こんばんは 

December 30 [Tue], 2014, 20:59
長い間 お世話になりましたが

今年で ブログを 辞めようと 思っています。

と いうのは 本当は好きなのです 書く事が。

でも 歳のせいでしょうか 書かなくては〜〜なんて 思ってしまう

今日この頃 なので・・

不定期過ぎては 読んで下さっている皆様に ご迷惑になると考えました。

思えば パソコンを始めた頃 掲示板 って 交流の場があって

そこで たくさんの人と知り合い 楽しい時間がいっぱいでした。

また

別のブログサイトでも 知り合えた人もいたりして

私の大好きな交流って状態の中で たくさん 楽しんでは来たのですが

なんとなく 負担になったりして

始めたり 終わったり と 気まますぎる行動に 自分自身が情けないなぁと

思い始めています。

ので 思い切ったのです。

だだ 退会はせず このまま放置って ことにします。

ちょうど 来年で還暦でもありますから

いい区切りなんじゃないかとも 思えます。

今日は 「お願い」と 題して 子供たちに 残したい言葉も書きました。

死んだら 見てもらえるように 仏壇に入れておきます。

ただ まだ死にたくないので 生きられる日 目の開いた日 自愛し過ごしたい・・の 本音は変わっていません。

ipad も インターネットが 繋がらなくなっちゃって かなり 淋しくなりますが

それも また 良かろう と・・放置することにしました。

来年からは 少し 変化を求め 生きてみようと・・・チョロッと 考えています。

ただ インターネットに依存していますから

どこまで 耐えられるか???ですけど・・・^^;

この先も 力いっぱい ご自愛なさり 少しでも素敵な日々を 過ごされますように。















スポーツの後遺症 

December 26 [Fri], 2014, 22:15
スポーツをやって来て 家族には スポーツはやってもいいけど

絶対に 強いチームには 入らせたくない。 ってのが

私 他 この年頃の知人に多い意見です。

私は 小学校3年生まで 運動会すら出ちゃいけない弱い体で

2年生まで ポプラの木の下で見学でした。

でも 保育園の時 友達と講堂で 競争した時に 勝ったので

走るのは 速いんだ と 自分で決めていました。

もちろん 3年生以降 私は 中学校卒業まで 誰にも負けたことなど ありませんでした。

要するに 小松市トップでした。

高校からも お誘いを受け・・中学校ではハンドボールをやっていたので

北陸大谷高等学校の陸上部 と 小松市立女子高校のハンドボール

この2校・・もちろん 日本一の女子高でハンドボールがしたかった。

で・・入試の時 ハンドボールの顧問の先生が試験会場に来て

「お前は 何も心配せんでええぞ。」って 肩に手を置いて言いました。 が

先生が放れた時 後ろにいた きよえさんと前にいた けいこさんが

「まゆみさん いいんね 受験せんでも いいんやがいね」って。

・・・反抗期ですね私。

ムカッ と 来てしまい

一限目の社会のテストに「特色を書け」って 書いた問題が途中にあって

その時 腹を立ててたもんだから

「私は 赤色だー」 と 大きく書いて その後 テストの答えは 一切 書きませんでした。

あんな当時 赤色って 共産党の事で かなり 嫌われてた 党でした。

なので もちろん 不合格。

すぐに 二次試験を目の前に 北陸大谷高等学校の体育科の担任の先生が

来られて「ぜひ うちの 陸上部に」と 特待生で 授業料免除 等など 特典を並べ

親は 舞い上がりました・・・が・・・私は 特待生は イヤだと 突っぱねました。

だって 陸上部って 条件ですし・・私 決められる って事が 嫌いな人間ですから

公立を蹴ったもんだから 普通に体育科に入りました。

高校に入って もちろん 体育教官室に 呼ばれ「陸上に」と 言われましたが

断り バレー部に 入りました。

ところが そのバレー部の 下手くそすぎるのに うんざりして

1週間ほど 我慢していましたが 我慢できなくて

体育教官室に行き 「あんな 下手くそな バレー部に 部費を渡すのは 納得できん

しかも あんなチームに コートを提供している事自体 馬鹿げてます。

ハンドボール部を 作って下さい」と 入学したばかりの一年生の身でありながら抗議に行きました。

そしたら たまたま そのバレー部を担当していた女の先生が

日体大で 男子のハンドボール部に 入っていて (その頃 女子の部がなかったからだって)

職員会議にかけてくれて めでたく バレー部を解散させ ハンドボール部が

出来たのです。

その時 バレー部の3年生に トイレに来い と 呼びつけられていましたが

私を応援してくれる 先輩が

「マメに手 出したら 承知せんからなっ」って 言って下さって

私は リンチを 免れたのでした。

で・・3年間で インターハイにまで 出れるチームを みんなで作り


けどね 今 その時の仲間 この前会ったら って 今の所 3人ですが

3人とも 指が 曲がってる  痛いって。

私は 指は大丈夫だけど 足首  捻挫を繰り返していたから

なんだかんだで すぐに 痛くなる。

腰だって ひどいもんです。

そんなこんな 強いチームにいて ひどい訓練に耐え強くなってる人

若い頃の栄光は 歳を重ね ある程度の年齢になると

栄光が エンヤコラ に 変わってる者ばかりです。

古傷の後遺症は ひどいもんです。

今 テレビなんかで 栄光を輝かせている人たち

怪我をしていない人 いないですよ。

何れ程 体育理論が更生されても 運動に怪我は付きもの。

だから いつでも言います 「強いチームに入るな!無理するな!体を動かす程度で止めとけ」

天才で本当に能力のある人には こんな事 言っても無駄でしょうが

例え どんな天性の持ち主でも

羽生君のように 世界一の天才でも

絶対に近い確率で ケガしてるに決まっています。

先だっても 衝突で転倒したでしょ〜〜あれだって 後々 何か不都合になるに

決まってるはずです。

「うちの子の栄光」 は 親のエゴ です。

本人が強くなりたいと望むなら 最低 一年間は 陸上部で基礎トレーニング

一年間は 体操部で 基礎トレーニング  それを クリアーしてから

本格的に 好きなスポーツに 励まれたらいいと 思うわ 私。

体の基礎も出来ていないのに 特殊な運動は 必ず ひどい後遺症が出ること

間違いありませんよ〜〜〜〜〜。

私なんて 無理ばかりで (その時は 無理 なんて考えてなくて やりたい だけ)

今 仕事にも出れませんからね〜〜〜〜〜。

今日も 近所のおばあさんが「うちの子、両足 ダメや。 股関節も」って

あれっ? なにしてたんだっけ? って 聞いたら

「スキーや」 って  そっか〜〜〜スキーも 来るだろうな〜〜って

みなさんの 子孫には こんな事にないように 願います。

はぁ〜〜〜〜〜〜長くなってしまった。。 けど 内心 必死です。

ただ 読まないで 気に留めといて下さいね〜〜。

あっ!クリスマスやったね 

December 25 [Thu], 2014, 21:18
今 クリスマスやったって 思い出したわ。

ってなわけで 全く 無視な 1日でした。

なにせ 可愛い息子の勤務に合わせ 3時から起きて 弁当作りや。

今日は3食分!

3時に犬に起こされたんですけど その後、寝ちゃうと

今度4時に眼が覚めるか判らんし と張り切って起きたのです。



クリスマス イテ 

December 24 [Wed], 2014, 20:31
今朝・・年寄りイボを・・・



このハサミと毛抜きで プッチン プッチン と

切ったり ちぎったりして 遊んでいました。



だから クリスマス イブ ではなく 私の場合 クリスマス イテ でした。

それから すぐに りんごと ヒロちゃんの3人で買い物に行き

レイクサイトで 今度はクリスマス イブ と 忘年会を兼ねてランチパーティです。

りんごの お父さんに言いました。

「お父さん、今日はクリスマスだから お母さんに 改めて 愛の言葉をあげて」って

頼んだら「わしゃ いつも ここで感謝しとるし そう思っとる」って

うちの親やったら 入れ歯同士で 会うたびに キスしてたのに

お父さんは 照れて 言えない 

まぁ かなり きびしい 注文やったかな?!

そしたら ヒロちゃんが もっと くっついたら とか アドバイスくれて

それには お父さん笑顔でお母さんを 寄せて手をつないでくれた。

そしてすぐに 腕を組んでくれたので

 記念写真を 一枚。



お父さんも お母さんも 足が思うように動かなくて

車椅子を利用しているが 頭はクリアだし 数々の冗談が受けまくり

笑って ばかり。

まぁ ペタンとは くっつけないけど

これで 充分です。


りんごは 毎週 火曜と金曜には 顔を出してる。

で・・今日みたいに何か 予定を入れて通っている。

親の点数は 子供が付ける って この事を 云うんですね。

で・・もうひとり 私たちの中学時代に保健室の先生だった 宮越さん。

彼女は 体はなんともないのですが 認知症。



今日のクリスマスケーキに付いていたリボンをヒロちゃんが 胸に付けてあげたら

喜んでたわ〜〜 だから 私も 飾りを 頭に。。

はじめは いやや とか言ってたけど




ほらっ 素敵やがいね って 付けたら 喜んで ずっと 付けたままでいてくれた。

そぉだ 宮越さんが ひがむと いけないから

りんごの お父さんと お母さんの ラブラブタイムを セットした時

宮越さんが トイレの為 席を離れている時を 狙って セッテイングしたのである。

にぎやかな 3時間は あっと 云う間に終わり 

今度は 新年会ね と 約束して帰宅したのである〜〜〜。

帰宅する前 数年 会っていなかった近所の人が お話があるとか で

我が家に来て下さって ・・・ 色々お話され 握手で帰られた。

なので 今日も 一日中 お付き合いをしていて 終わってしまった。

充実した一日って いいもんだ。 

さようなら 楽喜 

December 23 [Tue], 2014, 20:33
私の中では 密かに 「さようなら 楽喜」  の  つもりの昨日の温泉忘年会でした。

でも 築き上げた友情は・・交わした契り が あるわけでもないのに

永遠の絆なのかな? って 旅館を出る前の会話で感じました。

久しぶりの 仲間との時間は やっぱ 楽しくて気楽で いいなぁ

まぁ 私が温泉に行く時って たいがい 気の許せる人と 行ってるんですけど。

しかしながら 私って ホント ブス。

ヒロちゃんと ふたりの写真を 娘が写してくれたんだけど

とうてい お見せできる 顔じゃねぇわ。

ったく 両親のバカ!!




酔っ払って 踊りだす きよみちゃん です。  

本当に真っ直ぐで 単純で・・↓




ヒロちゃんと 娘です。

親子で参加は 我らだけ。 ↓





秘密の一枚  本人は知りません ↓



また 来年も と 希望し 日を決めたので

「さよなら」 なんて 言わないで 来年も温泉忘年会 やります。


私 3時間しか寝てなくて・・だけど 家に帰ってから

お天気が良かったので 水槽 × 2 の 掃除をしました。

ずっと 気になっていました。 ようやく 気が晴れたわ。

ドクターX 

December 21 [Sun], 2014, 20:56
あまり 集中してテレビを見るって ないんだけど

ドクターX は 面白かったなぁ〜〜

なのに 最終回を見逃しちゃいました。

最悪。



見たいなぁ〜〜レンタルまで 待たんといかんのか?

ネットで 調べたら 動画であるんだけど

なんか 登録しなきゃいけないって。

それは 避けたいしなぁ〜〜。

第一 家が職場の私は 曜日が ぐちゃぐちゃになって〜〜

今日は 日曜なんでしょ?

けど 旦那も息子も 仕事で 私の中で 今日は日曜じゃないわけよ。

とにかく ドクターXを 見逃したのが 尾を引いてて

誰か〜〜〜録画してないかな〜〜〜

待つか〜〜レンタルまで。

まぁ 些細な事を 悩む・・・まで いかんげんけど

頭の中から 離れん。

かと 言って 内容は聞きたくないし  見たい

あっ 東京からの飛行機が 今頃 上空を飛んで行く。

これを 収めないと 息子は帰れない。

可哀想に 北陸のこの時期 息子の仕事は 寒さが敵!

頑張れよ〜〜〜。

今日は 夕飯のお弁当 栗ごはん 入れたし

きっと 喜んで食べたろうし〜〜頑張れるよね??

って いつまでも いつまでも 子離れ出来ない 私なのであります。

本人は 大人になってるし 自分の年齢は35歳 で 生きてるだろうけど

私の中では いつまでも ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

みなさん ありがとうございます 

December 20 [Sat], 2014, 19:45
本場の インドの「ナン」を 旦那に食べさせたくて

お休みだった 昨日 連れて行きました。

ゆめのゆ って 私 好きなのです。 が 家から 約20分車で走らなきゃならんので

会員になっていながらも 遠のいていましたが

なんの予定もなかった 昨日 ・・ 旦那を ・・ 。

お風呂に入ってから 昼食に 「ナン」 を・・。



インドから 3人が 来ています。

本場の インド料理 辛さを 普通 に しても 辛いです。

でっかい ナン で 私は 食べきれないです。

っても 大きさが はっきり 判らないだろうし






ヒロちゃん・・ ぼやけちゃってますが

ヒロちゃんの手の大きさと 比べると 判るでしょ?!

ナン でっかいのです。



私が 残したナンを 旦那が食べてくれて ・・ 

でも 帰ってから 旦那は 「ナン」 よりも お風呂が気に入ったようで

あそこ どぉやって 行くんやったけ? って。。

だから 今度のお休みにも ゆめのゆ 行って来ようと 思っています。


先日 森さんから 紹介 頂いたペンを 買いに行きました。





これでもって 今日は 文通相手に 手紙を書きました。

お返事が 3日も 遅れちゃったので 待ってるだろうなぁって。

それと 懐かしい女性に 電話しました。

お世話になりっぱなしで 申し訳ない! ありがとうございます。

私の 大切な 大切な 人。。 たくさんいますが この女性は 特別です。

存在自体に 感謝です。

いや ・・・・・ それぞれ違うお付き合いをさせてもらってる人ばかりだから

みんな それぞれで 私にとって大切な人ばかりです。

大切 と 思える人が たくさんな事に 生きてる喜びを 今 つくづくと 感謝します。

大根三昧 

December 18 [Thu], 2014, 20:35
今日は 朝から大根を料理した。

って 言っても 主婦なら〜〜普通の料理よね。

だだ 今日は 量が違う。

なにしろ でっかい 大根です。

加賀の友達から 結果 20本は 頂いてる。

その内 今日は 2本 料理した。

一本は 全て 千切りにして サラダ や。

量が 多すぎるので 近所に配り 食べるのに協力してもらう。

とは 言うものの いつも なんだかんだ 頂いてるから

お礼に 配っただけ。

で 次の一本は 酢の物 漬物 煮物。

これだけ 料理するのに 2時間もかかってしまった。

千切りしてる時 まるで どこかの料理屋で修行してるんちゃうか?ってくらい。

50分くらい 大根 切りっぱなし。

修行は こんなもんじゃないんだろうな?って 修行の大変さを感じたわ。

で・・出来上がった物を 食べてもらった。

全部 大根なんだけど イメージ的には そぉは思わんって。言ってくれた。

年賀状を頼んでくれた 故・義姉の 旦那さんが 夕方 出来上がった年賀状を

受け取りに来られたので ついでに 夕飯 食べてって。誘うと 快く食べて下さった。

その時 「こぉして 座っただけで ごはんが 出てくるって やっぱ 当たり前じゃないなぁ」って

故・義姉の 存在を 今更ながら 感謝と ひとりの 寂しさをつくづく 語ってた。



ちなみに 彼のニックネームは「ハゲつんぼ」と 付けたが

彼は 知らない。

森 秀一さん A 

December 17 [Wed], 2014, 21:11
今日はベッドで自分も森さんの様に

筆を使いたいと 色々 想像を巡らせ

おっしゃぁ って 起きた。

けど コタツから 出ない1日を過ごしてしまったわ。😁


森さんが 何やら紙に書き始められ

それが サラサラ〜って 私がお出ししたCoffeeのカップだった。




私って ひねくれてる。 そしたら 森さん…感謝してって。

そんなお話 した後の このハガキは すごく 森さんの心が入っているように感じた。

で、ヒロちゃんにも って。

「好きなものはなんですか?」って 聞かれ

「真弓さんって 言って」は きれいに却下され

「犬です」って 答え ヒロちゃんがスマホに 映ってる

ココとヒカリの 写真をお見せしたら

またもや サラサラ〜って。



何も語らずして ヒロちゃんの心を書いて下さった。


それと 素敵なお土産を頂いた。






すっごく 嬉しくて いたら

森さん「 コピーして 沢山の人にあげて下さい。」って言われ

私 もったいなくて 「いやや! 自分だけの物にする。」ったら

「いやいや 良いと思った物は分けてあげようね」って。

あぁ〜

でも 言われた通りにします。

本当に素敵な時間を頂けて 幸せです。

しかも 仲良しの 常ちゃんの弟さんだって事で

更に 嬉しい関わりだと 喜んでいます。

文通 

December 16 [Tue], 2014, 21:18
森 秀一さん その2を 書くつもりでしたが

今日は 元気がないので

またにします。



その昔 文通したことがありました。

確か 兵庫県の女性でした。

小川知子のファンクラブに入っていて

そこに ファンレターを 出したらファンクラブ紙に載ってしまい

それがきっかけで その人と知り合ったのですが〜〜〜

今では考えられませんよね


住所も載ってしまうのですからね。

このタイミングで なんで 文通かと 言いますと

先日 慰問した施設に通われている人から

手紙が来たのです。

それに お返事しましたが

手紙を書くって事自体が 久しぶりなので

ちょい 緊張でしたが

それに また お返事頂きました。

出来る範囲で 文通を 続けたいんだけど とは 希望しています。

手書き 昨日のカズさんのように

何を書いても喜んで頂ける そんなもの 書きたいと すごく望んでいるのですが

チャレンジの チャンス 来るかなぁ?

やってみたい 私です。

P R
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31