プレミアム資本増加の利益剰余金と資本政策の課題

April 11 [Thu], 2013, 16:46
実体経済を知りたい 1 つの手。この概念は厳密ではないと述べたする必要がありますを学術コンテンツ名目・実質経済変数に変数のための古典派経済学の原因を見ることができる場合よく要約として実体経済通貨・金融活動としてその反対が、家計や企業の経済活動。ますます登場ため Frb の声明は、Frb のステートメント、金融と不動産を除く経済の他の分野をカバーする実体経済のもちろん、サブプライム危機の発生以来、概念広く、一部で呼ばれます。それは理論的に基づいているまたはポリシーの観点は、実際には実体経済表明している国の経済の持続可能性と安定した動作の中核部門に属している、言葉の同じ意味と密接に企業の福利厚生の大半をあるかどうかの居住者の健全な運用に関連します。

ゴールドカード サービス 比較


他の手、経済または統計的意味では、金融と非金融セクター保存が自然の中で依存している、利益、金融セクターの大部分は、情報技術と金融派生商品の革新の進歩としては、トランザクションの完了の実際のセクター構造と、特定の「自我ゲーム」タイプの取引活動があった。したがって、元の重点、無意味な重複に注意を払う必要があるかどうかは、後者は、金融および非金融セクターが構造的な問題、金融部門内、間のリンクについて話ではない注意を払う必要があるかどうか。我々 のビューでの中国の国家の条件とは異なる「生活」ための先進国からも問題の根本原因がない、不動産セクター領域は実体経済に組み込まれる必要があります。実体経済への金融サービスの背後にある実際には 4 つの重要な問題を暗示しました。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kanzaki5556/index1_0.rdf