小木曽の布川

May 26 [Fri], 2017, 12:38
浮気調査を探偵に依頼するとき、対象に内密に尾行や張り込みなどの調査を行い、そこで得た証拠や情報をクライアントに報告する探偵業というのは違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。



現在は探偵業法による規制があるので、その点は心配要らないでしょう。


2000年代中頃にこの法律が制定される前は、調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、違法な詐欺まがいの業者との様々な問題を防止するべく策定されたのです。よく着る服装が変化してきたら、よくない兆候です。浮気相手の趣味に合わせたものであったり、ほんの少しだけでも格好よく見せたりしている可能性があります。突然に本人よりも若い年代の人のカラー・デザインの服装を選択するようになってきたら、大変よくない兆候です。服の中でも、きれいな下着を着用しだしたら、浮気の可能性があります。
知らない探偵社に個人的に相談するのは怖いという方もいらっしゃるでしょう。
本名を名乗るのが嫌でしたら、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる事業者も存在します。



とりあえずそこで相談し、信頼できそうなところだと感じたら、あらためて個人情報を伝えることもできるのです。


一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査員が何人かによっても違いますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。

もちろん、調査員が1人であれば安く、多いほど高くなります。また、尾行の時に移動のために車やバイクを使った場合、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認がいります。
アルバイトとして探偵をしている人がいるときがあるのです。
探偵としてのアルバイトを調べてみると、なんと求人の情報があるのです。このように、バイトが仕事をしている探偵事務所もいっぱいあるということです。浮気調査をさせようとするときには、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。



バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、見た情報を他人に流すことも否定できません。不倫がわかり、離婚調停や裁判ということになれば、不倫行為を証明する物証がモノを言うでしょう。
証拠に採用されるものとしては、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴などが不倫行為の裏付けとして認められるケースがあります。


パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、誰にでも明白な浮気の証拠を押さえておき、慰謝料としてある程度の金額を請求するのが、よく効くようです。
不倫の相手のほうでは後先のことまで考えが及んでいないケースも多いですから、賠償を求めることで、自分たちがしでかしたことの償いをさせることができるのなら、ぜひやってみるべきです。

浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、普通は1週間以内には終わります。
とはいっても、これはあくまで平均がそれぐらいだという話です。パートナーがとても慎重な性格だとなかなか証拠がつかめなくて、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあると思っていてください。

逆に、浮気する可能性の高い日が特定済みの場合は、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。
よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、もちろん、やっかみで言っているのではないです。



もともと我が身のために、平気で別の家庭を壊したりできるのですし、めでたく結婚したところで、出会いのきっかけなんて言えませんし、知られた時点で最後だろうなと覚悟して生活していくことになります。略奪婚の末に入籍までこぎつけても、再び不倫にならないとも限らず、心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。



配偶者の行動追跡調査で探偵社を利用すると、調査相手に気付かれはしないかと不安になる人もいるようです。



探偵というのは相応の技能と経験を持つプロフェッショナルですから、気付かれるような可能性はまずありません。また、意外なところでは、調査を依頼したことで振る舞いが微妙に不自然になってしまって、相手のガードがかたくなり、うまく証拠を押さえられないこともあります。調査完了日までは少なくとも、何事もないような様子で過ごすことが大事です。



探偵は依頼されたことのみを調査すればいいのではありません。
不倫をしているのか調べていくと、トラブルが発生する可能性があります。


そういう時には、依頼した人のことを最優先に考えてくれるのが信用していい探偵と言うものです。探偵が信用できるか否かは、相談した時の対応などでじっくり考えて判断をすればよいでしょう。以前に比べSNSに抵抗感のない人が増えてきて、便利に使いすぎて浮気がばれてしまった場合も増えているのです。
配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅうチェックするそぶりがあれば、不倫相手と連絡を取り合っていることも考えられます。SNSに関わる相手の態度というのは、不倫の有無を判断する好材料にもなるのです。

配偶者に浮気の疑いがあるのなら、考えなしに探偵に浮気調査を頼むよりも、業者が行う無料相談を試してみるというのもありだと思います。



そうでなくても不倫で心が揺らいでいるときに、いきなり知らない相手に極めてプライベートな調査を依頼するのは、どうしたって不安なものです。

リスク軽減のために、とりあえず無料で相談し、信頼しても良さそうだと思ったら依頼するのです。
行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、その裏付けをとる必要があります。

不倫行為の証拠といえば、やはり、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。
不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を手に入れるのは不用意なトラブルに発展しかねませんので、探偵業者に依頼することも候補に入れておくといいかもしれません。

探偵の看板を掲げるには取り立てて特殊な資格等は不要です。



ただ、平成19年の探偵業法の施行により、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出書を提出し、「探偵業届出証明書」を交付してもらい、認可された会社(個人も可)になることが開業の大前提となります。
営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。

先日、浮気の慰謝料に請求期限があるのを知りました。時効といって、相手が誰だかを知ってから3年間というのは結構短い期間ですよね。

もしくは不倫の事実から20年以内でも構わないそうです。もし時効まで時間がないときには裁判を起こすことで、時効はなくなります。
時効が迫っているなら、裁判を起こす手を使うほうがいいでしょう。


配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気を確定することもできるかもしれません。
まず、普段は入らないような毎回、コンビニのレシートを見かけることが多くなったら、その周辺に習慣的に何度も行っていることになるのです。


その場所でずっと見ていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかもしれません。探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、従来は発信機がありましたが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、旧発信機の時代に比べると調査対象の追跡性能がアップしました。
いまどきのGPSの精度はとても高く、地下駐車場など通信困難な場所でない限り、追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。
これさえガッチリとつけることができれば、追跡調査の確実性は著しく増すのです。

浮気というのは字のごとく軽い気持ちでしてしまうものかもしれませんが、妻にとっては浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。



許しがたい不貞行為をしたい放題にしておくなんてもってのほかです。



不倫行為の裏付けをとる手段はすぐ思いつくのは、ケータイチェックでしょう。肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。

主人に浮気されたくないので、私はいつも注意していることがあります。



それは、相手の言動を否定しないこと。



私なりにわがままを言ったりすることはありますが、相手の気持ちを傷つけたり言い合いになるようなことは言いません。


それに、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。男の人のプライドを大事にして、服装や美容にも気配りを忘れずに、自分の中の女である部分に磨きをかけておけば、夫婦円満で不倫もないと考えています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:颯人
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる