引越しのご案内 

2006年08月06日(日) 23時39分
8月6日より引越し致しました。
しばらく更新していなかったので気分一新、新たな気持ちで再スタートです。下記タイトルから飛んじゃってください。


新・寄り鳥、見鳥


改めてのご訪問を心よりお待ち申し上げます。

5月21日B大久保農耕地 

2006年05月24日(水) 22時27分
久しぶりの鳥見と好天に恵まれたことで、調子に乗って大久保農耕地にまで足を延ばしてみた。土手の上から見るかぎり、鳥見の人は見当たらない。あまり期待できないかなと思いながら車を走らせる。ふと近くの畔に目を向けると何かが動く。目を疑った。カエルを喰わえたムクドリだ。何度も突っついたり、叩きつけたりしていたがちょっと残酷な気がした。サギ類などはあんなに念入りにいじめたりはしない。簡単に丸呑みするだけだ。こんなに身近に鳥にも野生を感じるとは考えもしなかった。

期待のシギ・チに出会えぬまま大好きなオオヨシキリを眺めていると、足元にスズメが寄って来た。思わずカメラを向けた。距離が近いと何も考えずに写してもなかなか出来がいい。ほどなくしてすぐそばの水溜りに移動したと思ったら水浴びを始めた。動きが早くて気に入った写真は取れなかった。しかし、水浴びを終えて出てきた姿は、これがまた可愛らしい。全身の毛をボサボサにして、まるで近所のイタズラ小僧のようだった。


背中のほうでセッカらしき声が聞こえたので振り返ると、そこにいたのはツバメだった。いつも電線の上にいるか、飛びまわっているのでなかなかシャッターチャンスに恵まれない。案の定シャッターを押した瞬間に飛んでいってしまった。あきらめて帰ってきてから画像を確認すると、これこそ怪我の功名。羽ばたく瞬間が写っていた。

天気に恵まれて楽しい一日を過ごすことが出来た。この日に確認した鳥は、キビタキ・コゲラ・ウグイス・オオヨシキリ・ガビチョウ・シジュウカラ・ヒヨドリ・オナガ・ムクドリ・コサギ・チュウサギ・ダイサギ・アマサギ・カルガモ・カイツブリ・コアジサシ・チョウゲンボウ・モズ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・ツバメ・チュウシャクシギ・コチドリ・スズメ・バン・コガモ・ヒバリ・キジバト・カワラヒワ・アオサギ・ムナグロ・キアシシギ・アオアシシギ・カワウ・ホオジロ・ハクセキレイ・ゴイサギの37種。

5月21日A伊佐沼 

2006年05月23日(火) 22時25分
10:00を回った頃に北本を出て伊佐沼に向かった。カルガモの親子に期待していたのだが、残念ながら子連れには出会えなかった。それでもこの時期はコアジサシに出会えるので楽しく過ごすことができる。この日も到着するとすぐ目の前にとまっていた。しかし昨年に比べると数が圧倒的に少ない。というより、一組しか見かけなかった。ちょっと残念。それでも元気良く空を飛び回る姿はとてもシャープで見ていて気分がいい。来年はまたたくさん来てくれることを望むばかりだ。

蓮畑のほうはまだ時期が早いので咲くどころの状況ではないのだが、こちらではカイツブリの親子が休日を満喫していた。
昨年は離れたところで泳ぎ回っていたので写真を撮ることが出来なかったが、この日はけっこう近くまで寄ってきてくれたのでなかなかいいのが撮れた。特に真ん中の写真は拡大すると親がエサを与えるのが確認できる。天気もくずれないようだし、期待のカルガモ親子に出会えなくても寄ってみた甲斐があった。

5月21日@北本自然観察公園 

2006年05月22日(月) 22時26分
連休前からひきずっていた風邪がようやく治り、やっと鳥見に出掛けることができた。久しぶりなので期待も大きい。朝6:30に到着。釣堀の前に車を止め土手を越えるとすぐに美しいさえずりが聞こえてきた。少し遠慮気味の声だったが間違いなくキビタキだ。高いところにいるのでどうしても見上げるようになってしまう。しばらくの間あそんでもらったが結局低い所には下りてこないまま奥のほうへ飛んで言ってしまった。

一月ぶりに訪れた公園の中は予想以上に茂っていて鳥の姿を見つけるのは容易ではないのではないかと思われた。それでもあちらこちらでオオヨシキリが大きな声で鳴いていた。大好きな鳥だ。決してきれいな声でもないし、姿も美しいわけではない。しかし夏の訪れを感じさせてくれるという点で思い入れがある。しばらく歩いているとすぐそばでホーホケキョのお馴染みのさえずり。すぐに見つけることができたのだが、これが枝がかぶったり後ろ向きだったり、はたまた落ち着きなくそわそわと動き回るウグイスだった。

このすぐそばで北本ではお馴染みの声が聞こえた。すぐそばの茂みではガサガサと動き回る気配。一羽ではない。これはもうあれしかいない。そう、ガビチョウだ。ふてぶてしく集団で動き回るが意外ときれいな声だ。すぐそばまで近づいてきたので思わずシャッターを押した。あまり見惚れるような鳥でもないなあ。

帰り際、林の中からホトトギスの声が聞こえてきた。まだ写真を撮ったことがなかったのでなんとかしたかったのだが、聞こえてくるのは隣接する私有地の奥のほうからだ。残念ながら後ろ髪を引かれる思いで公園をあとにした。

大久保農耕地(4月29日) 

2006年04月30日(日) 20時03分
不覚にもこの大事な時期に風邪をひいてしまった。ようやく田圃に水が入り始めてわくわくしている矢先だ。・・・、おとなしくしていればいいものを、ついつい出掛けてしまった。先週はムネオカタヒバリの登場で随分と賑っていたが、今日は2〜3人しか見かけなかった。肝心の鳥はというと、車を止めてすぐに出迎えてくれたのはオオヨシキリだった。やっぱり、オオヨシキリは枯れたアシでは似合わない。緑色に茂ったアシ原が良く似合う。

移動しながら双眼鏡を覗くと数羽のシギらしき鳥が見えた。チュウシャクシギだ。全部で7羽いる。周りを見渡しても誰もいない。ここぞとばかりに接近を試みる。あと3歩、と思った瞬間飛ばれてしまった。欲を出すものではない。しかし、一羽だけ残ってくれた。飛んでいってしまったモノたちも思ったほど遠くへは逃げなかったので再度チャレンジしてみた。今度は近づき過ぎないように慎重に。うん、背景にきれいな風景が入ってくれた。まづまづ気に入った写真が撮れた。

今日確認できた鳥は、オオヨシキリ、チュウシャクシギ、ツグミ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、スズメ、ムナグロ、オオタカ、キジバト、シジュウカラ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、チュウサギ、カルガモ、ヒバリ、ツバメ、カワラヒワ、オナガの20種。

大久保農耕地 

2006年04月23日(日) 19時13分
雨が降らないようなので、午後から出掛けてみた。ムネアカタヒバリが出てるということで多くのカメラマンが来ていたが、どうもその輪の中に入る気にならない。そこで少し離れた場所を歩いてみることにした。姿の見える鳥はほとんどがツグミ。それでもすぐそばでタヒバリがじっとしているのを見つけることができた。夏羽に切り替わる途中で、首の辺りから腹にかけて少し赤くなっている。そろそろ旅立つ頃だろう。

少し移動してゴルフ場脇の辺りを歩いていると、大きめの鳥が飛んできて止まった。すぐに猛禽だと感じた。このあたりではよく見かけるからだ。しかし、ノスリにしては少しスマートだ。曇り空なので肉眼ではよく見えない。双眼鏡を覗いてよく見る。オオタカだ。腹の縞模様が縦に入っているので若い個体だと思う。けっこう近い距離だったが動かずにいたので5分くらいは遊んでくれたと思う。欲を出して近づこうとしたらすぐに飛んでいってしまった。たしかに警戒しているのは感じていたのだが、それにしても自分の距離を確実に保っているのであろう。

南畑の田圃にはまだ水が入っていなかったのだが、それでもムナグロの群れが入っていた。天気が悪いのできれいな黒い色が映えない。3つの群れを確認したが、いずれも50羽以上だったと思う。

散歩がてらの鳥見だったが、意外と楽しむことができた。いよいよシギ・チのシーズンも本格的になってきた。来週からが楽しみだ。
今日確認した鳥は、タヒバリ・オオタカ・ムナグロ・ツグミ・ムクドリ・スズメ・ハシボソガラス・ハシブトガラス・モズ・コチドリ・チョウゲンボウ・コサギ・ダイサギ・アオサギ・ゴイサギ・カルガモ・カワラヒワ・キジバト・ホオジロ・ヒヨドリ・ヒバリ・カワウ・ツバメ・ハクセキレイの24種。

荒幡富士(4月8日)A 

2006年04月14日(金) 21時04分
登山口?の前の広場を歩いていると、頭の上から「コツ、コツ」と音が聞こえる。ここではアカゲラやアオゲラはなかなか見ることができないので、すぐにコゲラだと思った。しかし、どんなに見回してみても姿が見えない。音はずっと聞こえているのに・・・。やっとのことで見つけると、巣穴を掘っていたようで木の中に隠れていた。これでは見つかるわけがない。木屑を外に出す瞬間を狙ってみたが、うまくいかない。それでも、小さな穴からかわいい表情を見せて楽しませてくれた。

しばらくすると、別の木の上からけたたましく鳴く声が聞こえた。その直後巣穴から飛び出したコゲラは別の気の上でもう一羽のコゲラと交尾をはじめた。慌ててカメラを向けるも逆光と手ブレが烈しく、かなりトリミングすることになった。それでも交尾の瞬間を観察したのははじめてのことだったので、あらためて満足感がこみ上げてきた。


このとき確認できたのは、シロハラ・シジュウカラ・アオジ・コゲラ・ウグイス・ヒヨドリ・ツグミ・ムクドリ・スズメ・ハシボソガラス・カワラヒワ・メジロの12種。アカゲラの声が聞こえたので、だいぶ探してみたが見つけることは出来なかった。お世話になったセンターの方に深謝。

荒幡富士(4月8日)@ 

2006年04月11日(火) 21時42分
所沢に用があって出掛けたついでに足を延ばしてみた。センターのスタッフの人が気さくで気持ちがいい。鳥のほうはたいして出ていないと聞いたが、一回りしてみる。なにやらガサガサと音がするほうへ目をやるとシロハラだ。ここに来るといつも決まった場所で見かける。人馴れしているようでかなり近い距離でもゆっくり近寄れば逃げないでくれる。しかし犬は苦手のようで、散歩の人が犬を連れて近づいてくるとピポピポッと鳴いていってしまった。

公園の桜はまさに満開。なんとか桜の花の中の鳥を写したいと思ったが、なかなか上手くいかない。やっと撮れたのがシジュウカラ。雲が多くてイメージ通りではないが、とりあえず満足する。

センター脇の藪の中を動き回るウグイスを狙って移動したが、ここのウグイスはなかなか出てこない。コジュケイも最近はなかなか姿を見せないらしく、ソウシチョウに至ってはいなくなったみたいだ。そんななかサービスしてくれたのがアオジ。しかし、どこに出てきても必ず小枝がかぶる。それでも折角のサービス精神に感謝しつつ・・・。

秋ヶ瀬公園~大久保農耕地(4月8日) 

2006年04月10日(月) 21時20分
随分と陽気が良くなってきたので、鳥見も気楽にいけるようになってきた。休日の朝食をノンビリと摂り、いそいそと出掛けていった。釣堀後の池には相変わらずアカハラがいた。池の周りはシジュウカラとアオジが盛んに飛び回っていた。シャッターチャンスに恵まれないまま、大きい池のほうへと向かうと大砲を構えた人たちの姿が目に入った。うわさの・・・と、期待に胸を膨らませていったが姿は見えず。カメラマン達もおしゃべりに夢中だ。ふと、水辺に目をやるとなにやらゴソゴソと動いている。ハチジョウツグミだ。初めて目にしたのだが、お腹の斑模様がなくきれいな色だ。しばし双眼鏡で眺めていたが、すっかり見惚れてしまいカメラを慌てて向けた。秋ヶ瀬では過去に数度の観察しかないらしい。

子供の森に移動するとヤドリギの前にはやっぱり人だかりが。しかし20人居ただろうか。随分と減ったもんだ。近づいてみるとちょうど姿を見せているようだ。今年の見納めとばかりにヒレンジャク。

雨がポツリ、風も出てきたので帰ることにしたのだが大久保の田んぼに廻ってみた。先日ツルシギを見た辺りでコチドリ発見。足を忙しく動かしてエサを捜していたが、口を突っ込むところは足をまわした遙か前方。本当にあれで見つけているのかな?と思いつつ写真を撮った。

この日の確認は、ハチジョウツグミ・ツグミ・アカハラ・ツバメ・ヒヨドリ・スズメ・ムクドリ・カルガモ・アオジ・ウグイス・シジュウカラ・ハシブトガラス・ハシボソガラス・ハクセキレイ・コチドリ・・・、後はなんだっけな?種類はあまり見なかったから多分これだけ。

秋ヶ瀬公園A 

2006年04月01日(土) 21時25分
人が多くなったのでピクニックの森に移動すると、奥の池ではハシビロガモがノンビリとしていた。このカモ、とっても美しいのですが目つきの悪さは半端じゃない。まるで強盗みたいだ。
釣堀後の池ではウグイスがまだ下手くそな囀りを聞かせてくれた。藪から出てきて木の上を移動しながら何度も練習しているように見えた。ガンバレ!素敵なパートナーを見つけられるといいね。
さらに進んで裏に廻るとアカハラがいた。今年はよくココで姿を見る。逆光だったがなかなか上手く撮れた。アカハラもそろそろいなくなると思うと少し寂しい。
バーベキュー広場の脇ではモズが一生懸命えさを探していた。どうやらヒナに運んでいるらしく、すぐそばの枝では身体をプルプル震わせながらえさをねだるヒナの姿があった。親モズはヒナにえさを与えるのに忙しいらしくだいぶやつれているように見えた。

今日確認出来たのは、ハイタカ・オナガ・キジバト・ヒレンジャク・ハシボソガラス・ハシブトガラス・スズメ・ツグミ・ムクドリ・ヒヨドリ・シロハラ・モズ・シジュウカラ・ハシビロガモ・カルガモ・カワウ・カワラヒワ・ウグイス・アカハラ・ジョウビタキ・コゲラ・タヒバリ・ヒバリ・ツバメ・アオジ・カシラダカ・ハクセキレイの27種。
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
■プロフィール■
名前 ♭ めひかり
趣味 ♭ 鳥見・サッカー・お酒
最新コメント
アイコン画像ベルル
» 5月21日A伊佐沼 (2006年05月25日)
アイコン画像めひかり
» 5月21日@北本自然観察公園 (2006年05月23日)
アイコン画像ベルル
» 5月21日@北本自然観察公園 (2006年05月23日)
アイコン画像ベルル
» 軽井沢野鳥の森A (2006年04月15日)
アイコン画像めひかり
» 軽井沢野鳥の森A (2006年04月14日)
アイコン画像めひかり
» 軽井沢野鳥の森@ (2006年04月14日)
アイコン画像ベルル
» 軽井沢野鳥の森@ (2006年04月13日)
アイコン画像ベルル
» 軽井沢野鳥の森A (2006年04月13日)
アイコン画像めひかり
» 軽井沢野鳥の森@ (2006年03月25日)
アイコン画像ベルル
» 軽井沢野鳥の森@ (2006年03月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kanoko-s
読者になる
Yapme!一覧
読者になる