関節リウマチが悪化する原因と対策法とは?

February 15 [Mon], 2016, 16:59
朝、起きると関節が痛くて起き上がれない。
痛みに伴って、熱が出たりだるくなったりする。


そんな症状の悩みでお困りの方はいませんか?


単なる関節痛の痛みであれば、
昼間になっても痛みが続きますが、
朝だけ、寒い時だけ痛みが出るのは、
関節リウマチかもしれません。


関節リウマチになると、なかなか完治するのが難しくなります。


なぜなら、関節リウマチは免疫の異常から起こるからです。


そこで、関節リウマチかなと思ったら、
症状が悪化しないように、
すぐに病院で検査を受けることをおすすめします。


でも、病院に通っても、
関節リウマチの症状が悪化することもあります。


例えば、無理をしてからだを動かしたり
重たいものを持ったりすると、
症状が悪化する原因になります。


他にも、からだを冷やしたりすると関節が動かしにくくなったり、
また炎症を起こしているときに温めると、
炎症を悪化させる原因になることもあります。


さらには、症状が良くなったからといって、
治療を止めてしまったり、投薬を止めると、
症状が悪化してしまいます。


なので、関節リウマチの治療中は、
無理をせず、治療を続けていくことが大切です。


そして、治療中は症状を和らげる成分を積極的に摂取すれば、
症状の悪化を防ぐ効果が期待できます。


関節リウマチの症状を和らげるとされている成分は
下記の3つの成分です。


○コンドロイチン
 コンドロイチンは、関節がすり減ったことによる
 関節痛によい成分ということでテレビなどで紹介されましたが、
 関節リウマチの痛みを和らげる効果もあるようです。


 実際、関節リウマチの患者さんが、コンドロイチンを摂取したら、
 からだを動かしたときの苦痛が緩和された、
 という報告もあるようです。


 このコンドロイチンの副作用ですが、
 今のところ1件も報告が無いようです。


○グルコサミン
 グルコサミンも、コンドロイチンと同様に、
 関節の痛みを和らげる働きがあります。


 関節の軟骨成分を補ってやることで、
 炎症を起こした関節をうまくコーティングしているようです。


 ただし、グルコサミンには副作用があります。


 エビやカニのアレルギー反応があるようなので、
 アレルギー体質の方は避けた方がいいでしょう。


○キャッツクロウ

 キャッツクロウとは、南米ペルーの標高400〜800mに生息する植物で、
 インカ帝国の時代から関節炎やリウマチの薬として使われてきました。


 そして、アメリカでたくさんの研究機関で研究され、
 キャッツクロウのリウマチに対する効果が、
 注目されているようです。


 キャッツクロウには、関節リウマチによる炎症を抑えて、
 免疫機能を調整する働きがあるようです。


 なので、炎症の痛みを和らげるばかりでなく、
 ウィルス感染を防ぐ効果もあります。


 ただし、キャッツクロウにも副作用はあります。


 血圧を低下させる作用があるため、
 低血圧になる可能性もあります。


 だから、血圧低めの方や、妊娠中の方は、
 避けた方がよさそうです。


これらの成分を摂取することによって、
関節リウマチの症状の悪化を抑えて、
痛みを和らげることができます。


これらの成分は、食事でも摂取することができますが、
サプリメントなら効率的に摂取することができます。


これらの関節リウマチに良いとされる成分を配合したサプリメントが
バイオサプリの毎日活歩というサプリメントです。


毎日活歩に含まれるコンドロイチンは、
年齢とともに失われるA型コンドロイチンというものなので、
30代以降で軟骨成分が減少している方におすすめです。


コンドロイチン、グルコサミンの成分が痛みを和らげ、
キャッツクロウの成分でリウマチ症状の悪化を防ぎます。


でも、グルコサミン、キャッツクロウには副作用もあるため、
アレルギーのある方や低血圧の方、妊娠中の方などは、
医師に相談してから使用した方がいいと思います。


毎日活歩は楽天などでも売られていますが、
公式サイトから申し込めば、
お得な定期購入で申し込めます。


定期購入なら、初回は半額で、
2回目以降も13%引きなのでお得です。


定期便を申し込むのが不安な方は、
1袋飲みの購入でも公式サイトが一番安いです。


なので、気になる方は、下記のバナーをクリックして、
公式サイトから、詳しい情報をご覧ください。
  ↓    ↓    ↓