軍師官兵衛 第12回

March 24 [Mon], 2014, 0:00
第12回「人質松寿丸」


一応今年も大河ドラマは視続けていますが、この詰まらなさは何なのでしょう。
あ、のっけから言っちゃった。

前々回(第10回「毛利襲来」)辺りから話しが愈々信長絡みとなり、多少は面白くなってきているのかも知れないのだが、面白くなってきているのか、やっぱり全然面白くないのか、視ていて良く解らない様なイライラする回が続いている。
どういう事かというと、これは詰まり制作者は「面白くなってきてますよ!」とドライブ(煽り)を掛けてきているのだが、視ているこちらは結局尾いて行けてないのだと思う。

これは江口信長のせいかとも思ってきたが、それ以上に主役のせいなのではないだろうか。
いや、岡田准一本人だけが悪いのではなく(彼も悪いのだが)、これはもう配役の失敗(ミスキャスト)としか言いようが無いのではないだろうか。(あ、また言っちゃった)
この辺り、一昨年の大河ドラマの悪夢を思い出す。

当初多少は期待した松山ケンイチの清盛だったが、その後の彼には同情せざるを得なかった。彼は「どうかすると役(清盛)が自分から逃げて行ってしまうようで大変だった」というような事をどこかで言っていたが(「龍馬伝」での福山・香川・大森らと真逆)、才能ある役者である松山を半ばノイローゼに追い込んだのは配役の失敗としか言いようが無い。
清盛は何を考えているか解らない様な、腹黒そうな野太い演技が出来る役者でなければダメだったのだ。

NHKとしては中井貴一の化けっぷり(第26作「武田信玄」)の再来を期待したのだろうが(その為に中井を清盛の父=忠盛に配役するという"盤石"振り)、あれは中井だからこそ出来た奇跡的な成功だったのだ。
翌年の綾瀬はるかが広島出身で、松山は実は東北(青森)出身という、翌年との転倒現象にもアレアレと思ったが、それは兎も角としても、松ケンの清盛は1年間視ていて痛々しい限りであった。

「大河の主演をやると皆ノイローゼになるというので心配してます(笑)」等とのたまわっていたが、今年の岡田は恐らく松ケンほどナイーヴではなさそうだから、本人は最後迄ケロリとしているだろう。しかし作品自体は、この儘ではかなり厳しいと思う。

主演に関しては上記であったが、「平清盛」は脚本や脇役陣は見事であったので、内容としては終盤やや残念ではあったが非常に面白かった。本年は脚本も演出も相当キビしいので、主役のハズレ具合が致命的になってしまっているのだ。

「平清盛」の制作発表がされたのが2010年。当時ではまだ無理だったが、いや、今でもまだ無理だろうが、平清盛と言って私がどうしても妄想してしまう理想の配役は…、

青壮年時代=平 岳大・老年(入道)時代=平 幹二朗のダブルキャスト だ!

私だけではない筈。これを妄想したのは私だけではない筈。…


さて、こんな今年の大河で再評価する事になったのが、第35作「秀吉」である。
もう今年は「秀吉」もう一回視るのでいいのではないかと思うくらい、「秀吉」が面白かった事に気付いた。当時の自分にとって竹中直人の秀吉は正直気持ち悪かったのだが(失礼!)、この作品の中では登場人物たちが実に生き生きとしていた。信長(渡 哲也)もしっかり怖かった。仲代達矢の千宗易ですよ!
今年の大河でも竹中が老体に鞭打って当時の若々しさを再現しているのに、逆にそれが浮いていて痛々しい事甚だしい。近藤芳正の勝家と怒鳴り合うシーンのショボイこと…(「秀吉」では勝家は中尾 彬ですよ!)。今年でいいのは竹中半兵衛の谷原章介ですかね。

あと、前回将軍義昭役について書きましたが、「秀吉」での玉置浩二を忘れてました。この人がベストでしたね。さて、残る出番で吹越 満がそれを上回れるか、取り敢えずはその辺りで楽しむ事にしますか…。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:(た)
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
日本の武道の一つである、少林寺拳法をやっている一拳士(中国の少林拳ではない)。

東○都某○○○区にある、少林寺拳法 東○東○○道院の元HP管理人でもある(道院長先生ではありません)。

このblog.の記載内容は、少林寺拳法および如何なる道院の公式見解でもありません。少林寺拳法の公式サイトは、http://www.shorinjikempo.or.jp/ です。
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像モチ
» 単独演武の功罪 (2016年03月03日)
アイコン画像ペガサス
» 剛法の面白さ・難しさ (2013年05月17日)
アイコン画像管理人(た)
» 剛法の面白さ・難しさ2 (2013年05月15日)
アイコン画像管理人(た)
» 剛法の面白さ・難しさ (2013年05月15日)
アイコン画像管理人(た)
» 突きの姿勢 (2013年05月15日)
Yapme!一覧
読者になる