足にニキビができるのはどうして?

March 06 [Wed], 2013, 7:53
足(ふとももや膝)にもニキビってできるんですか?


いわゆる”ニキビ”とは、『皮脂の過剰な分泌』と『毛穴のつまり』の総称です。
顔に出来るものを特にニキビと呼ぶようになっただけで、毛穴につまった皮脂を栄養にして当該菌が異常発生した結果、炎症や化膿をともなっていくものはすべてニキビとも言えます。

ニキビが増えやすい体質の方は経験があると思いますが、それは胸や背中にも出来ることがあります。太股や膝に出来る方は珍しいとはいえますが、それは「そもそもその部位に皮脂腺が少ない」ことが関係すると考えられます。

よく”お尻”などに出来て内部で膿んでしまうものを俗に”瘍”と言い、大きくなって痛みを伴うと切開して膿を出す外科的処方を行います。

まあ、割に簡単に治療できます。顔の真ん中に出来るものを地方では”面丁”と言うことがあり、これは頭部(脳)に近いところで内部膿節が出来てしまうので、脳に毒素が廻ってしまいやすく、外科的治療があまり行われなかった昔は大変に恐れられたものでした。

皮脂腺出口に角質が詰まり、内部に膿胞が溜まってしまうものはすべて、内部の膿を外に出すことを専一に考えなければなりません。あと、その部位が脳に近いかどうかで危険度を図りますが、膝や太股の場合、前述した”瘍”と同じ種類と考えるほうがいいかもしれません。

軽い程度ならニキビ治療で完治すると思われます。

病院に行く暇がなければ、ヒップのトータルケアアイテムを使ってみてはいかがでしょうか。太ももなどの足のニキビケアにもおススメです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:onofut
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kaonofuto/index1_0.rdf