顔のたるみ改善と美顔器 

2012年07月13日(金) 23時20分
美顔器を使った方法も、顔のたるみ改善の方法はいろいろとあるとはいえたるみ改善には効果があるようです。しかし少なくないのが、エステに行きたいけれど、時間が無かったり、近くにエステサロンが無かったりとさまざまな理由で行けない人たちです。美顔器の中でもイオン導入式のものは、皮膚をおおう角質層のその下の真皮層までイオンの効果で有効成分を浸透させてくれるようです。大変便利な美肌アイテムで、普段のクレンジングでは落ちない汚れを集めて排出してくれるようです。振動によって皮膚の奥の血液や細胞1つ1つに成分を行き渡らせてくれるのが、超音波タイプの美顔器だそうです。超音波によって振動するので、マッサージと同じ効果があり、新陳代謝を高め、血行促進にも効果があります。たるみ改善がいつでも簡単に自宅でできるので、非常に美顔器があれば重宝します。

顔のたるみを予防するには 

2012年06月20日(水) 21時57分
たるみが顔に出ることについては、医学的にも解明されていることがすでにいくつかあるのです。しわやたるみは、加齢とともに誰にでも出てきます。加齢とともに肌に含まれるコラーゲンなどの弾力成分が少なくなることも、顔にしわやたるみができる原因の一つです。やめたほうがいいのは、眉毛を動かす癖ですので気をつけましょう。この他にも目の周りのたるみを防ぐ効果が目線を下げることでもあるといいます。普段の生活の中に、読書や編み物、料理など、目線を下げるような作業を取り入れましょう。

顔のたるみをチェック 

2012年05月14日(月) 20時43分
一般的に顔に出るたるみの中でも、目の周りやまぶたのたるみが、何かと不快な症状が伴いやすいかもしれません。正面に鏡があることをイメージして、目を開きます。動作を行ってみて眉毛の位置が明らかに上へ移動した場合は、移動分だけまぶたがたるんでいることが考えられます。たるみがまぶたに起こってくると、まぶたを持ち上げる必要が目を開けた時にその分だけあるため、まゆ毛の位置が上になってきます。夜更かしをする、泣く、花粉症といった時にはよく目をこすることがあるかもしれません。あまり若いうちから目をこすってばかりいると、目元を中心にたるみやすくなることがあるそうなので気をつけましょう。顔の筋肉が緊張することでも起こりやすくなるのが、顔のたるみです。

顔のたるみ 

2012年04月06日(金) 21時17分
顔は最も体の中で年齢が出やすいと言われてることろです。顔に出てくるしわやたるみを確認することで頭痛や肩こりなどの症状を持っているかどうかが、専門的な知識を持つ形成外科医が見た場合にはわかってしまうといいます。可能性として考えられるのは、顔のたるみを単なる老化だと思い放っておくと、頭痛や肩こり、不眠、うつといった症状を引き起こすことです。顔に出るたるみの中には老化現象として、放置してはいけないものもあるので時には注意が必要です。眉毛からまぶた、眼の下にまでたるみが出ている場合です。この症状は眼瞼下垂症と呼ばれ、いろいろな機能的障害が医学的にも出やすいと言われているものです。できるだけ顔にたるみが出ないように、日頃から予防しておくことで不快な症状を軽くする事ができます。

顔のたるみやすい人の特徴 

2011年08月06日(土) 21時31分
顔がたるみやすい人はそういう原因を持った人ですが、それを紹介します。

内臓が弱いと顔がたるみやすくなるのですが、それは血流の半分が内臓で作られているため、内臓が弱いと血流も悪くなるからです。

栄養状態がよくないと筋肉も衰えてしまうので、顔がたるんでしまいます。

内臓が弱くて顔がたるんでいる人は、食事のときに食べ物をよくかむようにすると消化もよくなり、筋肉を使うことにもなって効果的でしょう。

血行が悪い人、冷え性の人も顔がたるみやすく、それは血行が悪いと血流を悪くし、それが栄養を充分に運べないことにつながるからです。

こんな顔のたるみをなくすためには、意識して口角を上げるようにするとよく、何より表情は豊かなほうがいいでしょう。

無表情な人もそうで、顔のたるみを解消するには、顔の下半分を動かすことが重要です。

無表情な人は口角が下に下がっていることが多いもので、これは重力の作用によるもので、顔の皮膚がたるんでいるのです。

そうなると栄養状態はどうしても悪くなり、筋肉も衰え、顔がたるむことになるのです。

顔のたるみと加齢 

2011年07月10日(日) 20時31分

また顔の皮膚の内部にも原因が潜んでいます。

しかしそのままにするのではなく、どうして顔がたるむか原因を探ってみましょう。

この女性にとって大きな悩みの種である顔のたるみは、いったい何が原因で起こるのでしょうか。いつまでも美しくいたい、若い時の美肌を維持したいと思うことは全ての女性にとっての永遠のテーマです。

それで、肌を支える筋力が徐々に減少し、筋力の衰えた皮膚と脂肪のほうが増えてしまい、顔はたるんでしまうというわけです。

このコラーゲンやエラスチンといった皮膚成分は、歳をとるにつれ減少することを食い止めることは不可能なのです。

歳をとれば筋力は衰えるわけで、肌は重力に逆らうことができず、下のほうへと移動してしまうのは、食い止めることのできない現象です。

歳を重ねるごとに皮膚がたるむという老化現象は、女性の大きな悩みのひとつです。

加齢により変化していく自分の肌と向き合い確実なたるみ対策を見つけ出しましょう。

顔たるみの原因について 

2011年07月04日(月) 19時47分
肌の乾燥や皮下脂肪の減少などは、顔のたるみを起こすもとと考えられています。

美肌作りに欠かすことのできないエラスチンやコラーゲンは、不足してくると肌にハリを失わせ、顔のたるみを助長することになるのです。

健康的な肌を維持する為に欠かせないエラスチンやコラーゲンは、繊維芽細胞という皮膚細胞が生産しています。

まだの乾燥は顔のたるみを作ってしまうだけでなく、老化を早めてしまうのです。

顔のたるみは、顔の皮下脂肪が減少することでも作られてしまうのです。

皮下脂肪組織の働きは年をとるとともに弱くなるので、目元のしわが深くなったり目がくぼんだりして顔のたるみが気になるようになるのはこのためです。

私たちの体の中には、皮下脂肪組織の働き方が弱くなる部分があるのですが、特にそれが激しいのが目のまわりです。

毎日のお肌のケアで、乾燥を防ぐようにしなければなりません。

お風呂上りに顔にしっかり保湿をし、絶対に肌が乾燥しないように気をつければ、顔のたるみを解消することはきっと可能でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kaotage
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる