すべての始まり

July 01 [Fri], 2016, 0:03
夜景を見ていた女の背後より言葉をかける。

特別な意味などない普通なことば

その言葉を聞いた途端にスイッチがはいる。

悲しそうな顔がすべての始まり
は余り予想をしていないものであった。

トラブルを解消して連夜の疲れをベッドで癒す。

寝室の床にはコルクを敷いていた

飼育している海外から来た人妻奴隷が朝の食事の用意をしている音が
全てを片付けた証であった。

予定していた時間が過ぎる頃に、美しい顔がゆっくりとぺニスを加え初めていく。

教えられたとおりに裏筋からカリを含めて美しい顔が自らの栗を愛撫させながら本気な表情で
加えていく

すぐ横で控えているメイドすら、かれんな顔をしているが胸をはだけて
尻を突き出して壁から固定されたバイブに腰を降り続けていた。

仕事先のチームの統括として活躍していた女が嵌めて尽くすだけの待遇に喜びを感じていた。

会社で他の女が口説かれて結ばれるなかで仕事に生きてきた。
その女が自らの仲間の男に身体を預けるだけでなく、
種を受けて奴隷として夜を生きる迄になっていた。

命令されたらば会社のトイレで裸体でまち顧客に性処理に使われていく。

はじめから美しい身体を目的に仕事を依頼してくる相手に抱かれて会議中さえ机の下に潜みぺニスを口で奉仕していた。

唯一生で受け入れるぺニスを与えて貰うために
受け身に生きることを悦びにしていた。

勃起してきたぺニスを秘書奴隷が、そんな女なかに嵌めていく。

貸し出されていく何時もと違うように、ゆっくりと中に嵌めただけ
其れ丈でがくりと気を失う。

そんな開発がすんだことを示す姿を見て新たな飼い主を見付けるための準備をしていく。

旦那が買い戻すでも良いし
新たな主を探すでも、構わない。

奴隷秘書が立ち会い、出荷されていく女を見送る。
中に吐き出された精子がバイブによりかきまぜられていた。

ブリーダーとして高い評価を得ていたから
始まりから高値スタートになっていた。

裸体に刺さるバイブにより身体は篤くたぎり、果てる顔を晒す度に値段が上がる。

会社で口奉仕をしていく画像には沢山のアクセスがある。
名前が有名な会社の幹部の奴隷。
中々でない奴隷であることは優れた
才能と容姿は折り紙つき。
首から奴隷契約書つきの結婚届けが下げられたままに
梱包されていた。

本人は知らないが合わせて出品されている女をオークションでは見れた。

双子の妹が合わせて奴隷可能としてあるじを求めていた。

そんな姿を確認した後に、VIP席に奴隷秘書を足元に四つん這いにして話をしながら隣の夫人と連れの娘と
飼育の話になる。

奴隷秘書を犯すバイブによりたてる音や
あえぎ声を消す口枷に興味を持っていた。

恥じらいを示しながら二人の同性にアナルにまで刺さる姿を確認されるばかりか
出し入れされて果て行く姿をさらしていく。
娘か又も出品されていく母親の苦悩を知りながらその首に嵌まるペンダントに視線が集まる。

むすめを落札すれば二人の母親と妹さえ手にはいる。

妹のボタンを外すように母親の耳にささやく。

足を開きながらその股間に奴隷秘書の舌を受けていく二人の母親と女。

先に娘が母親の手を握りながら果てる。
続いて母親の中に娘の指を与える。

冷静さを失い始めた雌達がお互いの愛撫を高めていく。

祖の姿を見ながら、母親の手により奴隷に墜ちた娘の落札をさせる。

タブーなしである条件を満たす金額を確定するボタンが母親の手により押されていくのと、
共にすべての始まりを告げる『落札』と画面に表示されていた。鏡になった窓ガラスに映る。

背後より言葉を聞いた男が歩み寄り女を奴隷として
たのしみはじめる。

抵抗などしない身体が背後より女の張った胸を愛撫していく。

自分にとり完全な勝利の瞬間を示していた。

姉奴隷を椅子変わりにして咥えさせていく牝は先日まで
自分達を攻撃していた相手の女たち

今では軍門に落ちた姿としてちくびに重りをつけて
娘のバイブを出し入れしながら、
俺のペニスを丁寧に加えている。

首には首輪を嵌められいる。
全ての戦いが終わりを、告げた時に全裸にされて
オーダーされて膣の深さまで計測器された高速具を填めている。

屈辱に耐えて犯されながらも恥を晒しながら
イキ果てる時間のなかで遂にはマゾとして開眼していた。

その女帝の前で娘が脚を広げて初めての男を母親により開いた
女性器に填めていく。

深く確かに締め付ける事実はやがて犯されている女が優しく男の腕を掴みながら
自らも合わせるような動きで男の腰の上で快感を掴み続けていた。

みずからの娘の中に填めてはいるペニスが目の前にある。
それを見ながら自らの性器に嵌まるバイブを掴み送り込み続けていた。


すっかり墜ちた姉と母親を確認しても、娘は自らのみは全てがなくなった事実をみとめていない。

しかし遂には銀行家の姉の旦那すら母親の、中に填めていくMに落ちた事実を見て負けを認めるしかない。

母親が勃起していくまで銀行家のペニスをくわえる。

理性の塊の二人が母親の中に填めていく獣道を進む姿をみて落胆したまま
窓ガラスに映る夜景を見ていた

犯されながらも喘ぎ声をあげて腰を打ちつける。

その母親の首輪を銀行家のペニスが刺さる部分を舌先で愛撫する姉奴隷が支配していた。

鬼畜の限りを尽くすように、綺麗事を超えた獣道を進む姿が部屋のなかであえぎ声と共に
事実を晒していく。

旦那が疲れた時には母親の首輪を操り腰を振らせていく。

キスなど恋人ならするはずな行為などなく、
旦那が填めていくMとして
放出していく姿をみていく。

長女が負けたとの条件を次に実行させていった映像を流していく
若い学生の二人が負けた姉奴隷の服を自宅に招き一枚づつ服をぬがされていく。

家族にはモデルとして紹介してあるから、母親なとまは当たり前のように接していくが
父親により嵌められていく。

誰にも助けを求められない中であえぎ声を殺して陵辱をうける。

さらには、町中にあるトイレでも続きは繰り返される。

モラルが壊れてむしろ激しく撮影されたりする内に
身体が熱くなる。

二人目の学生の家では家政婦として裸体のママに働かされていく。

奴隷として従属化されるサークルを主催する父親には格好の生け贄であり
美しい身体を客に遊ばせて楽しむ?


陵辱の限りを終えた時にはスッカリ奴隷としていきるしかない事実を受け入れ始める。

母親と並んで奴隷としてのコスチュームをオーダーするときには豊かな胸がより見えるように絞り上げていくデザインを選ぶ。

尻を上げて同性に広げられて
膣の深さや割れ目の色や形まで採寸されていく。

それだけであえぎ声を上げて果ててしまう。

母親と娘が女性器を広げて顔を晒していく。

自分達が使用人として使ってきた男たちに犯されて遊ばせていくなかで
奴隷として誓いをたてる。

母親奴隷綾乃は本日より種付け奴隷として全ての男性にご奉仕させていただきます。

声が震えているのは感じすぎてペニスから放出されていく度にはてるから。

併せて娘の誓いも中継された。

屋敷の中で一枚づつ服をぬぎながら。

身体が上下するのは既にペニスを填めていたから。

憎むべき相手というより話を聞いた時には、利益より綺麗な女たちを手に入れるチャンスに考えていた。

その隠れた美しさとマゾ性が明らかにされていく。

一枚岩故に崩れていくのは早く、綺麗な女たちが手には入った。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kanzenshihai
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kanzenshihai/index1_0.rdf