ヘアカラーのノズルで使用感が違う

December 13 [Thu], 2012, 15:16
数あるヘアカラーリング剤の中でも、最も長持ちするヘアカラーですが、コストの面で言っても、手間隙の面で言っても、最も有効な商品といえますね。

では、実際にヘアカラーを使用する前に確認したいのが、商品の上部、いわゆる「ノズル」と呼ばれる部分です。

ヘアカラーのノズルには、「クシ型」「コーム型」「ノズル型」「ワンプッシュ型」等があります。
クシ型は、キャップの上部方向に向けて、クシがついているというタイプになっています。
そのため、塗布しながら髪を梳き、満遍なく染料を毛髪に広げることができます。

コーム型は、クシ型と同じくヘッドがクシになっているタイプですが、こちらは横向きにクシがついている形です。
「スムーズコーム」と呼ばれるタイプが多く、クシ型と違って横向きなので、容器を下に向けて染料を出しながら…というわけにはいきません。容器を握り、押し出す格好で染料を出し、といていくことになります。

ノズル型は、そのままノズルがヘッドについている、ある意味最もシンプルなものです。
頭に直接注入する形ですので、部分染めには最適です。

ワンプッシュ型は、シャンプーやハンドクリーム等でおなじみの形です。
出し過ぎることがない反面、一度のプッシュで出した量を上手く広げる必要があります。


ヘアカラーは、ここがどんな型なのかによっても、使用感や使用法が変わってきます。
とはいえ、どのタイプだとダメということはありません。
それぞれの特徴と使い方を学び、しっかりと使えるようになっておきましょう!

白髪染めヘアカラーで髪色バッチリ!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:karararing
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/karararing/index1_0.rdf