スポンサード リンク

顔やせには顔やせマッサージ

顔やせをすると言って最初に思いつくのは何でしょう?たぶん、多くの人がマッサージを連想するでしょうが、お腹周りを引き締めるためのマッサージはこんな風にやれば良いだろうといえるものがありますよね。しかし、顔やせマッサージと言ったらこれ。そう言い切れるものはなかなか出て来ないのでは無いのではないでしょうか。頬の当り、あごの付近といった部分に対して個別に顔やせマッサージを施すだけでは、顔やせを実現できるほどの効果を期待はできません。では、具体的に顔やせマッサージとは何をしたら良いのか。それは、顔のむくみの原因は、体の外に排出されるべき老廃物が積もり積もって、堆積してしまったものであって、顔やせのためには自然な流れで老廃物を排出していく必用があります。どうやって流れを作るのかと言うと、顔にもたくさんあるリンパを意識することです。顔やせはリンパの流れを使って自然に体の外に排出することで実現できるのです。顔にあるリンパの流れは耳の下から首に流れていますので、耳の下に向けて顔やせマッサージをしていくことになります。顔の上部は額からこめかみへ老廃物を流すイメージを持って耳の下へ持っていく顔やせマッサージ。顔のセンターは、鼻、目の下の窪みを通して耳の下へもたらす顔やせマッサージ。そして、顔の下部は、あごの下を出発点にして頬のなで上げて耳への流れで顔やせマッサージを展開していくことです。この顔やせマッサージをやっていくことで、小顔への第一歩が始まります。

顔やせエクササイズをやってみる

エクササイズというと、なんだかハードなイメージを持つかもしれません。しかし、ここで取り上げる顔やせエクササイズは誰にでも、手軽に、簡単にでき顔やせ方法です。ところで、顔のたるみはどうして起きるのでしょう。その原因を食事を例にして考えて見ましょう。現在では、長い時間をかけて噛む習慣が無くなってしまいました。もちろん、軟らかくて食べやすい食料が増えたこともあり、意識して噛むようにしなければ、2、3回噛めば食べられる物もたくさんあります。また、感情を顔で表現する機会がなくなっていることもあって、顔の筋肉、表情筋を使う場面がほとんど無くなっています。このため、顔がたるむ原因がたくさん存在することになります。顔のむくみを取るための、顔やせエクササイズが脚光を浴びるのはこのためなのです。では、顔やせエクササイズの具体的な方法を公開しますが、一番簡単なのは、口輪筋を鍛えることです。この筋肉は口の周りにあり、口の形状をコントロールする筋肉で、顔やせエクササイズで重視する筋肉です。この口輪筋を力いっぱい使ってアイウエオの口の形を可能な限り大きな口を開いてやってみましょう。これが、顔やせエクササイズの基本はこの形なのです。あまりにも簡単すぎると思われた方は、まだ口の開きが足りないかもしれません。効果のある顔やせエクササイズはたったこれだけのことかも知れませんが力を使うものです。せっかく顔やせエクササイズを行うのですから、効果のあるレベルまでやって見ましょう。

顔やせを阻むもの

誰もが悩むことですが、特に顔やせを阻害する原因となっているのが、実はパソコンなんですね。パソコンを使っている時は、誰もがパソコンの画面を食い入るように見ていますよね。笑いながらパソコン操作をしている人を見たことは無いですし、他の人とお話をしながらパソコンのキーを押している人も殆どありませんね。、真剣になってパソコンをにらんでいるその表情が、顔やせの大敵になるのです。表情筋はたるみっぱなしなのです。表情というのは、表情筋が作り出しているのは字からも推測できるでしょうが、喜び、感動、驚き、怒り等があると、本来は表情筋が動きだし、その動きとともにリンパの流れを良くし顔に無駄な肉が付かずに顔やせが実現するのです。表情筋のが活動しないことには顔やせを実現できるはずも無く、気が付いた時には二重あごの完成となってしまうこともあるでしょう。顔やせを願う多くの人が忘れがちなのが、日常の何気ない行動や、癖が顔やせを阻む強敵となっていることもあることを理解してください。顔やせを行うことは決して難しいことではありません。ちょっとした工夫で、引き締まった顔を手に入れることが出来るのです。

顔やせは早い効果が期待できます

顔やせを考えていてもダイエットと聞くとお腹周りを手で押さえる人も多いのではないでしょうか。内臓脂肪が気になる人のための脂肪燃焼系のお茶もあるくらいですからね。しかし、成果が出やすいのはお腹周りよりも、顔やせの方なのです。なぜ、顔やせの成果が出るのかと言うと、脂肪が付いている部分は、普段動かしていない部分なのです。顔やせが必用になってきた背景には、情報化社会の中で、コミュニケーションツールとしての会話が行われなくなってきたことがあげられるのです。つまり、メールやファックスによる情報のやり取りが多くなり、顔の表情筋を使う会話が極端に減ってきたのです。会社でも、パソコンを使っての仕事が増加し、パソコンのモニターを見つめながら無表情で仕事をしていませんか。顔の表情筋も使うことが無くなればどんどん固まっていきます。固まった表情筋の周りには老廃物が付着していきます。これが顔のたるみとなっていくのですが、逆に考えると、顔やせを行うためには、表情筋を普段から動かすようにすれば良い訳です。会話を増やしていく、無表情が続いたと思ったら表情を作るトレーニングをする。これも一つの顔やせ対策となるでしょう。