【 更新情報 】

スポンサードリンク

カプサイシンの育毛効果

カプサイシン・・・もちろん、ダイエットでよく聞くあのカプサイシンです。このカプサイシンに育毛効果がある事はあまり知られておらず、カプサイシンと育毛の繋がりを不思議に思う方も多いと思いますので、説明していきます。

カプサイシンとは唐辛子に含まれる辛味成分のことで、味も臭いもなく噛むことで直に痛覚に働きかける物質です。辛み成分だからと言って、ワサビやカラシに含まれる辛み成分、アリルイソチオシアネートとは別物ですので注意が必要です。

カプサイシンの効果は、ダイエットでよく知られている脂肪燃焼、新陳代謝を改善させるなどの体に良いことが多く、その他にも疲れをとったり、血行をよくしたりすると言われています。

次に毛の成長を妨げる原因として、頭皮の筋肉の収縮よる血行悪化あげられます。これにより、血流が悪くなり髪に栄養が十分行き渡らなくなってしまうのです。

つまり、カプサイシンの効果によって血行を良くなる事で頭皮の血流が改善され、髪の1本1本にしっかりと十分な栄養が行き渡るようになる・・・これが育毛に繋がるのです。

カプサイシンとイソフラボンで育毛

カプサイシンは血行を改善し、髪に栄養を行き渡らせる事で育毛を補助します。では、イソフラボンとはなんなのでしょうか?最近よく耳にするイソフラボンですが、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで注目されている物質なのです。

大豆胚芽に多く含まれているフラボノイドの一種で、現在15種類の大豆イソフラボンが確認されています。このイソフラボン自体の効果は、女性ホルモンの働きと似ていてバストアップや生理不順の改善など、さらに一部のガン予防(乳がん、前立腺がん、大腸がん、肺がん、肝臓がん、胃がん、白血病など)や動脈硬化予防の効果があるそうです。

そして、このイソフラボンはカプサイシンと同様に、髪の毛の素である毛母細胞を活性化する物質「IGF−1」を増加させる働きがあるのです。

よって、カプサイシンとイソフラボンを一緒に摂取する事で頭皮の血行がよくなり、髪の毛の素である毛母細胞が活性化されるので、より効率的な育毛が実現可能なのです。しかし、このイソフラボンも過剰摂取は控えるようにという注意もありますので、気をつけてください。


カプサイシンサプリメント人気商品

カプサイシンはダイエット効果(脂肪燃焼を促す)や育毛効果(頭皮の血行を良くする)があるという事で、男性にも女性にも注目されている物質となっています。

しかし、日本では韓国のように辛い物(唐辛子成分を含む食べ物)を毎日食べる習慣がなく、お手頃なキムチも口臭などを気にしてしまいますし、唐辛子を直接食べるなんて事もできないでしょう。このように、気軽に摂取できない場合があります。

ですが、カプサイシンをサプリメントで摂取するというなら話は変わってきます。もともとカプサイシンは無味無臭ですので、口臭などを心配する必要もありません。この気軽に摂取できるという点とカプサイシンの人気から、カプサイシンサプリメントはいまや大人気商品となっているのです。

「カプサイシンダイエット」などの商品名で販売されていたり、他のサプリメントと混ぜ合わせたものを効果のある病名や効能別(例えば育毛用サプリメントとして来夢など)に販売されていたりするほど人気があります。

このように毎日摂取すると体に良い物でも様々な理由で摂取できない場合、サプリメントによって気軽に摂取できる・・・これはサプリメントの本来のあり方であり、カプサイシンサプリメントが大人気になった大きな理由でもあるのでしょう。