即興で生きること 

2007年12月18日(火) 15時12分
世の中に悲劇というのは数多くあれど、
20世紀最末期から現在において日常的に起こりうる悲劇の
ひとつが、「打った文章が一瞬にして消えてしまう」という
やつだろう。

・・・こんな書き出しではじめたのは、
今しがた、自らがこの悲劇に見舞われたからだ。

かなりがっくりだ。
けっこう渾身の文章だったのに・・・。
まさか・・・・と思い、戻るボタンを押すも闇に葬られた
あの文章はもう二度とは表示されない。

かといって、記憶の糸を手繰って再生を試みようとすれば
悲劇を引きずり続けるだけだ。

というわけで、あの渾身の文章を書いている時の
【一心不乱感】の余韻をひきずりながら、
この文章を書く。

でも考えてみれば、芸術なんてそんなものだ。
絵も文も即興だ。振り付けのあるダンスだって
脚本のある芝居だって、やはり即興なのだ。
その瞬間の自分でしか表現できない。
同じ表現は二度とない。

だからこそ、今を忠実に、真実に表現したい。
今の自分、今の世界は二度とこないのだから。

・・・というわけで。
闇に消えた原稿のタイトル【Be spontaneous】の
空気を少し漂わせながらこの投稿を終えるとしよう。

やれやれ。





とりあえず 

2007年12月03日(月) 14時47分
まずはブログを書いてみるとしよう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kaorunaway
読者になる
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像みく♪
» とりあえず (2007年12月07日)
Yapme!一覧
読者になる