全く彼女ができないなら戦う場所を選ぶしかない。

April 13 [Wed], 2016, 12:21
一体どうすれば彼女ができるのか、誰か俺に教えてくれよ!

以前の僕はそれこそ発狂しそうになるくらい全く彼女ができないことに焦りと苛立ちを感じていた。俺と同じくらいブサイクなやつに彼女がいるのを見ると吐き気がした。

ルックスが良くないのはわかってたから、とりあえず流行りのファッションを身につけるようにしたけど効果なし。豚に真珠とはまさにこのことだった。無駄にファッション知識が増えただけだった。


じゃぁ、話が面白くなればいけるんじゃないか?と一発ネタをいくつも覚え、脳みそを振り絞るように喋り続けてみたこともあるけれどやっぱりダメ。

俺が喋れば喋るほど逆に相手は居心地が悪そうになって行った。さっさと俺との会話なんて切り上げて、逃げ出したいような、そんな表情を浮かべるような状態だった。



10代の頃から暗黒時代が続き、20代になって金を稼ぐようになればちょっとは、彼女ができる兆しが見えるんじゃないかと思ったけど、そんなことは全然なかった。

むしろ社会人になると女と接する機会が極端に減って、ますます彼女を作るには不利な状況に。顔を合わせる女といえば母ちゃんや食堂のおばちゃんくらい。


全く彼女ができない俺には人間としての価値はないんじゃないか?という強烈な劣等感を抱えていたある日、俺にとって衝撃的な事件が起こった。

俺に負けず劣らずブサイクな面で生まれ、ドランクドラゴンの鈴木拓によく似た兄貴がなんと、今度結婚するわ!って、彼女を連れてきたんだ。俺は本気で腰を抜かしそうになった




彼女ができないのは勝負する場所が悪いだけ

兄貴の彼女は決して可愛いとは言えないけれど、話し方は丁寧だし服装もおとなしめ。地味な兄貴にはぴったりの感じだった。兄貴とはどうやら趣味(鉄道!)が一緒なようだ。

一通り、彼女紹介が済んだ後、俺は半ばからかうように兄貴に言ったんだ「おい、結婚相談所にいくら使ったんだ?100万?200万?そんな金あったのかよw」


すると兄貴はひょうひょうとした感じで「結婚相談所?そんなの使ってねぇよ。ちゃんと自分で探してきたに決まってんだろ。どうだ?羨ましいか?」

本音を言うと羨ましかったのは間違いない。ただ子供の頃から何かといびられてきた兄貴には、口が裂けてもそんなことは言えない。本当は喉から手が出るほど話を聞きたかったけど、ぐっとこらえた。



そんな俺の様子を悟ったのかどうかわからないが、なんと兄貴は勝手に話だした。というかどうやら自分の武勇伝を披露したくてうずうずしていたらしい。

信じられないことに、兄貴が言うには他にも結婚を考えていた相手が少なくとも二人はいて、その中から今の彼女を選んだんだとか。選んでもらったんじゃなく、自分で選んだんだ、と。



俺よりも話のつまんない兄貴が、そんな冗談を言うとは思えない。兄貴がどうやってそんなことをやってのけたのか気になって仕方がなかったかれど、兄貴はやはり勝手に話してくれた。

「俺がバカだったよ。イケメンとガチで勝負をしたってかないっこないのに。負けるのが目に見えてる勝負ばかりしてたから、今まで何をやっても彼女ができなかったんだ。」


兄貴が言うには、紹介サイトを使ったら驚くほど簡単に彼女候補がザクザク見つかったんだとか。俺は正直、紹介サイトには良いイメージが全くなかったけど、今は様子がかなり変わってきたらしい。

なんと登録してる女の子の多くがFacebook感覚で使ってるんだとか。中には紹介サイトとは知らずに使っている子もいるほどだ。



本当にごく普通の子がたくさんいるからこそ、合コンに誘われなさそうな子といくらでも知り合うことができるんだとか。

昔と違って、運営歴が長いサイトでなおかつ広告にじゃんじゃんお金を使ってるサイトなら、新しい女の子が普通に入ってくるから、詐欺られることもほぼないらしい。


にわかに信じ難かったけれど、兄貴が言うには5000円も使えば一人くらいは実際に会って話ができる(共通の話題があるから会話に困ることもなし!)というので、俺もこっそり登録。

1万円くらい使ってダメだったら、飲み会を2、3回我慢して諦めようと思って彼女探しをしてみたら、俺の期待を良い意味で裏切る事態が起きた。



結果的に単なるビギナーズラックではあったんだけれど、2000円も使う前にさっそく一人目の女の子と話ができるようになったんだ。自分の部屋で「おっしゃー!」と叫んでしまい、親はさぞ不審がったんじゃないかと思う。

その後も順調に話ができる女の子をゲットして行き、兄貴の言う通り本当に5000円もあれば十分だった。合コンに行く手間や時間を考えると、こんなに楽で良いのかと思ってしまう。


女っ気がまるでなかった俺でも、人並みに週末は女の子とデートしたり、映画を見に行けるようになった。趣味が合う子ばかりだったから、会話には本当に困らなかった。

ちなみに俺の趣味は、笑わないで欲しいんだがコスプレ。だからコスプレイベントに一緒に参加するのもすごく楽しかった。



おかげさまで俺にも結婚しても良いかなって思える彼女ができた。その相手はなんと、ビギナーズラックで知り合った最初の女の子なんだから驚き。

というか、彼女の方は実はその日にはじめて登録したらしいから、もう運命の巡り合わせと言っても良いんじゃないかと思う。


彼女とは今、結婚式をするならどんなコスプレをするのが良いかなって楽しく話してる。ただ俺のコスプレって、ロボとかマスコット系が多くて顔が見えなくなるんで、正直、異様な式になるかもしれない。


俺が兄貴に教わって使い始めたサイトがここ。無料機能が多いからこそ、お金がかからずに済みました。
↓↓↓

紹介サイトの利用料金例

April 13 [Wed], 2016, 12:19

紹介サイトに利用社の体験談

April 13 [Wed], 2016, 12:16