>

関ジャニ∞とkis-my-ft2とJ.J.expressの夢小説サイトです。 自作の詩も載せたりw 初めての人は見るにあたってを呼んでください

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kanzyani88
読者になる
2007年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像yui
御題をまず書いときます (2007年05月12日)
アイコン画像恋奈
069 校庭で愛の告白を (学校御題 (2007年03月05日)
アイコン画像由愛
長編だったりね (2007年01月19日)
アイコン画像☆モコ★
長編だったりね (2007年01月19日)
Yapme!一覧
読者になる
A corner of a classroom 1 / 2007年03月29日(木)
CAST
大城 冴<オオシロサエ 中3

高木雄也<タカキユウヤ 中3 <実物より若い...まー気にするなw ぇ

大西由真<オオニシユマ 中3

橋本良亮<ハシモトリョウスケ 中1

------------------------------------------





教室の片隅で泣く事が日課になっていた。





A corner of a classroom 1




HRもすべておわった時

今1番会いたくないやつがやってきた。







「冴1緒に帰る?」






風が2人に吹いてきた






「ううん。1人で帰る。」




カラスがないた。






「分かった。また」











「ふう」




ウチラって本当に付き合ってるのかって感じの会話

関係がくずれたのは1週間前

雄也の浮気現場を目撃したんだ。



NEXT

--------------------------------------------------------------
なんかびみょーな感じで終わってしまった ←

あはは え


 
   
Posted at 23:02 / 高木雄也 A corner of a classroom / この記事のURL
コメント(0)
置いてけぼり / 2007年03月20日(火)
:置いてけぼり:  daiki arioka




いつのまにか





キミは大人になった
あの頃のキミは



どこだろう







「大ちゃーん!久しぶり。」





「舞?中2以来じゃん」










「うんこっちに戻ってきたの高校からここにくるんだー」




「そーなんだ」











ワタシは中2の時転校した。

大好きだった大チャンの前から消えたんだ

でもお父さんの仕事の都合で戻ってきた。

でもあの頃の大チャンと今の大チャンは...



変わっていたんだ








2007.5.10

学校にもなれ始めた



「舞ー!!」



「花音どーしたの?」





「ビックニュースだよ!有岡クンと隣のクラスの沙由紀チャンが
付き合うことになったんだって!!」














目の前のキミは
ワタシの知らないキミ
どうやらワタシだけ
置いてけぼりに
されちゃったみたいだね



-------------------------------------------------------------------------
駄作すいません;
でもなんかアイデアがばんばんbb
てか長編はやくかかなきゃ;

RC→

おしゃれkid's ホームページランキング
 
   
Posted at 19:25 / 特急 大貴 / この記事のURL
コメント(0)
「天使の囁き」 / 2007年03月13日(火)

「天使の囁き」



なんで生きなきゃいけないの?

それはねあなたは神様から生きる事という使命を任されたから


なんで明日があるの?

それはあなたが未来へ1歩ずつ歩んでいくから明日があるんだよ


なんで生きたくないのに生きてるの?

それはねあなたがちょっとでも0.01%でも生きたいって思ってるからだよ


みんな心のすみでは絶対生きたいって思ってるんだ
君は寄り道をしただけ、また明日からあなたは1歩ずつ歩いていくんだ。

未来へ
 
   
Posted at 21:59 /  / この記事のURL
コメント(0)
069 校庭で愛の告白を (学校御題 / 2007年02月28日(水)
069 校庭で愛の告白を yuuya takaki



「そんな恥ずかしい事するやついないってー!!冴現実をみな!」




「いや・・・絶対いるもん!!」



あーまた言い合ってるよ 笑

この2人は・・・


「雄也ーあの2人とめてきなよ」



「えーしょうがねーな」





「冴と愛はなんでもめてんの?」


たった一言いっただけだったのに愛と冴の喧嘩を悪化させてしまった・・・



「雄也絶対いないよね!!校庭で愛の告白する人なんか・・・」



「いーや絶対いる!!この世に100人は!!」




「そんな根拠あんの?絶対いないから!!」




「いーやいる!!」



「いない!!」





「はーいストップ。2人のもめてる原因は冴は校庭で愛の告白をしてもらうのが理想なのね
でも愛はそんなやついないと」



「「そーそー!」」



「でも愛ここに1人いるよ?校庭で愛の告白が出来るやつが」




「え・・・それマジで?」



「うんマジ冴に告白してやってもいいよ?」







「嘘・・・」




。・+・。+・。+・。+・。+・。+・。+・。+・。+・。+・。+・。+・。+・。
軽く甘すぎたかも;
てか雄也キャラじゃないですねはいすいません;
 
   
Posted at 21:39 / 特急 雄也 / この記事のURL
コメント(2)
御題6 / 2007年02月28日(水)
繋いだ体温が泣けるほどせつないなんて
ねえきみはそれほどまでに別れを言えないひとなの
掴んだ指先さえどうにかなりそうな狂熱を覚えている
口先だけでぼくを捕まえて離さないくせに、
吐き出した感情の濁った色を認めずにいた
止まない指先のふるえすらきみは知らずに
心臓がもどかしくきみへと向かって手を伸ばす
甘い恋なんて一生知らないままでいい
泣きながら願うのはうつくしい日々への回帰
残酷なきみはぼくがその手を手放せないことを熟知している
願うのは風化、おろかしいほどそれを求めたのはきみ
呼吸を塞き止めた言葉の化石がくずれない
その指が全身を這い回ることばかり夢想して
さよならも何もかもをきみに預けた後悔はない
舞い散れ舞い散れ血を吸ったばらたちよ
愛しい嘘をいつだって笑って吐き出すんでしょう
彼の微笑んだ表情がうつくしい未練になる
この身が朽ちることが代替になるならば喜んで
ただもういちどあなたのすべてをやきつけたくて
彼に置いてゆかれるもののひとつになりたくない
触れても触れてもさわれないの
きれぎれに見えるきみの断片がぼくらを泣かせている
手を伸ばしてつかみとる体温は壊れそうにつめたい
そうきっと世界すら超越したところできみは自嘲する
傷ついても傷ついても折れそうな足であなたは地面を踏みしめる
ヘンリエッタヘンリエッタ、じょうずな嘘を教えて
ただひとり、あなたの最後になりたい
喉の奥でわだかまる言葉をどうして告げてよいものか
きみしか映らない心をなくしてしまいたい
死に損なった夏が追い縋る
手に入りやしないのに泣き喚くことしかしらない
ひとみの残像はうしなったいまでさえ痛む
秘めた背中をうらぎれなかったよ
息が止まるほどの恋情に擬態
愛して、と懇願を残した彼女はきみを忘れてく
ながす涙のバランスがきたなく壊れる
べたべたした情欲のみぎがわに
求めてなんて言えない僕の愚鈍
けだものになりたくてかみつくよ
燃える骨のような苦々しくひろがる白
目が眩むくらい焦がれているのだけど(狂わせて、)
いつまでもさよならを憶えられないふりで
この視力この眼球を握り潰して世界をこわす
せめて終焉の始まりに寄り添おう
けれど最後に縋るのは結局きみなんだね(わらってしまうよ)
刻まれた温度は結局きみが残した刻印だ
足は血まみれいばらの靴でワルツを
きみがくれたくるしさかなしさいたみとまどいぜんぶあまいよ
ああおろかにものみくだしたそれは毒
にがく疼く感情の正体を暴きたてようとする
微笑んだ手の温度をそれでも抱きしめてる
それでやっと縋れる気がしてる
瞬く間に消えてく夏の声(悲鳴、)
嘲りの裏に失望と絶望、まるで世界
おろかな赤だけじゃ死ねないよ
いつかあなたが見捨てたこの場所から
破り捨てた手紙の数とぼくのおもい
望みも祈りも願いもぜんぶ抱いていて、迎えにゆくから
荒々しい指先が死んでもいいくらい幸福だった
腐り落ちてく腕でそれでもあなたを抱きたかった
いつまでも君だけを憶えて生きていかれない
握り締めて抱きしめてねわすれたくないよ
稚拙不器用見境なくくるしい
ゆずらないでよって泣くには暑い
ゆるさない理性とゆるした感情
泣くほど好きだよ手放せなくてごめんね
彼のあかい血の甘さを知っている
あいした言葉がひどく遠くて
さよならのしかたを(忘れてしまえばよかったのに、)
彼の唇から零れ落ちる言葉ひとつひとつが
狼は月に恋焦がれてせつなさ吼える
きみを縛るその黒髪を切り落としてしまいたい
その凛とした横顔はなぜだろうね脆弱で
手折られた朝顔は夜に泣いていた
かなしいほどに君は後ろを振り向かず進むんだろう
残像だけ大事に抱きしめていくよ
魅せられたのはベラドンナのほう
いつかきみが朽ちたこの場所から
愛していたと知らされずに散った桜
残酷な純粋さをどうかくずさないでいて
それでもぜんぶはゆるせない
愛の名を借りた傲慢を押し潰せなかった
嘘ばかりを紡ぎ出す唇を塞いだ
無神経なことばを投げかけて傷ついたみたいに蹲る
きれいなあなたが僕なんかに憧れないでよ
愛さないで、正反対の強さで縋りついた
のみこむのはきみがつくりあげたオアシスの毒
赤を舐め取って笑うそれは最早狂気でしかない
神と世界とすべてを同一化していたたったひとりのきみ
優しい闇の中で踊るのはただひとつのワルツ
置き去りにされたこの場所で泣くことさえできなくて、
断罪に似たその声のありかを一体誰が気付いただろう
八月がもたらした恋情のような憎悪のような
きみが愛した骸とぼくの生きたからだ
人魚が歌う永遠の愛、そのむなしさ
空の赤さに絶望してもまだ泣かないで
音のない世界にきみはひとりきりで叫びつづける
 
   
Posted at 20:51 / お題進行状況 / この記事のURL
コメント(0)
御題5 / 2007年02月28日(水)
001 まずは自己紹介  
002 頭髪検査バトル
003 新入生獲得計画
004 ブルー・デイ
005 宿題の山
006 自転車通学
007 理科室のホルマリン
008 朝練
009 屋上立ち入り禁止
010 忘れ物の誤魔化し方

011 先輩と後輩と変人と
012 幽霊部員Xの噂
013 中間テストの危険性
014 冷房故障
015 遅刻魔と鬼の風紀委員
016 生徒会長の裏の顔 
017 二階踊り場にて
018 ラブレター戦線
019 遅刻魔と写経
020 教科書の落書き

021 本鈴5秒前の戦い
022 先生の恋人
023 サッカー授業の罠
024 オカルトマニアの図書委員
025 二回目で携帯は散る
026 休み時間
027 居残り勉強の青春性
028 学校の怪談
029 ピアノを弾く彼女
030 進路指導室

031 プール授業とカナヅチのアイツ
032 制服のチラリズム
033 夏休みよ早くこい!
034 お泊り計画
035 期末テストがやってくる
036 勉強モード
037 保健室ラブロマンス
038 居眠り少年と数学教師
039 早くも進級の危機
040 生徒手帳の写真

041 変人と保険医の話
042 喧嘩するほど仲がいい!?
043 図書室の常連
044 屋上へ続く扉前の邂逅
045 美術部の彼
046 早弁と数学教師
047 名前も知らないクラスメイト
048 夏休みと宿題の山
049 突然ばったり
050 運命の出会い願望

051 夏合宿と肝試し
052 海でトキメキ
053 久しぶり
054 文化祭のお姫様
055 メイド喫茶の暴挙(未遂)
056 劇中の事故
057 劇中の事故〜後日談
058 幽霊と図書委員
059 無断欠席の不純な動機
060 化学室の七不思議

061 ヅラ疑惑と罰ゲーム
062 命がけの体育祭
063 借物競争と居眠り少年
064 副会長の苦労
065 電車の中での再会
066 バカップルの混沌
067 補習授業
068 音楽室のヴェートーベン
069 校庭で愛の告白を    yuuya takaki
070 トラブル修学旅行

071 非常識な転校生
072 校長の胸像の謎
073 彼女の知らない彼
074 冬の大鬼ごっこ
075 夜の学校で二人きり
076 生徒会長の逆襲
077 真っ白なノート
078 鞄にぶらさがるマスコット
079 変人と貞操の危機
080 学校に閉じ込められる

081 義理チョコと本命
082 恐怖のバレンタインデー
083 お返しは三倍返しで
084 校舎裏事件
085 きらめく赤点
086 卒業させないよ?
087 落とした消しゴム
088 寂しそうなうさぎ
089 廊下を全力疾走
090 机の中

091 調理実習とお姫様
092 背比べ
093 桜が咲くのはまだ先
094 さよなら禁止
095 ずっといっしょでいたい
096 強力な腐れ縁
097 アルバムの中の彼
098 続・先生の恋人
099 最後にUFOとか呼んでみませんか?
100 卒業
 
   
Posted at 20:51 / お題進行状況 / この記事のURL
コメント(0)
御題4 / 2007年02月28日(水)
十人十色
01 天然な彼女
02 優等生な彼女
03 オカルトマニアな彼女
04 男勝りな彼女
05 サディストな彼女
06 年下の彼女
07 聞き上手な彼女
08 男性恐怖症の彼女
09 変態気味な彼女
10 最強の彼女

君が溺れそうになったら 手を伸ばすのは僕でありますように
弱さが絡み付いてしまった彼の目に再び光が灯る日はくるのだろうか
痛みと共に訪れたあれはきっとこの世のものではないかのように
夢とは流れ落ちる優しさであり愛とは受け止める価値があるものだけをいう
自分はここまで愚かな人間だったのか そう知ったのは君に会ってからだよ
淡い色彩に身を寄せて全ての感情を受け止める
強情な君が平伏すのは僕の愛しさの前でありますように
現実を受け止める勇気もないけど現実から目を逸らす勇気もない
犠牲の上に成り立つ優しさなんて本当に君が求めていたものなの?
この想いが潰える前にもう一度だけ、彼女に伝えさせてはくれないか。

痛みのために生き痛みのために死ねるのならそれは私にとって最高の幸せ
弱さの裏側に隠され続けていたそれに気づいた時はもう遅かった
これは真実だって言ってくれ、もう二度と嘘など信じたくない
栄光を目の前にして崩れ落ちてしまった彼の骸にキスをひとつ
彼の絵にはどことなく憂鬱な雰囲気が漂っている
結局最後までそれを優しさだと気づけずにいた私はばかです
愛するたびに僕はまたひとつ醜くなってゆく ごめん ね
全ての音を掻き集めてもこの部屋に響くのはきっと二人の心音だけ
本当は足が震えて仕方がないんだ。君は僕を意気地なしと呼ぶかい?
いっそあなたと深い深い海の底で愛し合うことができるのならば

それはただ理想とゆう名の願望に過ぎないのだけど
切なさや痛みや苦しみや辛さに押し潰されてしまったとき
君のいない世界で生きてけるほど僕は強くない
圧し掛かる過去の罰に未だ耐え続ける身体はもう限界に近づいている
自分という人間が生かされているその意義を探す旅に出ようか
 
   
Posted at 20:50 / お題進行状況 / この記事のURL
コメント(0)
御題3 / 2007年02月28日(水)
1. これ以上メロメロにしてどうする気なん?
2. そんな顔されたら離せへんようになるやん。
3. ホンマは会いに来る口実がほしかっただけ。
4. 無理してでも会いたかってん。
5. 抱き締めても怒らへん?
6. 自分で気づいてへんの?
7. どっからそんなアホな発想が出てくるんや。
8. そんな疑われるほどオレの愛情表現て足りてへん?
9. おまえ以外おらへんよ。
10. 惚れ直すやろ?
11. 何がしたいんやろね、この子は。
12. 物足りへんの?
13. だって構ってほしいねんもん。
14. あんまりカワイイのも考えもんやな。
15. 勝手に二人の世界作らんといてくれる?
16. 見てるこっちが恥ずかしわ。
17. 来いって言うんやったら行きますけどね。
18. 寝不足で自制心ゼロやねんけど、それでもOK?
19. 連れて帰ったらアカンかな。
20. めっちゃ持って帰りたいねんけど。
21. モロ好みやん。
22. わかりやすい趣味しとんな。
23. どんだけ守備範囲広いねん。
24. どこまでやったらOKなん?
25. こーゆーコトしても怒らへんの?
26. 喩えがいちいち生々しいねん。
27. 今、サラッとひどいコト言わへんかった?
28. 寒いんやったら温めたろか?
29. オレはいつでも優しいやろ。
30. 泣かしてる張本人がよう言うわ。
31. そういうコトは身辺整理が済んでから言うてくれる?
32. 無節操と不誠実を体現してるような奴が何言うとんねん。
33. こんなコトする為に来たんとちゃうねんけど。
34. 用意周到やね。
35. なんちゅー会話しとんねん。
36. 表沙汰にならへんかったらええんやろ。
37. おまえの思考回路はなんでそんなにドス黒いねん。
38. 寝られへんの?
39. 一緒に寝たろか?
40. 下心は無いで、ちょっとしか。
41. 寝惚けてて覚えてへんやろ?
42. ええもん見さしてもらいました。
43. 恐ろしくしょうもないコトで揉めとんな。
44. 喧嘩もプレイの一環てカンジちゃう?
45. ほとんど病気やな。
46. また悪い病気が出始めたみたいやで。
47. さすがにマズイやろ。
48. まさかあそこまでひどい崩れ方すると思わへんやん。
49. そんなに好きなん?
50. やっぱりあいつやないとアカンのか?
51. だから、泣かされるでて言うたやろ。
52. なんであーゆーややこしいのんにばっかり惚れるかな。
53. 大丈夫って言うんやったらそれらしい顔してくれる?
54. こんな時は強がらんでええの。
55. ホンマどこまでも手のかかる。
56. おまえの面倒見切れるのなんかオレくらいのもんやで。
57. 溢れんばかりの愛情を感じるやろ?
58. まさかコレ食わせたんか?
59. 見た目が既に人間の食べ物ちゃうで。
60. 愛という名の拷問やな。
61. 鼻血吹くほど妄想するのはどうやろう。
62. 相手してもらえへんで欲求不満なん?
63. 言うてくれればどこまででもお相手すんのに。
64. それは遠慮やなしに本気で嫌がられてるねんて、絶対。
65. 誤った知識を植えつけんといて下さいよ。
66. 言うてるコトの9割は嘘で残り1割は冗談やからな。
67. いちいち真に受けてたらキリ無いで。
68. まだまだお子チャマやね。
69. 何されてもカワイイねんて。
70. 惚れた弱みやね。
71. 束の間の蜜月ってヤツちゃう?
72. それ誰にやられてん?
73. 何もないのに泣くんか、おまえは。
74. 黙って見てられるわけないやろ。
75. 話つけたるから呼んでこい。
76. 絶対泣かすなて言うたよな?
77. 一人で置いとけるわけないやろ。
78. 一緒に行くて言えや。
79. 担いででも連れてくで。
80. あいつがあそこまでやるとしたら、誰の為かはわかりきってるやん。
81. あの自己中を絵に描いたようなヤツが跪く唯一の人間やね。
82. 他にアレを扱えるヤツなんておれへんやん。
83. 懐くと可愛いねんて。
84. アイツの神経は鉄やな。
85. なんであのメンツで平然と飯が食えるんや。
86. お近づきにはなりたないタイプやね。
87. アイツだけは敵に回しなや。
88. どうなっても知らんで。
89. 黙って見てんと止めろや。
90. 来てくれなイヤや。
91. まだ帰ったらアカン。
92. おまえがおってくれたらすぐ良くなる。
93. 何もせんでいいから、ちょっとだけ傍におってや。
94. 代われるもんなら代わったりたいよ。
95. 悪いと思うんやったら早よ元気にならな。
96. 治ったら一緒に行こな。
97. たぶん、もう精神的に限界やと思うねん。
98. せめて目の届く所に置いとけたら安心やねんけど。
99. オレが傍についててやれたらええねんけどな。
100. こんなことになるんやったら離れるんやなかった。
 
   
Posted at 20:49 / お題進行状況 / この記事のURL
コメント(0)
御題2 / 2007年02月28日(水)
関西弁2
1. だってこの人寝さしてくれへんねんもん。  
2. こんなんの相手してたら体もたへん。
3. イヤって言うてもやめへんくせに。
4. 嫌いにならんといてな。
5. あんなコトしといてよう言うわ。
6. アカンもんはアカンの。
7. 聞き分けのないオトコやね。
8. 今にも倒れそうな顔色やな。
9. 抱いてったろか?
10. 病気の時くらいワガママ言うてもええねんで。
11. 甘やかすのも躾のうちや。
12. 甘え方教えたる。
13. 一人ではよう泣かんくせに。  
14. 泣かせたるからこっち来いや。
15. 絶対泣きごと言いよらんから泣かせてみたなる。 
16. 知らん人についてったらアカンで。
17. 目離すと誰かに連れてかれそうやからなあ。
18. そんだけカワイイて言うてんの。
19. オレ以外のヤツにはブサイクめの顔で応対しとき。
20. 浮気したらアカンで。
21. 泣きそうな顔してどないしてん?
22. そんな顔してるヤツ帰されへん。
23. 何があったか話してみ。
24. あんな薄情なオトコやめてオレにしとき。
25. オレはいつでもウェルカムやからね。 
26. なんもおかしなコトされへんかったか?
27. 変態の餌食にされてへんかと心配で心配で。
28. こんなとこ見つかったらマズイんちゃう?
29. 誤解て言うて信じてくれたらええけどな。
30. たまには違う相手もええやろ?
31. ちょっと執着の仕方が異常と違う?
32. あの冷静なオトコが顔色変えてんのには笑たな。 
33. 血相変えて走ってるのなんか初めて見たわ。
34. エロい顔しよんなあ。
35. 爽やかな顔して何仕込んでるんか知れたもんやないな。
36. そそるカッコやね。
37. 残念、誘われてるんかと思たのに。
38. それは襲て下さいて言うてるようなもんやで。
39. ワガママ言うてんと戻っといで。
40. 何拗ねてるん?
41. 感動の再会に抱擁は付き物やろ?
42. おかえりって言うてくれへんの?
43. 帰ってくるて言うたやん。
44. 今更泣き入れても逃がさへんで。
45. 話なんか後でええやろ。
46. 終わってからなんぼでも聞いたる。
47. どこでこんな悪い癖つけてきたんや?
48. 素直に喋りたなるようにしたろか?
49. いつもの舌先三寸で丸めこんでこいや。
50. 手懐けるのはお手のもんやろ?
51. その顔で今までどんだけ誑し込んだん?
52. 早よ来んかったら愛しのハニーがどうなっても知らんで。
53. アホが血相変えて飛んで来よんで。
54. 今のオマエみたいなんを嫉妬に狂った男っちゅうんじゃ。
55. おまえ以外の奴がどうなろうと知ったこっちゃない。
56. 他の奴とこんなコトしたらアカンで。
57. 物欲しそうな顔やね。
58. 口移しでもしてほしいん?
59. だってあの人カワイイねんもん。
60. 一から仕込めて楽しそうやん。
61. どうせ脱ぐねんから一緒やん。
62. 嘘のつかれへん人やね。
63. 遊びのつもりやったのに。
64. 誰に泣かされたん?
65. 一人で泣く前に電話しといで。  
66. 相談乗るついでに本人にも乗ったわけやね。
67. 親切ごかしたケダモノやん。
68. 昼間っから何しとんねん。
69. ちょっとは人目を気にせえよ。
70. おまえは存在自体がいかがわしいねん。
71. 相変わらずムダにフェロモン垂れ流しとんなあ。  
72. あんなん歩く性犯罪やん。
73. 珍しく手こずってるらしいやん。
74. タラシの名が泣くで。
75. 手に余るようなら代わったろか?
76. 色男形無しやな。
77. えらい大事にしてるらしいやん。
78. 過保護は本人の為にならへんと思うけど?
79. 絶対おまえとは会わせへん。
80. 噂に違わず別嬪やね。
81. 監獄のごとき束縛やな。
82. 逃げたなったらいつでも言うといで。
83. 何、堂々と口説いとんねん。
84. 何なん、このアザ?
85. 自分らどーゆープレイしてるん?
86. 共有でも全然オレは構へんけど?
87. それとも独占してほしいん?
88. 別れたかったらいつでも別れたんで。
89. でも、こーゆーサイテーな男が好きなんやろ?
90. 感心するほど不毛な恋愛遍歴やな。
91. 下半身の暴走も大概にしときや。
92. その割にはガードが甘ない?
93. うまくいってへんからこんなトコにおるんやろ?
94. 埋めたるよ、心の隙間も体の隙間も全部。
95. 好きやから、とかって理由が欲しいん?
96. 一人でいたくないって言うたら一緒にいてくれるん?
97. 気もないくせに優しいねんから。
98. そうやってまた嘘つくねんな。
99. 好きやったらなんで裏切るん?
100. 好きやったよ。  
 
   
Posted at 20:48 / お題進行状況 / この記事のURL
コメント(0)
御題をまず書いときます / 2007年02月28日(水)
借りてる御題全部買いときますね
関西弁1
1.もうええから。なんも言うな。
2.オマエを疑ったコトなんかいっぺんも無い。
3.今更諦められるかっちゅーねん。
4.大丈夫やって。オレが慰めたるやん。
5.なんで逃げるんや?
6.好きって言うてるだけやねんケドね。
7.もう離さへん。
8.ホンマ無理ッ!絶対アカンて。
9.大概オマエもアホやな。
10.そんなんわかりきってるやん。
11.恐っそろしく不毛な関係やね。
12.イヤ、そんなコト報告せんでええから。
13.何、眠たいコト言うとんねん。
14.アレは力いっぱい全力疾走のアホやで?
15.笑てるうちにやめとけよ?
16.基本は略奪やね。
17.そんなん邪道や。
18.だって目が笑てへんもん。
19.それはヒトとして間違うてるやろ。
20.とんだ言いがかりやな。
21.だから、誤解やって言うてますやん!
22.オマエ、えげつないコトすんな。
23.なんも心配せんとオマエは寝とけ。
24.無茶しよんなァ。
25.そんな顔すんなや。
26.なんでオレがこんなコトせなアカンねん。
27.そら、シャレならんわ。
28.そうやって甘やかすから図に乗るんや。
29.程々にしといたれよ。
30.いっぺん根性叩き直したる。
31.有り得へん。
32.大阪は治外法権やから世間一般の常識が通用すると思たら大間違いやで。
33.昔の誰かさんにそっくりやと思わへん?
34.これ以上見てられへん。
35.噂以上やな。
36.リアル過ぎて笑われへん。
37.オマエはあの惨状を見てないからそんなコトが言えるんや。
38.完全に他人事やと思てるやろ?
39.露骨に喜びすぎやねん。
40.もはや修復不能やな。
41.聞けや、ヒトの話をッ!
42.何、視姦しとんねん。
43.見た目と性格にものスゴギャップのある人やね。
44.信じられへん。
45.言うてるコトとやってるコトがムチャクチャやな。
46.そない無理せんでもええのに。
47.そんなトコで何してますのん?
48.えらい噂になってんで。
49.尾鰭どころか原型すら留めてないやないか。
50.もうイヤや。
51.なんやアノ生ける屍は?
52.見事、当たって砕けたみたいやな。
53.秘密は漏れてこそ意味があんねんで。
54.黙ってるぶんにはカワイイねんけどな。
55.ソコは絡まんとサラーッと流してくれていいねんケド。
56.それが心当たりありすぎてわからへんねんなー。
57.いつまでやってんねん。
58.つーか、誰やねん?
59.カワイがってるの間違いやろ?
60.ゴメン。もうちょい辛抱してな。
61.この至近距離でシカトすんなや!
62.オレが何したっちゅーねん。
63.自覚が無いのが致命的やな。
64.泣かすなや。
65.なんもそない逃げんでも。
66.オマエがイヤがるようなコトはせえへんて。
67.その顔でそんなコト言われるとたまらんもんがあるなァ。
68.キレイな顔して性格は相当キツイで。
69.返り討ちにあうのがオチやと思うけど。
70.選択の余地ないやん。
71.どっちに転んでも一緒ちゃうのん?
72.オマエ、思いっきり避けられてんちゃう?
73.一体何したんや?
74.こっちが聞きたいくらいや。
75.オマエにだけは言われたないわ。
76.もうええっちゅーねん。
77.実に打算的やな。
78.サイアクや。
79.八つ当たりせんといてくださいよ。
80.オレ全然無関係ですやん。
81.誰のせいやと思とんねん?
82.でも、離したら逃げるやろ?
83.相手の目見て平気で嘘つくようになったら末期やな。
84.触るくらいええやん。ケチ。
85.ココまで来て逃げられるわけないやん。
86.子供やな。
87.それは単にワガママや。
88.会いたいねん。
89.見事に汚染されとんな。
90.ちょっとだけて言うたやん。
91.信じた時点でオマエの負けや。
92.アレってホンマなん?
93.ウーワ、完全に誑し込みにかかってるやん。
94.帰るなや。
95.こうなるのは目に見えてたやろ?
96.強烈なメンツやな。
97.悪足掻きやね。
98.オマエ、もうちょい手加減したれよ。
99.アカン。カワイすぎる。
100.大丈夫。人前ではせえへんから。
 
   
Posted at 20:44 / お題進行状況 / この記事のURL
コメント(1)
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!