ロストマン 

January 28 [Sat], 2006, 18:29


「強く手を振って あの日の背中に

 サヨナラを 告げる現在地 動き出すコンパス

 さあ

 行こうか


 破りそこなった手作りの地図

 シルシをつける現在地

 ここが出発点 踏み出す足は

 いつだって初めの一歩


 君を忘れたこの世界を

 愛せた時は会いに行くよ

 間違った旅路の果てに

 正しさを祈りながら

 再会を祈りながら」


『ロストマン』Bump of Chicken


明日から出発です。

再会を、祈りながら!
必ず再会、できるから!

My Way 

January 26 [Thu], 2006, 1:46

ダブリンも考えたんだけどね
「手をつなげば怖くないから

 そこまでお前は弱くないから

 でもいつまでもそばにいないから」


『My Way』Def Tech


留学の理由。それでいて目標。


《英語の習得》


これにつきる。

私がもう少し若かったら、

精神的に強くなりたいとか
外の世界から日本を見たいとか、
見聞を広めたいとか
世界中に友達が欲しいとか
海外生活を体験してみたいとか。

いろんな理由がくっついてくるだろう。
もちろん、それもいい。すばらしい。

でも私はもう少し現実的。

仕事で英語を使えるようになりたい。

留学はその第一段階。

だから、浮かれない、のぼせない、
緊張もし過ぎちゃダメ・・・

落ち着いて。

いま周りにいる優しい人たちに、
甘えすぎちゃ、よくない。と思う。

もう少しで修行が始まる。


「もうここまでやってきてしまったとか

 もうどうでもいい、どうすることもできないとか

 あきらめ、悲観し、嘆き悲しみ、

 自分なぐさめ労わる、その間にも

 僕らを必要とする誰かがいる、どこにいる、

 探すことで変わる、

 やっと少しわかったふり、腹から声出した

 セリフが行き交い

 混ざり合い、語り合い、

 関わりあい、とてつもなくでかいや」

ふ、武者震い。

あなたに 

January 23 [Mon], 2006, 1:14

「人に優しくされたとき 

 自分の小ささを知りました。」


『あなたに』モンゴル800


昨日と今日は、100万回「ありがとう」を言いたい日々となった。

まず、昨日。

前の会社の同期の女子、ぐっさんの家にご招待される。
横浜、ルミネ前待ち合わせ。
間違えて羽田空港まで行ってしまい、大幅に遅刻する。
恐るべし、赤い電車。
「赤い電車は羽田から君の街までひとっとび。」by『赤い電車』くるり

久しぶりの、同期仲良し女子5人(+ぐっさんの夫君)
話すことといえば、
・思い出話(爆笑)
・仕事や会社の話(溜息)
・結婚の話(5人のうち、2人がこの春結婚!おめでとう!)

入社当時は、同じような人生のはずだった。
3年9ヶ月。
少しずつ枝分かれしていく。
5年先、10年先、もっとバラバラに、
まったく別ベクトルの地平線を眺めているだろう、
と思う。

でもみんなと同じ時間を過ごした
3年9ヶ月は、私にとってかなり重たい財産です。


今日はランニングクラブのお仲間が
私の壮行会を開いてくれた。
写真はいただいたラン用の時計(を、アン人形にからめてみた)。
まさかこんないいもの貰えるなんて・・・う〜嬉しいっす!!

午前中に開催されるランニング大会に参加後の
壮行会の予定だった。
が、なんと積雪による地面の凍結のため急遽中止に!
(こんなことってあるんだ・・・)

なのに、壮行会のためだけにみんな集まってくれた・・・
マジ嬉しい。
本当に本当にありがとうございました!!

(このサークルの人たちは本っ当におもしろくて、
 いろいろ書きたいコトがあるのだけど・・・
 それはまた、別の話。)

******************************

ここ数年、確かにいろいろ難しかった。

でも周りの人たちには本当に、恵まれた。
みんな真実、優しい。
私といえば、私のほうは、
こんなに小さいのに。



恋する惑星 

January 18 [Wed], 2006, 0:57

「その時、ふたりの距離は0.1ミリ

 57時間後、僕は彼女に恋をした。」


『恋する惑星』ウォン・カーワイ監督



イタ〜い大人の男性・・・  好きだわ、やっぱり。
私のなかのトニーレオンに対する萌えポイントが
また上がってしまいました。

警官233号(トニー)に対するフェイのスーパーエキセントリックな行動、
やばいけど憧れちゃうわ♪
現実の世界であれやったらドン引きされたあげく
お縄もんだけどね。ああ、現実って野暮だわ。


でももし私たちの住むこの世界が「恋する惑星」だとすれば。

知らないうちに新しい恋が始まっていて、
その新しい誰かが少しずつ自分のなかに
入り込んでたりして、ね。
その人は57時間前にすれ違って0.1ミリまで
距離を縮めた知らない誰かかも。

水槽に金魚が増えて、
思い出のぬいぐるみが以前と何か
違っていて、
さらにいつも使っている石鹸が
うちひしがれて太ったように見えたら、
それが合図なのかも、ね。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ゴドーを待ちながら (つづき) 

January 12 [Thu], 2006, 1:17

一方、『七色いんこ』の方は人間の心を持ったアンドロイドの話。
オルガという美少女ロボットが彼女の製作者であるゴドー(故人)を
待ち続けて発するのが冒頭の言葉。

その愛着は親に対するもののようでもあり、
恋人に対するもののようでもある。

手塚治虫はこういった弱く、また異形である女の子
(ロボットや不完全な人間、妖怪、性の不一致、および
それらに関連するマイノリティ全般)を描くのが好き。

彼女達は大体が自分を作った(あるいは自分を救った)
男性(これまた大体がアウトロー)に対して、とびきり純粋で
揺るぎない思慕を抱いている。

また、異形であるからして最初から性的な関係は
想定外。

そして、二人とも社会からはみ出た存在ゆえに
結びつきは相当に深い。

家族でもあり恋人でもあり家族でもあり恋人でもあり・・・

ピノコとブラックジャックしかり。どろろと百鬼丸も、だな。
ああ、『火の鳥・未来編』で
猿田博士がつくった女の子型声帯無しロボットもそうね。

それが手塚治虫的「愛のカタチ」。

で、谷川真理ハーフマラソン、完走しました。

ワタクシ、自分で言うのもナンですが
オルガでありピノコであり、どろろであり、
声帯無しロボットちゃんである、んです。

平たく言いますと

頭が良くて優しい大人の男性が好きです・・・

現実的には、オルガになっちゃいけないって
わかってるんだけどね。

ゴドーを待ちながら 

January 12 [Thu], 2006, 0:03



ゴドー、ゴドーどこ?

 ゴドーに会いたい。


「ゴドーを待ちながら」
―『七色いんこ』(手塚治虫)より―

原作はベケットの『ゴドーを待ちながら』という戯曲。

一人の男がゴドーを待っている。
もう一人の男がちょっかいをかけるんだけど、
それでも男はゴドーを待っている。

ゴドーが誰かも、どこからくるかも、
いつくるかも、わからないのに。
その男にも、もう一人の男にも、
全くわからない。

それでもゴドーを待っている。


・・・というお話、らしい。
「らしい」というのは、直接その戯曲を
読んだことも観たこともないから。
そんなわけのわからない話、
読むのは難儀なので舞台で観たいなぁ。

ゴドーは「ゴッド」、つまり神のことであるとか、
もう神は二人の男のもとに来ているのに
永遠にそれに気付かない話だ、とか
諸説あるらしい。

・・・神かどうかはわからないけど、
ゴドーを待ち続けるこの男の気持ちはわかる。
みんな何か、何か待っているんだな、きっと。


名前を付けてやる 

January 06 [Fri], 2006, 1:32
チャチャ君のお洋服はダイソーで購入。                       犬まで庶民な愛すべき我が家。


「名前を付けてやる

 残りの夜が来て」


『名前を付けてやる』スピッツ


あけましておめでとうございます。

1月1日より、何者でもない人になってしまいました。

幼稚園児
小学生
中学生
高校生
大学生
日本橋OL

4歳よりこっち、何らかのサブタイトルが付いていたのに。
今はな〜〜んでもない、ただ人(タダビト)です。

ゆえに、自由。

自由・・・

自由ってけっこうめんどくさい。

今日は税金やら保険やら役所届出関係のことを
一生懸命調べておりました。
諸手続き、各種検討、損得計算etc・・・
あらら、やることいっぱいあるじゃん。
今までこれを全部会社がやってくれてたのよね。
守られてたんだなぁ、会社に。

それでいて。

これからは自分のことを
どのように表現すれば良いのでしょうか?

今までは
「保険会社の内勤OLです。勤務地は日本橋です。」

で通じた。
ああ、なるほどね、そんな感じだよね、といった具合に。


「先月まで日本橋の保険会社で働いていたOLですけど
 退職して、カナダに留学します。留学って言っても
 半年程度ですけど。その後ですか?うーん・・・
 まだ決めてませんけど、またOLに戻りたいですね。
 できれば都心で。」

長っ!!
なんとめんどくさい宙ぶらりん状態。
慣れないなあ、不思議な感じだなぁ、22年ぶりの
サブタイトル無し生活=自由

もう日本橋お嬢サマOL(異論ありましょうが)ではない。

自由だ。不安だけど、真に贅沢。
装飾を取り払って、この最高の宇宙空間を
ぶらぶら遊泳しようではありませんか♪

ってことで、平日ひとり遊びプランを思いつくままに。

☆レディースデー限定・一日耐久映画鑑賞
 (一日何本鑑賞できるか、挑戦)

☆東京都内一日耐久美術館めぐり
 (一日何館まわれるでしょう)

☆丸善開店から閉店まで
 (本屋さんなら一日中いられるわ♪というのは
  虚言ではないか?)

☆東京メトロぶらり途中下車の旅
 (「あらあら、ちかこさん次はどこへ行く気ですか〜♪」
  例のナレーション付き。もちろん一人芝居。)


く、くだらなっ!!
と言いつつ、身震いするほど楽しみぃ♪



夢ノエンアレ 

December 31 [Sat], 2005, 21:58

(広島の木)
「メグル メグル

 夢ノエンアレ

 マワル マワル

 夢ノエンアレ!」


『夢ノエンアレ』PE’Z



お正月用のお花。
例年どおり華道部でお稽古したものを
家で活け直すのだけど、
29日と31日は活けちゃダメ。
「9」は苦しみを意味し、
大晦日に活けるのは「一夜飾り(一夜限り)」
といって、縁起が悪いから。
どうしても時間が取れなかったので、
30日に母が活けておいてくれた。
鏡餅も、その他お正月用の飾り物は
全て同様。

いつもどおりの大晦日。


何者かになりたいわけじゃない。
でも、それなりに夢はある。

笑ったり泣いたり
当たり前の単純な生活を送って、
大晦日に穏やかな気持ちで
決まりごとを守る。
毎年そうでありたい。

今年はいろんなことがあった。
いろんなことがありすぎて、
消化も昇華もできず混乱した。

今年起こった、あらゆる混乱。
そのおかげで、少し決めることができた。

そして今日は紅白を観て、
また泣かされている。例年どおり。単純・・・

出会いも別れも、全ては同じところに戻っていく。
終わりにたどり着くって、そういう優しいこと。

ゆえに。

今年も素晴らしい一年だった。

家族、友達、先輩、周りの人たち。
本当にありがとう。
皆さんにとっても素晴らしい2006年で
ありますよう、心から願います。

廻る廻る、夢の縁あれ。



空も飛べるはず 

December 25 [Sun], 2005, 21:53
「君と出会った奇跡が

 この胸にあふれてる

 きっと今は

 自由に

 空も飛べるはず」


『空も飛べるはず』スピッツ


「出会ってくれて、ありがとう」

「全てが良い経験でした。

 それが大きいか小さいかは

 日本に帰ってからの自分次第。」

「大嫌いだった自分を大好きになって、

 (そんな自分を)好きになった人に
 
 薦めることができた。

 こんな最高なことって、ないです。」


『あいのり』より、ヒデの言葉





昨日は六本木にてイルミ鑑賞。
今日は部活動(笑)にて荒川ラン。

六本木のイルミも荒川の広い空も、
それはそれは綺麗だった。

六本木で、荒川で、
それぞれ別の友人に述べた言葉。

「今年はキツかった・・・」
でも、
「そうだね、でも、出会えて良かったよ。
 出会えたんだから、良かったよね。」


頷いてくれた友人達に、感謝!

そして今年も終わるよ、メリークリスマス!

赤鼻のトナカイ 

December 24 [Sat], 2005, 1:31

「暗い夜道はピカピカの

 お前の鼻が役に立つのさ」


『赤鼻のトナカイ』(誰の作曲でしょう。知りません、すいません。)


今日はクリスマスランに参加してきました。
見てのとおり、一日なんちゃってトナカイ。

私の鼻がピカピカかどうかは
知ったこっちゃありませんが・・・

走ってますね、走ってます。

歩いてる奴もいます。
他ならぬトナカイですが。
トナカイになった、ただそれだけで
こんなにも走れなくなるなんて。

やっぱりトナカイっていうのは
サンタとそのプレゼントを背負わないと
走れないもんなんですね、きっと。

私には何の重荷もありませんから。
だから、なんちゃってトナカイ。

でも、終わりはやってくるのさ♪



今日は友人から嬉しいメールが来た。
「どっちでもいいよ。」
って。
この場合の「どっちでもいい」は、
極めて優しい。
少なくとも私にとっては!


メリクリ、とはいうものの、
いつもどおり
笑ったり泣いたり大変でした。

重ねて申し上げます、
メリクリ!
∵自己紹介
26歳女子。とりあえず、旅に出る理由を考える。
旅に出る理由を考える旅になると思う。
趣味はランニング、映画鑑賞、音楽鑑賞、活け花、
ライブ(に行く)、読書、観るだけお買い物。
好きな映画は;
『活きる』『初恋のきた道』『あの子を探して』
『2046』『ハウルの動く城』『さらば我が愛〜覇王別姫』
『ジョゼと虎と魚たち』『小さな中国のお針子』
『青いパパイヤの香り』など。
好きな音楽は;
スピッツ、BUMP OF CHICKEN、PE'Z
MIZZ、チャイコフスキー
好きな本は;
『隠された十字架』梅原猛

最新コメント
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dora
読者になる
Yapme!一覧
読者になる