ネ・ネット(Né-net)の2014-15年秋冬コレクションが東京・渋谷で発表された

March 22 [Sat], 2014, 12:56
2014年3月22日(土)、ネ・ネット(Né-net)の2014-15年秋冬コレクションが東京・渋谷で発表された。少女漫画の「目」だけがスクリーンに映し出されると、頭部全体で瞳を象ったモデルがランウェイに現れた。元日本代表DF槙野智章(26)がチームメートに4万人分の応援指令を出した。有吉の“天敵”とされる日テレの「T部長」こと土屋敏男・編成局専門局長が出演することになった。一部サポーターが差別的横断幕を掲げ、Jリーグ初となる無観客試合処分を受けた浦和は、23日に処分対象となるホーム清水戦(埼玉)を迎える。前節の広島戦で退場処分となった元日本代表DF森脇良太(27)が出場停止。槙野はスタンドで観戦するムードメーカーに来場できないサポーターの分まで声をからすことを要求した。西武・伊原監督が21日、左脇腹の張りを訴えている中村の開幕出場を「無理」と断言した。

19日に左脇腹の痛みが再発し、新たに背中にも張りが出たため、ロッテ戦を欠場。球場では軽いスイングで打撃練習を再開したが、指揮官は「ここまできたら、開幕どうこうではない。ちょっと無理だよ。144試合あれば、休むこともある。それが今きている」と長いシーズンを見据え、無理はさせない方針に切り替えた。テーマは「キラキラ(twinkle twinkle)」。「女優の能年玲奈さんのキラキラした吸い込まれそうな瞳」にインスパイアされたという。今回のイラストは、なんと少女漫画界の大御所、いがらしゆみことコップのフチ子で有名なタナカカツキに、オリックス2―4阪神(21日・京セラドーム大阪) 審判団からのクレームにも、金子は動じなかった。「今日は予定で70〜80球だったので。もう少しイニングを投げられたら良かった」。最速149キロの直球と多彩な変化球で、ドイツのビルト紙は21日、昨年末にフランスでスキー中に頭部を強打し、意識不明の重体になっている元F1王者ミヒャエル・シューマッハー氏(45)=ドイツ=が、長引く入院生活によって約20キロも体重を減らしたと伝えた。事故当時の同氏の体重は約75キロ。有吉の“天敵”とされる日テレの「T部長」こと土屋敏男・編成局専門局長が出演することになった。ドイツの専門家は「意識不明の患者が体重を減らすこと自体は普通だが、元々の体重に比較して20キロ減というのはかなりの割合だ。体を動かさないことで相当量の筋肉を失ったものと思われる」と分析した。球団関係者によると、主砲は数日前から背中の張りを訴えていたという。5回を3安打2失点と貫禄の投球を見せた。デザイナーの高島一精が依頼したもの。いがらしゆみこの描いた少女の顔はダイヤ柄とモノグラムにしたり、手のひらまで隠れるアンダーシャツを着用する。そのため試合途中に審判団から不正を疑われないよう、ボールをこねないことを指摘されたが、それも納得済み。瞳だけをスカートにしたりと、ユニークな形で落とし込まれた。他球団の開幕投手候補が続々と21日、オープン戦での最終調整をこなしたが、ナゴヤドームの先発マウンドに立ったのは中日・川上だった。開幕投手候補筆頭が円熟の投球術で楽天打線を牛耳った。少女っぽさは、プリーツやフリル、ギンガムチェックなどガーリーな要素で、キラキラは素材づかいで表現している。活動をしないと明言している大島優子は、AKBとして、歌手とし ... エンディングで司会のタモリから花束を渡され、モデルがランウェイの先頭でポーズを取ると「キラリン♪」鳴る楽しい効果音の演出も。球団で唯一、沢村賞の選考基準(登板25試合、200投球回、15勝、完投10、150奪三振、勝率6割以上、防御率2.50以下)を全項目でクリア。雪男のポシェットやキャラクターが描かれたタイツなどアクセサリーも遊びゴコロたっぷり。後半はタナカカツキのイラストをラメ糸のジャカードやニットの編みに。ジャパニーズカルチャーならではの漫画の世界とキラキラに溢れたファンシーなコレクションだ。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/kanww/index1_0.rdf