日(土)
音楽:ディープ・パープル

久しぶりに聴いている。 お気に入りはもちろんBlack Night


映画:マン・オン・ザ・ムーン

ジム・キャリー以外では白ける。彼だからこそ細い道を渡れる、そんな映画。いい映画ですよ。


In this friendy friendly world

With each day so full of joy

Why should any heart be lonely


(この暖かい世界に、

 喜びに溢れる日々に、

 孤独な人は誰もいないんだ)


ウィスキー:宮城峡(NIKKA)

いや、いいですよ。シングルモルトです。

 
   
Posted at 02:37/ この記事のURL
コメント(1)
久々に観たもの / 2006年04月05日(水)
先月、久々に『ゴッドファーザー』を観た。
フランシス・フォード・コッポラ。

いわずも知れた名作だが、久しぶりに観てみるとまたいい(というかずっと前なのであんまり覚えていない)。

マーロン・ブランドの演技には何も言うことがない。
そして、若き日のアル・パチーノは怖いほど役にはまっている。
あと、この映画、実はダイアン・キートンも出ていたりする。

ファミリーの末っ子マイケルがゴッドファーザーになっていくまでが描かれている。
もともと軍人でカタギだったマイケルが、父を撃たれ、実の兄や恋人を殺され、静かに復讐へと燃え、やがて立派なゴッドファーザーへと変わっていく様。その様が実に恐ろしいのだが、家族愛にも満ちている。

ちなみに、マーロン・ブランドはこの映画で主演男優賞のオスカーを獲るのだが、その際受賞を拒んだというエピソードもまた有名である。

僕としては、『ゴッドファーザー』の舞台が主にニューヨークで(途中ラジオシティ・ミュージックホールが出てきたりする)、そのうえダイアン・キートンも出ているから、あの映画監督のことを思い出さずにいられなかった。そう、ウディ・アレンである。彼もまた授賞式に出席しなかったことは有名である。ニューヨークについての映画なら、彼の『ラジオ・デイズ』がお勧めである。
 
   
Posted at 01:26 / cinema&book review / この記事のURL
コメント(0)
犬も歩けば、たぶん疲れる。 / 2006年03月18日(土)
なんかね、あれですよ。大変ですよ、いろいろと(日本語、大丈夫?)。

ちょっと良くないことが起こって、でもホッとすることもあったりして、あとワクワクすることもあって、ま、それでいて忙しい(だから、日本語大丈夫?)。

で、遊びにいきたいとかそういう気分も最近あんまりって感じで(いや、普段からこんな口調なんで)。

でいて、もうすぐまたいろいろ面倒なことが待っているのでそれにもどうにかこうにか対処せねばと(いや、嘘ですよ、普段はもっと硬派です)。

いかーん、このままでは。みたいな(語尾上げる)。

そんなこんなで、おめぇホント大丈夫かみたいな感じでこれからもやっていきますんで、来年度もよろしく。

ってこれ、誰宛?
 
   
Posted at 00:56/ この記事のURL
コメント(1)
風の歌 / 2006年03月18日(土)
僕らの周りにある風景が
構築されたものとは気づかないまま
僕らは生まれたときからそれを眺めて
今では僕らを囲む風となる

僕らを囲む見えない風は
かつて何処かにあったというその楽園に
黄色い砂を送りながら
僕らの足元を灰色に染める

灰色に染まった流木を集めて
賢者の眠る墓石に手向ければ
深く沈みしその礎は
花弁の影をそっと吸い込む

影を奪われた水平線は
見えない壁へとつながっていて
僕らは秘密の鑰を探して
ただその壁をつたって歩く

見えない影は空に伸びて
鳥は雨を避けてその影を追い
僕らが鳥に問い質しても
鳥は決して答えはしない

 
   
Posted at 00:42/ この記事のURL
コメント(0)
近況、近況。 / 2006年02月13日(月)
で、更新しなかった言い訳はせず、何事もなかったように独り言。
つまるところ、最近スケジュールがつながっています。 って、おもいっきり言い訳してますが。 まあそういうことです。スケジュールがつながっているのです。

かといって眠らないわけにはいきません。 僕は寝不足になると心理的に不安定になる性分なので、QOLが下がりまくるからです。

だからブログは後回しに・・・。

音楽はヘビーローテーションで、ゆっくりしたロックを聴いています。 ちょっとした依存症っぽい。 日本のミュージシャンでゆっくりしたロックをやる人はあんまりいないから、最近はもっぱらOTにぞっこん。

 
   
Posted at 01:29/ この記事のURL
コメント(1)
大雪による陰鬱 / 2006年01月05日(木)
雪が降る地方では、この時期雪かき・雪下ろしに追われていると聞きます。
特に今冬は降雪量が多く、大変な思いをされているのだろうと思うのです。

朝会社や学校に行く前に、家の前の雪をどかして道を確保してからでないと家から出られないという生活。こまめに雪を下ろさないと家がつぶれてしまうという危険。僕のような太平洋側に住む人間にはまるで想像がつかないものです。

今冬は例年以上に停電や雪崩など雪害のニュースをよく耳にします。
雪国の人々がこの辛い冬を無事乗り越えられることを願って止みません。
 
   
Posted at 23:13/ この記事のURL
コメント(0)
no title / 2006年01月03日(火)
で、一応ですが、あけましておめでとうございます(遅)

今年が皆様にとってよい年でありますように

 
   
Posted at 19:38/ この記事のURL
コメント(0)
現実 / 2005年12月14日(水)
・現実

それは、遠い昔に誰かがかけた呪いが僕らを縛っている、そういう現在の状態



・現実について知ること

それは「本能」に刻み込まれた嘘を知ること

それは「直感」に誰かが忍び込ませた打算を見破ること



・現実

それは、僕らを縛る過去が、僕らに他者を縛らせていること

それを僕らが気づかないでいること

それを僕らが止められずにいること

鍵を握り締めたまま、鍵の在り処を探し続けていること
 
   
Posted at 23:33/ この記事のURL
コメント(0)
Good Old Songs / 2005年12月12日(月)
最近、昔聴いていた音楽を聴きなおしています。

中でも一番新鮮だったのは、井上陽水です。

昔聴いていたときはそうでもなかったけど、今聴くと凄くいいね。


『氷の世界』というアルバムに、「帰れない二人」・「氷の世界」という名曲が入っているんだけど、これは凄い。もう圧倒的だと思う。

特に「氷の世界」は初っ端から歌詞に「林檎売り」って出てくるんだけど、これはインパクトが強い。本当に凄い。

とりあえず感心しっぱなしですね。
 
   
Posted at 02:15/ この記事のURL
コメント(0)
P R
具現化された言霊
具現化された言霊
MedicSnipeRhapsody
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!