ずぼらパスタ

August 10 [Thu], 2017, 11:51
簡単なペペロンチーノをさらに簡単に作ってみよう
鍋は一つしかつかわない
にんにくは使いません

■材料
@パスタ
 ディチェコのフェデリーニがMyフェイバリッド
 No.10 直径1.4mm 標準茹で時間6分
 
 リングイネも良い

Aオリーブオイル
 入手しやすい中でおいしいのはBoscoのエキストラバージン
  

B唐辛子とか胡椒とかパクチーとか、お好みのスパイスやハーブ
 大根おろしや生姜おろしもGood

C醤油


■手順:1人前
1.湯を沸かす
 塩を入れると良いという説もあるが
 あまり変わらないと思う

2.沸いたらパスタ投入
 私は60g
 普通の人には物足りないか
 乾麺の状態でつかむと直径2cm程度
 アルデンテもおいしいが
 ぐるぐる混ぜて乳化したソースと一体化させるには
 標準茹で時間で意外とOK

3.平行してソース作り
 皿(どんぶり)に下記3点を入れ、よく混ぜる

 Aオリーブオイル:大さじ2:多めに入れるのが好み
 Bスパイス&ハーブ:お好みで
 C醤油:適当、少なめに入れて、足りなければ足すと間違いにくい

4.茹であがったパスタを投入、よ~く混ぜる
 最近はやりの汁なし坦々麺を頼むとよくいわれる「よく混ぜて」
 パスタも同様
 まぜているうちに、オイルがとろっとした感じ(乳化)になると
 ソースとパスタが絡みおいしくなる
 平皿とフォーク、スプーンでもいいが
 どんぶり&箸の方が効率が良い
 どんぶり&箸の場合は、あまり堅く茹でないほうが扱いやすい

■応用・参考
生たまごを入れればカルボナーラに
手順3.で生たまごを加えればカルボナーラ
卵黄のみ入れればより濃厚に
 
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:カッピバーラ
  • 性別:男性
  • 趣味:
    ・旅行-東南アジア
    ・料理-スパイシー
読者になる
自力で自由に生きていきたい
できればサラリーマンは早く辞めたい
冬は暖かい、花粉がない、東南アジアにこもりたい
日々質素に心穏やかに生きていきたい
最新コメント
http://yaplog.jp/kappibarra/index1_0.rdf