カンジタ対策
2009.06.09 [Tue] 16:44

 

カンジタ性皮膚炎とは
2009.02.09 [Mon] 21:37

カンジダ性皮膚炎とは、カビの一種であるカンジダ(Candida)菌が繁殖して引き起こす皮膚症状のことです。
カンジダ菌は皮膚に常在している菌で、本来寄生力は高くありませんので、人にうつることはほとんどありません。
症状としては、小水疱(水ぶくれ)、紅斑(充血によって生じる紅潮、赤み)、びらん・膿疱(うみがたまったもの)を発症し、かゆみや痛みを感じます。
発症部位は、主に腋窩(わきの下)、指間、陰股部などの高温多湿のところに発症することが多いです。
大きく分けて皮膚カンジダ症と口腔カンジダ症とがありますが、口腔カンジダ症が現れたときは、悪性腫瘍、糖尿病、エイズなどの病気での免疫機能低下が背景になっていることがありますので注意が必要です。
ステロイドや抗生物質、抗腫瘍剤などの長期投与のためにみられる場合もあります。
皮膚カンジダ症は、手カンジダ症、爪カンジダ症、手湿疹と間違えられやすい指間びらん症、おむつかぶれと間違えられやすい乳児寄生菌性紅斑などがあります。
どの症状も、自己判断しないで病院で専用の薬を処方してもらい、患部を清潔にし、乾燥させることが大切です。





自然妊娠 秘訣
35歳 自然妊娠
 

カンジタの治療法とは
2009.02.09 [Mon] 21:36

カンジタ(カンジダ)症は、かゆみや痛みを伴う皮膚疾患です。
カビの一種で皮膚に常在しているカンジダ(Candida)菌が、身体の粘膜や高温多湿の部分に繁殖して起こります。
赤ちゃんの場合は、おむつかぶれが悪化してなかなか治らないと思ったらカンジタ性皮膚炎だった、というケースが多くあります。
大人の場合は、身体の免疫力が低下して、腋窩(わきの下)、指間、陰股部などに発症を促してしまうケースが多くなっていますので、日頃の生活に気をつけたいところです。
また、口腔など粘膜に起こる場合は、糖尿病、悪性腫瘍、エイズなどの病気での免疫機能低下が原因になっていることがありますので注意が必要となります。
ステロイドや抗生物質、抗腫瘍剤などの長期投与のためにみられる場合もあります。
治療は、抗真菌薬のつけ薬、うがい薬、または内服を行います。
原因になるものがあればその治療をまず行い、全身の状態改善を図ることからはじめます。
ステロイドの塗り薬をつけると悪化させてしまいますので、皮膚がただれたら皮膚科へ行くなど、病院で診察してもらいましょう。
家庭では、患部を清潔にして乾燥を保つなど、注意が必要です。





40歳 不妊症
不妊症 治療法
 

カンジタの症状は口にも出る
2009.02.09 [Mon] 21:36

カビの一種であるカンジダ(Candida)菌が繁殖して引き起こす皮膚症状の一種、カンジタ性皮膚炎。
小水疱(水ぶくれ)、紅斑、びらん・膿疱を発症し、かゆみや痛みを感じ、主に腋窩(わきの下)、指間、陰股部などの高温多湿のところに好発しますが、口にも症状が現れることもあります。
口の中でカンジタが繁殖すると、カンジタ性口内炎になります。
はじめは、口の中でところどころ沁みるようになり、次に、白くて柔らかいコケ状の斑点が増えてきます。
この斑点は簡単に剥がれますが、あとで赤くただれてきます。
酷い場合は、白い斑点が喉や食道、更には肺へ広がっていきます。
お年寄りに多く見られる症状で、痛みはほとんどありませんが、若い人でも風邪をひいたりして粘膜や身体のの抵抗力が落ちていると、かかりやすくなるので注意が必要です。
あまりに酷い場合は、ガンやエイズなど重篤な病気が背景となっている場合がありますので、病院で診察を受け、原因になっている病気の治療にあたるようにします。
単にカンジタ性口内炎であれば、抗真菌性の薬を処方してもらえば治りますので、どちらにしても医者に見せるべきでしょう。





不妊症 冷え性
不妊症 食べ物
 

カンジタは自然治癒するの?
2009.02.09 [Mon] 21:35

カビの一種であるカンジダ(Candida)菌が繁殖して引き起こす皮膚症状、カンジタ(カンジダ)性皮膚炎。
主に腋窩(わきの下)、指間、陰股部などの高温多湿のところに、小水疱(水ぶくれ)、紅斑(充血によって生じる紅潮、赤み)、びらんなどを発症し、かゆみや痛みを感じます。
ただれが酷いと思ったらカンジタ性皮膚炎だった、ということがあるように、自己判断では分からない場合が多く、安易にステロイド薬を塗って悪化させてしまうことがありますので、注意が必要です。
いつもと違うただれがあったら、皮膚科を受診しましょう。
ところでこのカンジタ性皮膚炎は、自然治癒するのでしょうか?
残念ながら、必ずしも治るとは限りません。
カンジタは身体に常に居る菌なので、健康な身体であれば私達の身体は自然治癒して正常な状態に戻す力を持っているのですが、免疫の低下や服薬の作用などでカンジタが異常繁殖したケースの場合は、根本的な病気の治療や、菌を殺す特殊な薬が必要です。
いずれにしても、長期間かゆみや痛みのあるただれと付き合うのは精神的にもよくありませんので、受診することをおすすめします。




不妊 悩み
子供 授かる
 

赤ちゃんがカンジタ性皮膚炎になったら
2009.02.09 [Mon] 21:31

赤ちゃんのおむつかぶれがなかなか治らないときは、カンジダ性皮膚炎かもしれません。
カンジダ性皮膚炎とは、カビの一種で皮膚に常在しているカンジダ(Candida)菌が繁殖し、引き起こす皮膚症状のことです。
カンジダ性皮膚炎は、大人だけでなく、赤ちゃんにも起こりやすい皮膚疾患です。
高音で多湿のおむつの中で繁殖すると、おむつかぶれのようになります。
おむつかぶれを起こしたところにカンジダ菌が繁殖することもあり、なかなか見分けが難しいですが、おむつに触れて真っ赤にただれている部分をよく見ると分かることがあります。
赤くなった患部の周囲に、膿を持った水泡などができ、周囲の皮も剥けてカサカサしていれば、カンジダ性皮膚炎が疑われます。
カンジダ性皮膚炎であれば、抗真菌薬を塗ると良いでしょう。
しかし、おむつかぶれに抗真菌薬を塗ると悪化させてしまいますし、また、副腎皮質ホルモン外用剤などを使用していると、カンジダ性皮膚炎だった場合に悪化させてしまいます。
見極めのためにはやはり小児科や皮膚科で診断してもらったほうが安心です。
おむつかぶれが起こったら、早めに受診しましょう。





不妊改善療法士 金龍
自然妊娠 法則