自分のことは自分でしましょう 

2006年01月09日(月) 16時30分
インフルエザにいまだ罹患中のM男センセー
ヨロヨロになりながら、出勤してきたが、妙に楽しそう
「センセー、しんどそうだけど、楽しそうですね」とからかうと
「はいー、ここに来ている方が楽なんですぅ〜。家にいるとこき使われてしんどいです〜」
そういいながら、嬉々と診療をしていたが、診療が終わるとすぐに帰ろうとしている
「先に帰ってもいいですかね〜?」と聞くので、「どうぞ!」と言うと、
「家に帰って洗濯しないといけないんですぅ〜」
「奥さん、まだ、調子悪いんですか?」
「いえ、だいぶ良くなっているみたいですよ」
「なのに、センセーが洗濯するの?」
「はいぃ〜いつもそうですぅ〜自分のことは自分でしろと言われていますぅ〜」
呆気にとられていると彼はそそくさと帰っていった

S子よ!そりゃ、家のルールはそれぞれだと思うが、とりあえず、あんたの旦那は39度の熱を出して仕事しているんだ!専業主婦なんだから、洗濯ぐらいしてやれよ!!

インフルエンザ 

2006年01月08日(日) 12時13分
新年早々、インフルエンザに罹ってしまったM男センセ〜
39度の熱を出して、フーフー言いながら出勤するので、うつされたらイヤだし、バイトの先生に頼むから、休めと言ったら、一日休んだ翌日、さらに憔悴して出勤
ありゃりゃ…じゃあ、もう一日休んでくださいと言うと、
「いや、もう休みませ〜ん。休むと子守と家事で余計にしんどいんです〜」
どうやら、S子もインフルエンザだそうで、寝たきりで、M男をこき使うらしい
仕事に来ているほうが体が楽なんです〜
。。。だそうだ

私の息子 

2006年01月03日(火) 16時09分
『彼の親!』発言の翌日、出勤してきたM男になにげなし〜に世間話に織り交ぜて、S子発言をするとM男はさらりと
「ああ、そうですよぉ〜。いつもそう言っていますぅ〜。」
と答えたので、
「へっ!?それで通るんですか?」と聞き返すと
「だって、怖くて逆らえないでしょうぉ〜」・・・と
「ふーん、でも、センセー、お正月とか親戚で集まったときなど、どうするんですか?」
「集まったことなど、一度もありませ〜ん。多分、結婚してから、うちの親と嫁が顔を合わせたのは、2〜3回ですぅ〜。今度会うとしたら、僕の葬式ぐらいかもしれませ〜ん」
「えっ?ちょっと待ってよ。センセーって、結婚して何年?」
「7年ですぅ〜」
「じゃあ、センセーの息子をおじいちゃん&おばあちゃんに会わせたりはしてないの?」
「はいぃ〜。息子が生まれたときに一回だけ会ったきりです」
「うそっ!?長男の長男なのに?」
「はぃい〜。私とオマエの息子だからぁ〜、オマエの親には関係ないといつも言っていますぅ〜」
開いた口がふさがらない・・・(+o+)
ちなみに、彼の住まいと彼の実家は、平日でも1時間、日曜祝日なら、高速を使えば、30分の距離

彼の親! 

2006年01月02日(月) 6時24分
S子さんと話してて、驚いたことが・・・
先日、M男の親が手術することになった
で、M男がそれに付き添うと言うので、代診のセンセーが来たんだけど、どうしても、M男に確認したいことがあったので、何回か電話したがつながらない
そこで、こういう事態(親が入院)だし、きっと、S子には、連絡をとっているだろうと思い、M男の自宅に電話するとS子がのんきそうに出てきた。
『お父様、手術だそうで、ご心配ですね』と言うと
『はぁー』と気のない返事
『M男センセーに連絡を取りたいんですが、そちらに連絡があったら、こちらに電話くださるように、お伝え願えませんか?』と言うと
『私には関係ないことなので、多分、手術が終わっても、連絡ないと思いますよ』
思わず、『はっ!?』と聞きなおすと、S子さんは
『手術したのは彼の親であって、私の親じゃないので、私には関係ないから、連絡ないと思います』
・・・げっ!?  まじっ!?

忘年会 

2006年01月02日(月) 6時10分
先日…って言うか、去年の終わりに忘年会があった
予約していたお店が、その一週間前から、なぜか、シャッター閉まったまま
見に行くと、そのシャッターも、なんだか、ぼこぼこになっていて、まるで、借金をたくさんこさえて、夜逃げしたような感じ(マジ、そうかも)
さすが、究極の貧乏くじ引き男主催の忘年会と感心!!
急遽、近所の和風のファミレスですることになり、行ってみると、ものすごく混んでいて、順番待ちが。
世間に出てから、いろんなところで忘年会をしてきたけど、忘年会で、名前を書いて、順番待ちをしたのは、生まれて初めての経験だった。
メンバーは、M男と女性6人
これが、M男じゃなければ、『ハーレムですね〜』と言うところだけど、相手がM男だけに、みんな、時々、M男がいるのを忘れる〜
おまけに、ちょっと、お酒も入ってきて、6:1でボロカスに言われても、M男は異常にうれしそうで、不気味・・・やっぱり、真性Mか?

さぁ、大変! 

2005年12月26日(月) 2時55分
自分がびびりなのに、気の強いスタッフを雇ってしまったM男せんせ〜
さぁ、大変なことが起こってしまった!
気の強いスタッフのA子さん@45歳が、代診でバイトに来る
若い女医さんたちを相手に、診療の技術に対して暴言の数々!
言いたい気持ちはわからなくはないけど、医師の言うことに
聞かれもしないのに、口出ししちゃだめでしょう

ついに女医さんDがA子とは、仕事したくないと言い出した
ど〜するのかなぁ〜とジィーっと観察していたら、
「いいことを思いつきましたぁ〜
A子さんの来る日に、D先生は来ないで、D先生の来る日には
A子さんが来ないようにすれば、大丈夫ですよぉ〜」と言い出した

実に彼らしい解決方法だけど・・・それでいいのか!? おいっ!
A子さんが暴言を吐いている相手は、D先生だけではないぞよ
ましてや、小さい医院内で、そう器用に分けられるのか?

A子さんにバシッと言えないのは、白衣の下に穿いている
網タイツにクラッと来ているのか?
(白衣の下に網タイツはくなよぉ〜@オバハン)
・・・・・・これからがちょっと楽しみになった!




殺されます〜 

2005年12月24日(土) 1時02分
今日、TVで『実録・鬼嫁日記』と言うのをやってて、
なんかちょっと、M男のことが理解できた気がした(^_^;)

ドラマの『鬼嫁日記』は、鬼嫁というよりは、
バカなだけな気がしたけど、"実録版"は、
正直、何で、あんなに耐えるのか理解できなかった
鬼嫁を持つダンナは、自分で自覚しているだけでも、
50%近くが『M』だった!

先日、話を聞いていると、かなりの仕打ちを受けているM男に、『鬼嫁日記2』でも書いたら、どぉ?と聞いたら、
『ばれたら、間違いなく殺されますぅ〜』とほんとに、
怯えていた
何で、そんな恐ろしい思いをしてまで、一緒にいるのか
やはり私には理解不能

今後も観察が必要である

どぉ〜しましょ〜? 

2005年12月23日(金) 1時11分
M男の仕事は、お医者さん!
私なら、こんなに決断力のない男に我が身を任せる気はないけど、
まぁ、よそのヒトを診るなら、私は見なかったことにしておこう

今年の夏の終わりから、勤務していた病院を辞めて、自分で開業した
だから、まぁ、世間で言うところの院長ってとこ
だけど、なんか、いろいろ変
変なところはまたおいおい書いていくとして、彼の口癖は、「どぉ〜しましょ〜?」
外出先の私の携帯に電話が入ってくれば、必ず、第一声は、「どぉ〜しましょ〜」

『○○から、電話がかかってきたんですけど、どぉ〜しましょ〜?』
『○○から、こんな郵便が来たんですが、どぉ〜しましょ〜?』
『通帳にお金がないんですけど、どぉ〜しましょ〜?』

どぉ〜しましょ〜?  と言っているうちに、どうにかなってしまう点はある意味、
すごいかもしれない
たとえ、その、どうにかなる前に、私や他の人間にぼろくそに言われても、
『屁』とも感じずに、今日も彼は電話口に向かって
        「どぉ〜しましょ〜?」と聞いてくる
仕事とは言え、着信拒否してしまいそう



お前の息子 

2005年12月22日(木) 13時43分
S子は、M男の嫁です
M男と仕事をすることになり、事前の打ち合わせで会うことになったが、お互い、まだ、別の場所で仕事をしていたので、時間のある夜に会うことになった。

その日、約束の時間の30分前、M男から電話
どうしたのかと思ったら、
『今、病院に来ているんですぅ〜。待ち合わせ時間を変更してください〜』
・・・M男の話し方の特徴は、常に言葉の語尾が延びるぅ〜

『どうしたんですか?』と聞くと、
『息子を怪我させてしまったんです〜、で、今、病院にいるんです〜』
『大丈夫ですか?』と聞くと、
『たいしたことないんですが、病院の夜間診療が混んでいるんで〜』
『じゃ、差し支えなければ、私が病院まで行きましょうか?』
『そうして頂けるとありがたいです〜』というので病院まで行ったら

土曜の夜間診療で混みあっている待合室の隅に親子二人でぽつんと。
『奥さんはいらしてないんですか〜』と聞くと
『お前の息子をお前が怪我させたんだから、お前が病院に連れて行け!と言われましたぁー』
・・・うそっ?
『えっ?奥さん、体調でも悪いの?』
『いえいえ、うちの奥さんは、一日中、"お前の息子の子守をしてたので疲れた"と言って、眠いので寝ていますぅ〜』



M男の紹介 

2005年12月22日(木) 13時00分
8月から "彼" と仕事をし始めて、
『あれ?』『あれ?!』『あっれ〜!!??』
『なんか変だぞぉー?』ということが多発
私の今までの人生で、こんなタイプは見たことない!!
彼の『特異性』をヒトに説明しようにも、一言で、説明できない
接したことのある人間でも、わからないヒトには、わからないだろう

でも、最近、どうも、彼の『傾向と対策と使用方法』がわかってきた
彼を囲む女は、全部異常に気と我が強い(私を含めて)
・・・どうやら、彼は精神的に『M』ではなかろうか?・・・と

ということで、分析するためにも、 "観察日記" をつけることにした


2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像kansatusya
» 彼の親! (2006年01月03日)
アイコン画像ミニ鬼嫁
» 彼の親! (2006年01月03日)
アイコン画像kansatusya
» お前の息子 (2005年12月24日)
アイコン画像uhaha
» お前の息子 (2005年12月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kansatsunikki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる