気付き  手の内 補足 

February 24 [Fri], 2017, 23:41
今回の「手の内」に関しては、バッハの手の内に関しては2014年春に気が付いていたことだし、もちろん、それをすぐフルートにも、ということは考えたし、やってみた。

その結果、頭の重さを使って楽器をシーソーみたいに釣り合わせて、という奏法となっていた。

でも、これだけではまだまだ楽器の安定というには、至らない部分が多々あった。
速いパッセージではかなり楽器をひきつけておかねばならなかったし。

当て位置も今と違い、まだまだ真ん中よりだった。


今回、何が一番変わったかというと、左右の概念。

つまりせっかく良いことに気が付いた2014年春、クープランのクラヴィア教本にあったとある一文も参考になり「左圧縮右解放」にも気付いてた。

なのに、何故、今回の手の内に至るまで、3年も要してしまったか?

それはね・・

左右の手指が左右対称で同じだと思っていたから。

フルートを構える時の手の格好は方向も姿も全く異なるのに、同じ原理で揃えようとしていた。

さらには、三点支持の頚城。あんなもん!と言いつつも、まだまだ楽器を持つ時の左右の力のかけかたは五分五分。つまり等分。

そいつが、かなり邪魔していた。

今は左が9で、右が1、いや、もっとかも。

98パーセントと2パーセントくらいかな。

電車でバーをしっかりつかまなくても、指先でチョンと触れていれば結構安心できて転ばない。

右手はそんな感じ。

それもこれも、左手の手の内がより定まって使えるようになったからこそ、なので、このやり方は決して万人向きではないかもしれないけれど。

かつては秘伝、口伝でのみ伝えられたという「手の内」

何故秘伝か?

簡単な説明でも誰でもすぐに」できるからか?と思っていたけれど、そうではない。

それが「手の内」として機能するためには、そのための諸条件がある程度整っていないと効果がないからなのね、と思う。

それぞれの育ちの過程、時期でないとわからないこと、というのはあるものだ。

事実、甲野先生とであったばかりの2003年に、この手の内を他の誰かが教えてくれたとしても、私には何のことやら、だったろう。

今の心身だからこそ、曲げた親指とのばした親指では身体の中の様子が全く異なることがわかるわけで。

ということは、まだまだわからない微細なことは多々あるし、そのあたりは今後に期待ということになる。

でも、せっかくなので、手の内に名前を付けた。
これは以前、内田樹先生がだったか、甲野先生の虎拉ぎをみて仰った言葉を思い出したもの。

あまりにあんまりなので、スタイリッシュな甲野先生は絶対に使われないだろう。
借用、お許しいただきたい。

内田先生は確かブログで「悪魔の悶絶」と仰っていたような・・

それが 現段階の私の左手。

右手は手裏剣。もうそのまんまです。

低音や高音がヘタだったのは、みな、この手の状態の生だったのね、とばかりに、本日は久々に燃えてさらいこんだ一日でした。全てがガラっと変化したのでした。

鷹取にも通じる、横隔膜を下げる手の内でずっと演奏できるのだから、これが悪いはずはない。
ちょっと夢みたいな気分です。

この感動は本当に久々のものです。
最近はちょっとやそっとじゃ感動できなくなっている。

気付きがあるたびに、生まれて初めてフルートと出逢えたような心地がするのが、幸せ。

ゴム撤去を進めてくださった先生のメールには

「感覚も大きく変わられることと思います。」

とあった。半ば、仕方なく、ウツウツの中でゴムを紐に取り換えたのですが、多分、それがあったからこそ、の今回の気付きではないか、とも思います。

ゴム撤去、本当にお勧めです。

昨晩は裸で寝るのをやってみたけれど、暖かくて夜中に起きてしまったくらい。
朝の目覚めも爽やかでした。

これでまた感覚がどんどんと変化していきそうな予感も。こちらも、すぐに出来るのでよかったらお試しを。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:白川真理
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:9月22日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・ハンドメイド-足半(あしなか)作り
    ・お酒-宴会
    ・お笑い-ダジャレ収集
読者になる
武蔵野音楽大学卒業。
ミュンヘンのM.ヘンケル女史のもとで1年半、研鑽を積む。
1998年より現在、元NHK交響楽団の植村泰一氏に師事。
川崎優氏率いる「茅笛の会」の一員としてヨーロッパ公演多数。同氏主催の「アンサンブルムジカフィオーレ」の一員としてTV出演、コンサート多数。
企業・自治体依頼のコンサート等でフリーのソリストとしても活動。
CD[SERENADE〜flow〜」をリリース。
2003年よりヴィンテージフルートである銀のルイ・ロット(現在99才)を愛用。独自の音色で講評を博す。


2003年より、古武術研究家、甲野善紀氏のもと、演奏時の身体の使い方、応用を研究実践。
関連の公演、演奏を銀座山野楽器、防衛大学、横浜市の依頼で行う。
専門誌「ザ・フルート」に「古武術に学ぶフルート」を連載。
「身体から革命を起こす」(甲野善紀・田中聡・共著・新潮社)にインタビューが掲載。
甲野氏を招いての音楽家の為の勉強会、公開講座を定期的に主催。

福島県江平(えだいら)遺跡より発掘された奈良時代、日本最古の竹笛「江平の笛」(研究復元製作・関根秀樹氏)を演奏。NHKTV,FM放送等に出演。


こちらのブログでは、少しずつ、過去に発表した自身のテキストを再検証しつつ、現在の気付きなども書いていく予定です。

日々の雑感、出来事などは、mixiにて,ハンドルネームmariで公開で書いております。どうぞ、お気兼ねなくご訪問ください。

演奏・レッスン・講習会の依頼、お問い合わせ等は、どうぞ、こちらに!

karadatoongaku@gmail.com
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像白川真理
» カウントダウン 9月22日(木) (2016年09月23日)
アイコン画像岡野真美
» カウントダウン 9月22日(木) (2016年09月23日)
アイコン画像白川真理
» パソコン復活 (2016年04月17日)
アイコン画像Yumiko ISHIKAWA
» パソコン復活 (2016年04月17日)
アイコン画像白川真理
» 『古武術に学ぶ楽器奏法』 12月20日(日) (2015年12月24日)
アイコン画像青森県 もうすぐ55歳
» 『古武術に学ぶ楽器奏法』 12月20日(日) (2015年12月22日)
アイコン画像白川真理
» 白熊の気付き & ピアノ集中レッスン (2015年12月15日)
アイコン画像鶴島(笠井)明子
» 白熊の気付き & ピアノ集中レッスン (2015年12月15日)
Yapme!一覧
読者になる