ベートーヴェン(Ludwing van Beethoven) 

2005年04月04日(月) 12時41分
ハイドン、モーツァルトの音楽を継承し
古典派音楽を大成しロマン派への足がかりを作った
音楽史上希有の作曲家。
28歳の時、突然の聴力減退の病に襲われ
1802年にかの有名なハイリゲンシュタットの遺書を
残すまでの苦難を経ながらも、9つの交響曲、32のピアノ・ソナタ
20近い弦楽四重奏曲他の偉大な作品を残した


ベートーヴェンってすごく怖いイメージがありますが
この人、実はとても優しくシャイな人だったらしいです。
耳が聞こえにくいため、人と話している時に何を言っているかわからず
でも何度も聞き返すのが嫌で人嫌いになったとか・・・

ベートーヴェンが住んでいた家にもいくつか行ってみましたが
都心ではなく自然に囲まれた小さな家が多かったです。
モーツァルトは都心のマンションみたいなところに
住んでいましたけどね

ベートーヴェンで一番有名な曲と言えば
「エリーゼのために」でしょうか。
発表会でも良く弾かれる曲ですね。
この曲は実はベートーヴェンが作曲した曲ではないと言われていますが
事実はどうなんでしょうね

モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart) 

2005年03月31日(木) 19時31分
幼児期より天才をあらわし
当時のあらゆるジャンルに傑作を残した。
バッハやベートーヴェンとともに西欧的な美の典型のひとつをなし
近年にいたるまで作品・人物ともに神格化・神話化された。
8歳で最初の交響曲を書き
32歳で最後の交響曲「第41番」を書き上げるまで
24年間の作曲活動のほぼ全般にわたって交響曲を書き続けた


モーツァルトは尊敬されるべき人物だと
ずっと思っていたのですが
中学生の頃、モーツァルトの伝記を読んでショックを受けました
今となってはほほえましい人間だと思えるのですが
モーツァルトが従姉妹に書いたいやらしい手紙などが
中学生の私には信じられなかったのです。
彼はきっと心が純粋で、まっすぐな人だったのでしょうね

前回の発表会では長部さんがトルコ行進曲を弾く予定でしたね
残念ながら怪我をしてしまって出演できませんでしたが・・・
モーツァルトの曲は音をおうのはそんなに難しくはありませんが
表現がとても難しいのです
仁一朗君がモーツァルトを今年の発表会で弾きたいと言っているので
チャレンジさせてあげようかな、と思っています

J.Sバッハ(Johhan Sebastian Bach) 

2005年03月31日(木) 17時00分
バロック期最大の作曲家。
生涯のほとんどを教会音楽家として過ごし、
数多くのカンタータ、オラトリオ、オルガン作品などを残した。
ケーテンの宮廷音楽家だった時期もあり、多くの器楽作品も作曲している。
そして、後世ベートーヴェンをはじめ
モーツァルト、ショパン、シューマン、ブラームスなど、
数えきれないほどの大作曲家たちに大きな影響を与えた。


バッハの曲は私も大好きで生徒さんにも色々渡しています。
ただ、難しい曲も多いのでアレンジした曲を渡していることが多いです。
大人の方ですと、G線上のアリアやアヴェマリアなどの
アレンジを発表会の曲としてチャレンジされる方が多いですね。

ブログ開始 

2005年03月30日(水) 15時33分
なかなかHPの更新が出来ないため
ブログ形式で作曲家や曲、楽器についてなどを
更新していきたいと思います

もしレッスンでやっている曲について
詳しく知りたい、などありましたら
レッスン中に言って下さいね
詳しく調べたいと思いますので。
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kaorimusic
読者になる
Yapme!一覧
読者になる