意外と見落としがちなお部屋の乾燥対策

February 18 [Mon], 2013, 15:53
この時期、お肌が乾燥して困ってしまいますよね(~_~;)
屋外はもちろん、室内の乾燥がお肌にとっても悪影響なんです。
部屋が乾燥してしまうのは、人体にとって決して良いものではありません。
肌やのどに対して部屋が乾燥していると良くない影響があるので、可能な限り防ぐようにしましょう。
部屋が乾燥してしまうことを防ぐには、どういった方法をとれば良いでしょうか。
素早く部屋の中の乾燥を防ぐためには、加湿器を置くことがとても簡単な方法になります。
近頃の加湿器はバリエーションに富んだ商品が購入可能で、アロマ効果を持つ加湿器なども存在します。
加湿器を置けない場合には、部屋の中で洗濯物を乾燥させたり、水を含ませたタオルを室内に一枚だけかけておくことでも効果があります。
それ以外でも、観葉植物を飾ることで部屋の中の乾燥を防ぐという対応策もあります。
観葉植物というものは、部屋が乾燥状態になるに従い空気中に水分を放つという性質が確認されています。
観葉植物はインテリア性にも優れているので、大きくなくても大丈夫なので部屋の中に飾ってみてください。
入浴が済んでしばらく、お風呂の扉を閉めないでおいたり、やかんを使ってお湯を沸かすことで部屋の乾燥を防ぐこともできます。
消臭やアロマをする時などにスプレータイプのものを使えば、部屋の乾燥を防ぐのに一役買ってくれます。
水を入れた霧吹きを吹きかけるのと変わらないので、このようなスプレータイプのものも上手く活用していってください。
部屋の乾燥を防ぐようにするには、このようにちょっとした考えを加えることで十分な効果を望むことができます。
自分の部屋にぴったりな方法で、部屋に生じる乾燥を防ぐために心がけてみてください。

時期的にみてみるとどうでしょう?
12月〜2月の寒さの厳しい時期には目立って空気も乾燥状態になり、当然お肌も乾燥しやすくなります。
大気中の湿度も下がりますが、室内であっても暖房やストーブをはじめとするものを運転させることによって余計に乾燥を招きます。
冬のお肌の大敵とまで称される乾燥を防ぐには、何をしたら良いでしょうか。
まずはじめに部屋の中の湿度調整を行って、お部屋に潤いを持たせるようにしましょう。
加湿器を使って乾燥を防ぐ方法も一つですが、濡れタオルを一枚かけておくだけであっさり加湿の効果が期待できます。
肌を過剰に洗ってしまうことで乾燥肌を発せさせてしまう場合もあります。
冬はせっけんで毎日洗わなくても構わず、ぬるま湯で手早く洗い流すだけでもしっかりと汚れは落ちるのです。
せっけんを使用する場合には、十分に泡立ててからゴシゴシするのではなく泡を使って洗うようにしましょう。
洗顔を行った後には十分な化粧水をつけて、不足のない保湿を行わなくてはいけません。
体の中から乾燥を防ぐ対策として、コラーゲンやビタミンCないしAといった要素を取り込むというものがあります。
緑黄色野菜や果物、そして海藻類などにもたっぷりと含まれているので、どんどん摂取することで乾燥を防ぐのに期待できます。
うなぎ、鮭、ししゃもなどの魚にもたくさん含まれているため、乾燥を引き起こしやすい冬場には進んで食べるようにするのが良いでしょう。
冬場に起こる乾燥は普段の暮らしを少し見直してみるだけで防ぐことも望めるので、ひどい状態になる前に対処するようにしましょう。

乾燥肌のためのファンデーション
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kamikami5
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kar0weiwffs/index1_0.rdf