ドラム缶 サイズ

October 24 [Fri], 2014, 15:10
日本ではJIS規格により大きさや寸法が定められている。大さは5種類。
一般にガソリンスタンドなどで見かけるドラム缶は、その中で最も一般的なもの。
容量は200リットル、直径が約0.6m、高さが約0.9mである。
業界では18リットル以上200リットル未満のものは中小型缶とよび、200リットル以上のものの呼称であるドラム缶と区別している。
海外では200リットルに相当する44ガロン缶の他、220リットルなど別のサイズのものもある。
海外ではドラム缶を専門の製缶業者から買わずに、自社で製造して使用する企業もあるため、種類・サイズも多様となりやすい。
200リットルドラムは20フィートの海上コンテナに通常80本積載可能である。








※ご注意
缶の外観は同じようでも、吐出口の形状およびサイズが異なります。
それぞれの吐出口に合うものでなければバルブの取り付けはできません。
仮に取り付けたとしても液漏れや脱落などの事故が発生します。
弊社が標準としている以外の吐出口の缶については、缶をお送りいただき製作可能であれば特注で承ります。




一斗缶・ペール缶・ドラム缶の小分け具「缶楽(カンラック)」バルブ・コック
http://www.tsuruta-inc.co.jp/




ドラム缶・一斗缶・ペール缶等にコックを取り付けでバルブをひねるだけ!

※ご注意
缶の外観は同じようでも、吐出口の形状およびサイズが異なります。
それぞれの吐出口に合うものでなければバルブの取り付けはできません。
仮に取り付けたとしても液漏れや脱落などの事故が発生します。
弊社が標準としている以外の吐出口の缶については、缶をお送りいただき製作可能であれば特注で承ります。

株式会社ツルタ 
〒196-0031 東京都昭島市福島町3-11-1
TEL 042-541-3214 FAX 042-541-2016
info@tsuruta-inc.co.jp
***************************************