濃くなった顔の産毛の自己処理 黒ずみやぶつぶつができる前に!

November 14 [Mon], 2016, 14:29
いつの間にか顔の産毛が生えるスピードが速くなっていて、毎日のように剃らないと、産毛がぷつぷつと目立つようになっていました。

肌の調子が割るときにカミソリで剃ってしまうと、血が出たり肌がすごくガサガサになってしまっていたものの、今はほとんど手間をかけることなく産毛が目立たなくなりました。



どうやったら顔の産毛が目立たなくなるのか?顔のムダ毛処理の方法を徹底的に研究した結果、肌荒れもしなくなって、透明感も出るようになったんです。

産毛が目立たなくなったせいで化粧のりもうんとよくなったし、ファンデーションも良く伸びるようになったんですが、私がどんなムダ毛処理をしているのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。



■カミソリで剃るのは危険

ムダ毛をてっとり早く自己処理するにはカミソリで剃る方法がありますよね。ムダ毛処理専用のカミソリなんかもあるので、一番ポピュラーな方法じゃないかと思います。

剃る前にぬれタオルで十分にムダ毛を柔らかくしておいて、シェービングローションを塗り、産毛が生える方向に合わせて剃れば、肌へのダメージも極力抑えることはできます。



ただそれでも、刃を肌にあてる以上、肌表面の薄い皮膚をわずかに削ることになります。そのダメージが蓄積されることによって、肌がかぶれたりぶつぶつができる原因となります。

それでも剃り続けてしますと黒ずみが起きるようになるし、埋没毛と言って、肌の中でムダ毛が伸びて黒いぼつぼつができてしまう危険があります。



■肌にやさしい方法でやるべき

ムダ毛を処理するときに絶対に気を付けたいのはやっぱり肌への負担です。肌にダメージを蓄積させる方法を続けてしまうと、肌の調子がみるみる悪くなり、自分の肌に自信が持てなくなります。

そこでおすすめなのが抑毛ローションなんです。抑毛ローションとは、毛根の働きを抑える効果のある成分(イソフラボンなど)を肌に塗ることで、ムダ毛が太く長く伸びるのを防いでくれるんです。



効果が出るまでに早くても2週間くらいかかるものの、天然成分の働きでムダ毛を生えなくして行きますから、肌に悪影響を与える心配がありません。

1日1回塗るのが基本なんですが、さらに、ムダ毛が減った後は、回数を減らしても構いません。実際に私は今は週1回塗るだけで、ムダ毛が全く増えていないんです。



■抑毛ローションと言えばこれ

抑毛ローションは探してみると意外とたくさん種類があるんですが、私がオススメするのは、抑毛港のある成分が3種類も入っているパイナップル豆乳ローションです。

2種類のイソフラボン(大豆由来とアイリス由来)と、ムダ毛に対して直接働きかけて細くしてくれるパイナップル酵素が含まれています。



返金保証もついていたので、試しにパイナップル豆乳ローションを使ってみたんですが、思っていた以上のスピードでムダ毛が減ってくれました。

1ヶ月ほどで、ボーボーだったムダ毛がうんと減り、長い産毛がほとんど見当たらなくなりました。かすかな毛のまま抜けるようになったんです。



2か月もすると、産毛が生えているなんてほとんどわからないほどムダ毛がなくなり、肌を触った感じも随分とツルツルになりました。

肌のトーンも以前に比べると随分と明るくなって、逆に言うと、今まで自分の肌が随分とくすんでいたことが良くわかりました。

顔の産毛をなくして肌の調子も整えてくれたパイナップル豆乳ローションがこれです。今ならまだ返金保証がついているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓








パイナップル豆乳ローションといえばこれ

November 14 [Mon], 2016, 14:29
パイナップル豆乳ローションにも実は、販売している会社がいくつかあるんですが、選んで良いものは鈴木ハーブ研究所のものだけです。
イソフラボンは、毛根の働きを弱める効果はあるものの、実は、個人差が激しいんです。肌質に合う人は良く効くものの、合わない人はさっぱり効き目が出ないんです。

鈴木ハーブ研究所ではそこで、何千種類もあるイソフラボンの中から、日本人に最も効果のあるイソフラボンを丹念に調査。
その結果、大豆由来とアイリス由来の2つのイソフラボンを併用することで抑毛効果がアップすることを発見し、だれが使っても効果が出るように工夫されているんです。

毛抜きで産毛を抜くメリットデメリット

November 14 [Mon], 2016, 14:21
産毛の処理方法として、カミソリで剃ったりパイナップル豆乳ローションを使う以外にも、毛抜きを使って抜くこともできます。
カミソリを使うよりも随分と手間がかかるものの、毛根からごっそり抜くことができるので、黒いぷつぷつが出来たり、チクチクすることがありません。

ただ、産毛を無理抜いてしまうと、毛穴がぽっかり空いてしまう危険があります。そこから雑菌が入り込んで、毛穴が炎症して吹き出物ができることもあります。
産毛を処理するなら、最低でも肌に負担をかけない方法を選ぶべきです。パイナップル豆乳ローションを使うのがやはり、ベストの選択です。