幸せ。

December 31 [Thu], 2009, 20:45
2009年も、あともうすこし。

花音を再開しますと言ったまま、またずいぶん時間が空いてしまいました。

この1年も、本当にいろんなことがあって
本当に、1年間だったのかなぁと思うような時間だった。

だけどこうして今、笑顔で今年を振り返ることができて
幸せな一年だったなぁと、心から思っています。

外は、雪。

年末らしい風景だなぁ・・・
全部真っ白に生まれ変わるみたいですごくすてき。

たくさんのことを乗り越えて
彼と歩き始めて

今まで生きてきて、今がいちばん幸せ。

1年前の私は
1年後、彼が隣にいるなんて考えられなかった。
半年前の私は
つらくて痛くて、泣いてばかりいた。

過去を思い出しても、もうつらくなることもなく
ひとかけらの不安もなく、今を過ごしていられるのは

言葉も行動も、全部が信じられるから。
そんなの思い出す暇もないくらい、いっぱい幸せをもらってるから。

この人を好きになってほんとによかった。

つらい時期があったから
いちどあきらめたから
今こんなに、心を開いて、あなたに向かいあえています。

やっぱりあなたと私は、すごく似ていて
似すぎているから、大変なこともきっとあって
だけどいつも同じ風景を見ていられる。

これからいつも、新しい年を迎えるときは
あなたの隣にいたいと思う。

一緒にいようね。

ずっと一緒に。

ね。



今年もありがとう。

チャンス。

September 12 [Sat], 2009, 22:26
バイトでつないでた1年と数ヶ月間、当然収入は激減していて。
なのに前年まで普通に働いてたぶん、国民年金や市県民税は高額で。

なけなしの貯金、切り崩してくしかなくて
すっからかんの、ビンボウ人になってしまいました。

会社を辞めたときには、よもやここまでの不況になるとは。
この年で情けないけど、これも現実。

実家に居候しているぶん、食べるものに困るようなことがないとはいえ
お金の不安というのは、本当に大きい。

そして、贅沢を続けてきたことを、とても実感しています。

旅行とか、ゴルフとかしないし
お酒が弱いから、飲みにもほとんどいかないし
アカペラって声だけでなんとかなっちゃうわけだし(笑)
お金のかかる趣味を持ってるつもりはなかったけど。

たとえば、運転してどこかに出かける途中に寄る、コンビニ。
完全禁煙して2年以上経つけど、それまでのタバコ代。
高級なところに行くわけじゃなくても、ときどきの外食。

こまかい我慢って、ぜんぜんしないできたんだ。

今、どこかに出かけるにも、飲み物とか買わないし
どんなにめんどくさくても、お弁当作ってくし
無駄使いが、すごく減りました。

さらに先月、入社のタイミングのせいで、半月分のお給料しか入らなかったこともあり
今月は本気でお金がなくて!

ともだちの誘いも、ほとんど断り、家で過ごす日々。
試験勉強には、ちょうどよかった。
そして試験が終わってからのここ数日は
家で本を読んだり、散歩に出かけたり。

お金がないことは、不安だけれど

忘れかけてた大事なことを、思い出すことができてる気がします。



大切に過ごしていきたい。

自分を見直すチャンスだから。

きりかえ。

September 11 [Fri], 2009, 22:50
きのう、試験のあと、会社へ行って社長と話した。

辞めるの覚悟だったから、言うべきことは言ったと思う。

社長の言葉を、信じることはできないけれど
ずっと続けていく自信は持てないけれど

今、必要とされていることを
プラスにとって、強みに変えて、やっていく。

今日からまた、仕事始めました。

試験が終わったから、楽しいこと考えてもいいんだ!

仕事は、わりきって。
そのぶんプライベートを楽しもう。

ちいさくてもいいから、幸せを感じる瞬間を大切に
わくわくとかどきどきとかトキメキをたくさんひろって
プラスの盾を、つくるんだ。
マイナスをはじきとばせちゃうくらいの!

あとは、夢を持つこと。

夢は、具体的なほうがいいんだって。

例えば、自分でレストランをやりたかったら
お店の外装、内装、メニュー
どんな服装で、どんな笑顔で、どんなふうに料理しているか
そこにどんな人がいて、どんな会話をしていて・・・・・・

そんなふうに、ただ「叶えたい」っていうだけじゃなく
具体的に想像していくことが、より夢を近づけるんだって。

結婚なんかも。
ただ「結婚したい」っていうんじゃなくて
どんな家で、どんなエプロンつけて、どんな料理をしてて
子どもが何人いて・・・・・・っていうところまで。

妄想、大得意なんだけど

相手がいないのに、ここまで想像するのはけっこう難しいよ(笑)



今の私は、いろんな場面で
細かくきりかえていかないと、やってけない。

器用じゃないから、簡単じゃない。

だけどそれが、自分を保つということ。

ひとつひとつが、バラバラにだけはならないように。

再開。

September 10 [Thu], 2009, 0:04
明日まで、仕事は休み。
明日はいよいよ調理師試験です。
今の仕事にぜーんぜん関係ないけど
いつかはとりたいと思ってきた。

今はとにかく、きもちきりかえて、がんばる。

いつか自分でお店が持てたら、どんなにいいだろうと
最近強く思うようになりました。
宝くじ、あたんないかな。(笑)

昼間の電話。
頑張ってるメール。

今日はチカラをもらって、心が動きはじめたかんじ。

仕事は、とりあえずもういいやー
いや、ぜんぜんよくないんだけど
あさって出勤するのが恐ろしいけど

この仕事は、わりきるしかないから。
だめなら辞める。それだけ。

仕事以外に楽しみを。
歌うことも、踊ることも、私は持ってる。
だけど、やっぱり

恋でしょ!

近くに彼氏、つくろう。
会いたいときに会えて、泣きつける、笑いあえる、相手。
現実的に、一緒にいられるようなひと。

ただ待ってたって出会う機会はなかなかないから
ちゃんと自分で、動いてみよう。

今までぜーったいイヤだと思ってた、合コンとか紹介とか。
うーん、やっぱ合コンは・・・。

でも、とにかく、変わろう。変わらなきゃ。

たとえば第一印象がピンとこないから、速攻却下とか(笑)
そういうのやめて、もう一歩、自分で幅を広げてみようと思うのです。
だれかをだいすきになりたいんだもん。
そういう気持ち、思い出したい。
できるだけ、自然に。

この年で、まだこれから恋をしてときめけるなんて
ある意味、すっごい贅沢だよね(笑)



「花音」も、再開しようと思います。

なんだかもうずっと、つらいことを吐き出す場にしちゃってたから
開いて見るのすら、つらかったりして。

ここだけ見てる人がいたとしたら、どんな暗い人間だよってかんじだよね☆

ここも、私の歴史だから。

またすこしずつ、刻んでゆくね。

自失。

September 08 [Tue], 2009, 18:26
なんにもやる気がおきなくて、
なんにも手につかなくて、
このままいるとほんとうに全部がストップしてしまう気がして

思わず続けて日記をつけてみたりする。

人を変えることはできないから
自分が変わるしかない。

だけど今回ばかりは、先が見えない。

なんでこんなことになっちゃったんだろうとか
私に人を見る目がなかったせいなんだろうかとか
そんなふうに、気持ちを逸らすことはしたくない。
自分を責めても、なにもならない。

今回、私は、なにも悪いことをしていないし
一生懸命仕事をしてきた自信がある。
人よりできてるとも思わないけど
人よりできないことはない、程度には。

不信感。恐怖心。
なにも考えられないほどの、強い、支配力。
ぜったいに、ぜったいに
仕事をやる上で、必要のないものばかりだよ。

信頼も尊敬も、できるときはこないと思う。

泣き寝入りすることにならないように、
証拠を残すしかないと心に決めて
ポケットにICレコーダーをひそませるなんて

まさかここにきて、こんな思いをするなんて。

人を責めたり憎んだりする気持ちじゃなく
ただショックで、茫然自失。

今、仕事を失うわけにはいかない。

その強い思いだけが、私を支えてる。

だけどきっと、そう遠くない未来に、限界がくるだろうってこともわかってて。

この1年と少し、転職が思うようにはいかなくて
苦しい思いもしたし、貯金もなくなったし、不安をたくさん抱えてきた。
だけど、そのかわりに
大切な人との出逢いや、本当に自分がやりたいことをみつけて
無駄なことはなにもないと思った。

やっと就職できた、安心感。
それは私だけではなくて、家族やまわりみんなのものでもあって。
あとはもう、ここで精一杯やっていくだけだと思ったのに。

運が悪いっていえばそれまでなんだけど。

立ち直れない自分を、どうしていいかわかりません。

このまま仕事にいけなくなっちゃったらどうしよう。
明日がくるのがこわいなんて、思う日がくると思わなかった。
やらなきゃいけないことはたくさんあるのに。

人が人を傷つけるって、こういうことなんだね。



負けない。

経過。

September 08 [Tue], 2009, 17:50
スタジオの入り口で、最初にばったり。
あなたのほうがずっと、困ったような、気まずい顔、してた。

最初、あなたはとても固い音を出してた。

強い人なんかじゃない。
そう思ったら、力が抜けた。

想像してた以上に、私は平気でした。
ちゃんと笑ってたし、あなたの目を見れたし
みんなともたくさん話せたし、しっかり声も出てた。

あなたのことを好きだった頃のほうが、ずっとつらかった。

そんな私を見てか、だんだんいつも通りになっていったあなたは
やっぱり音楽家として、素晴らしかった。
こんな音を、私は他に知らない。
今あなたが、全国ツアーにかけているキモチと
この経験が、あなたのチカラになっていることを、感じました。

あなたとバンドを組めたのは、ほんとうに奇跡で
あなたと一緒にできるのは、あと1ヶ月と少ししかなくて

この時間を大切にしたい。

素直にそう、思いました。
音楽家として、あなたはやっぱり
尊敬できる、憧れの人。
それ以上でも、それ以下でもないということ。

うん。私、だいじょうぶ。



そんなことより、今抱えている仕事の問題は
私の胃を、しめつける。

もう、ひとりでがんばるの、疲れちゃったよ。

私をそのまま、受け止めてくれる人、そろそろ現れてくれないかなぁ。

人を、だいすきになりたいなぁ。

1ヶ月。

August 17 [Mon], 2009, 22:40
久しぶりにココを開いて、ああ、1ヶ月経ったんだと、気付きました。

新しい仕事や、音楽や、めまぐるしい日々の中で
あなたのことを思い出すことはもう、ほとんどない。
私、ちゃんと、前に進んでいます。
あなたにひとつ、お礼を言うとしたら
とことん傷つけて、呆れさせてくれたことかな。

だけど、それでもときどき
ふと思い出して苦しくなったり、涙が出たり
来月からまた顔を合わせるのが、こわくて逃げたくなったり・・・

今、すこしだけ気になる人がいたりするのに
このまま進めたらいいのにって、毎日思うのに
まだちょっと、無理みたい。
臆病になっているだけなのか、まだ忘れられていないからなのか。

あなたの名前を、偶然ネットでみつけるのがすごくいや。
会いたくない。見たくない。知りたくない。

これは、あなたをきらいになったからですか?
それともまだ好きだからですか?

本当にそれがわかるのは、まだ先のことなのかもしれない。
次に顔を合わせるときなのかな。こわい。だけど、早くきてほしい。

どれがほんとで、どれが現実で、私のココロがどこにあるのか
わからなくなるときがあるんだけど

きっとどれも、ちゃんと私なんだよ。

今、ふと思い出して苦しくなる気持ちさえも、いつかは消える。

いつか、ほかの誰かを思って、愛しい苦しさを持つときがくる。

焦るつもりなんかぜんぜんないから、ゆっくり進もう。

あなたもわたしも、幸せになりますように。
あなたもわたしも、ひとりじゃありませんように。

夢。

July 16 [Thu], 2009, 19:51
あれから2回、夢にあなたが出てきた。

思い続けている頃は、夢で会いたくても、いちども出てきてくれなかったのにね。

2回とも、同じように、私は歌っていて。
あなたに届くように、ステージから、精一杯歌っていて。
なのに、遠くにいるあなたは、そっぽ向いてて気付いてくれない。
見て。気付いて。こっちを向いて。
歌っても歌っても、どんなに思いをこめても、大声を出しても
やっぱりあなたは、無表情でそっぽ向いてる。
そんな夢でした。

しかたないよね。
だってこの1年、あなたは私の全てといってもいいくらいだった。

あなたに気付いてほしくて
あなたに振り向いてほしくて
あなたに選んでほしくて
あなたに認められたくて

あなたに、会いたくて

毎日毎日、祈って、願って、思い続けて。

そんな日々が突然なくなったとしても、そこに未練が残らないわけがない。

だからどうというわけではなく。

どうしたって、時間が必要なのは、しかたのないこと。

だけどゆうべあなたの夢を見たのは、寝る前にあなたの、あしあとがあったせい。
マイミクも外したのに。見にくるのは勇気がいったでしょうね。
あなたのことだから、私がどうしてるか、大丈夫なのか、心配したんだよね。

でも

私をいちばん傷つけて、弱らせて、大丈夫じゃなくしてるのは
あなたなんだけれどね。
そういう自覚があったら、そして、自分を恥じていたら
見れないんじゃないかと思うんだけど。どうなのかな。

私を揺さぶるのは、もうやめてください。

揺さぶられる私じゃなくなりたい。

だけどもうすこし、時間がほしいよ。

あなたに会わないこの2ヶ月間で、ちゃんと整理をつけたいの。

そして次にあなたに会うときは、心からの笑顔で・・・・。



梅雨の重い雲が、いつの間にか夏雲に変わったように

今日から新しい仕事に就いて、心も新たに

私もカタチを変えるのです。自然にまかせて。

歩。

July 13 [Mon], 2009, 14:33
ココを開くまでに、時間がかかった。

今もまだ、言葉にするのがちょっとこわい。
前の日記は、痛くて読めない。

夜中に、うなされるみたいに目を覚まして
彼の言葉がよみがえって、悔しくて悲しくて涙が溢れて
寝不足が続いたけれど、そんな日も消え。

今、やっとおだやかな気持ちでいられるけれど

言葉にするのがこわいっていうことは、まだきっと
ただ、目をそらしているだけなんだよね。

だけどそれでもいい。

もう、それでいい。

今は無理に目をそらしていたとしても
時間とともに、いつかは自然に変わっていくはずだから。

彼と会って話して、傷ついたし、苦しかった。
今まで信じていたものはなんだったんだろうって、思った。

だけど、彼は悪くなかった。

彼は彼なりに、私を好きになってくれて
悩んで苦しんで揺れて、一生懸命だったんだよね。

でもそのひとつひとつが、私にはぜんぜん、及ばなかったというだけ。

彼の言葉のひとつひとつが、まるで子供みたいで
なんだかかわいそうになってしまうほどだった。
こんなに小さい人だったんだ。

だけど彼は、見栄を張ったり、かっこつけずに
私にその全部を見せて、その全部を言葉にしてた。

だから私は、彼に騙されたわけでも
裏切られたわけでもないんだ。
ただ、私の信じたはずの人ではなかったというだけ。

私は、彼と歩いていくことはできない。

私が強く出れば、すがれば、間違いなく私を選んだ彼に
はっきり、さよならしてこれた。

苦しかったけど、私、さいごはちょっとかっこよかったんだよ。



あなたを信じたことを、後悔しません。
後悔してしまったら、人を信じることができなくなってしまうから。
それに、信じるっていうのは、結果のためのものじゃなくて
信じるっていうこと自体に、価値があると思うから。

私のまっすぐを、まっすぐ受け止めてくれる人をみつけよう。

まっすぐ前見て、歩いてく。

止。

June 25 [Thu], 2009, 14:17
震えながらたくさん泣いたり、
嫉妬心みたいなものが胸に渦巻いたり、
のうみそ停止状態になったり、

この12時間の感情の起伏
グラフにでも、できるならしてみたいくらい。

ときどき、うつらうつらとして
はっと現実に戻るたびの、むなしさ。

何度もケイタイ見て
現実だよねぇ、って思う。

「そうしてください。」文字が目蓋の裏に焼きついてしまったみたい。

どうして「ふたりで会うのはこれが、最初で最後だよ」って
あのときのままでいてくれなかったのですか?

どうして1ヶ月前に、私が限界ですって言ったときに
「もうなにも不安にならなくていい」なんて言えたの?

今夜、あなたのところへ押しかけてしまおうと思った。

とにかく会って話をしたい。

けど、やめた。

今、この激情の中であなたと会うのは、傷を広げるばかりな気がする。

かさぶたを、無理にはがすようなもので。出血、きっと止らない。

そしてまた「やっぱり・・・」って、同じことを繰り返すことになるのもいやだ。

落ち着こう。受け止めよう。
少し時間をかけて、自分なりの答えをみつけよう。

落ち着く前に、会ってしまうことにはなるんだろうけど。
逃げないよ。私は。
逃げるならあなたのほうだよ。
だって私は、なにひとつ後ろめたいことなんかないもの。

忘れられたら、どんなにいいだろう。一日も早く。

いい恋愛ができる日がくるのかな。
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像花音
» 再開。 (2009年09月11日)
アイコン画像piyo
» 再開。 (2009年09月10日)
アイコン画像花音
» おなじ想いを。 (2009年01月21日)
アイコン画像イルカ
» おなじ想いを。 (2009年01月20日)
アイコン画像花音
» そして2008! (2009年01月05日)
アイコン画像くろこあ
» そして2008! (2009年01月03日)
アイコン画像花音
» そして2008! (2009年01月02日)
アイコン画像piyo
» そして2008! (2009年01月01日)
アイコン画像花音
» 救い。 (2008年12月15日)
アイコン画像piyo
» 救い。 (2008年12月14日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かのん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
P R