メイクで顔の赤みを隠せない時の対処法!赤みが目立たなくなる?

March 12 [Thu], 2015, 21:57
「顔の赤みがひどくてメイクで隠そうとしてもダメだけど、
 なんとかならないかなぁ?」

と、あなたは悩んでいませんか?

ファンデーションで厚塗りしても、
顔の赤みってなかなかかくすことができないですよね。



また、顔の赤みを隠すメイクはいろいろ紹介されていますよね。

緑系のベースメイクを使うと、
赤と混ざって肌色に見える、なんて言われています。

でも、メイクでごまかそうと思っても、
なかなかうまくいかない、と悩む人は多いですよね。


緑系のベースメイクは色がメーカーによって微妙に違います。

それで、どれが自分に合っているのかを
見つけ出すのはかなり大変です。

化粧品売り場にはメイクをしていくと思いますが、
その上から緑系のベースメイクを試しに塗っても、
自分に合っているのかがわかりにくいと思います。


そんな苦労をするくらいなら顔の赤みをなんとかしたい!
そう思いませんか?

実は、顔の赤みを解消する方法はあるんです。


顔の赤みの大きな原因は肌が薄いことにあります。

肌が薄いと血液の色が透けて見えてしまい、
顔が赤く見えてしまうのです。

肌が薄くなる原因は、洗顔の時に顔をゴシゴシこすったり
あるいはピーリングのしすぎたりして
皮膚が削れて薄くなることがあるんです。

また、肌のバリア機能が低下しても肌が薄くなります。

バリア機能が低下すると外部から肌が刺激されます。

そうすると、肌表面の角質がはがれやすくなります。

それで、肌が薄くなってしまうのです。


さらに、肌のバリア機能が低下し肌が薄くなると、
外部からの刺激に敏感に反応するようになりますので、
炎症を引き起こしやすくなります。

炎症が引き起こされるとさらに顔の赤みがひどくなります。


肌が薄いのを解消するには、ピーリングをやめ、
そして洗顔の時はきちんと泡立て、
泡を顔に撫でるようにして洗顔するといいです。

それと同時に肌のバリア機能を強化する必要があります。


ところで、乳酸菌などの発酵菌に、
美肌効果がある
という事を聞いたことはないでしょうか?

肌には菌が存在していますが、
肌にとって良い菌が増えると、
その菌が肌を守るのに有効な成分を分泌します。

そうすると、外部から肌を守ることができますので、
肌の表面の角質がはがれやすくなるのを防ぐことができます。

逆に肌にとって悪い菌が増えると、
肌トラブルが引き起こされてしまいます。


発酵菌には肌にとって悪い菌を退治し、
良い菌を増やす働きがあるのです。

肌にとって良い菌のことを最近は「美肌菌」なんて
言われるようにまりましたね。


それで、美肌菌を増やすのに顔にヨーグルトを塗ると良い、
なんて言われています。

それよりも、美肌菌を増やすのに効果的なジェルがあります。

それは「オイズ PBジェル」です。

5つもの発酵菌が含まれていますし、
保湿効果のある成分も配合されています。

それで、肌にとって良い菌を増やす効果が期待できますし、
保湿して肌の状態を良くすることができるので、
肌表面の角質がはがれ落ちるのを防ぐことができます。

そうなれば、肌が薄いのを解消できますので、
赤み解消にもつながりますよね。


詳しい情報は下の画像をクリックすると確認できます。
↓  ↓  ↓